銀座矯正歯科 トップへ » 当院の矯正治療について » スピード治療・デジタル矯正

マウスピースタイプとワイヤータイプ2種類の3Dデジタル矯正

当院では、インビザラインを始めとする様々なタイプのマウスピース型矯正装置をデジタル設計し、治療期間の短縮が出来る効率のよい矯正治療に努めております。

また裏側矯正装置などのワイヤータイプの矯正装置もシュアスマイルというデジタル矯正システムを用いて、限りなく治療の誤差を少なくし期間の短縮に努めています。



治療をデジタル化することで効率よく歯を動かせる

矯正治療は今まさに、従来のアナログな治療から新しくデジタルを主体とした治療へと変化する時代に突入をしています。矯正治療を行う上で当院が大切と考えることは、下記の4つの点です。

【矯正治療4つのポイント】1. 術者の技量
2. 治療計画、
3. 歯が早く移動すること、
4. 患者様のご協力

治療をデジタル化することで総合的に全てのポイントを改善することができ、より精緻な矯正治療を患者様にお届けすることが出来るようになるのです。

銀座矯正歯科では、患者様からの治療のご要望に出来るだけ沿うことが出来るように、矯正治療のスピードをコントロールすることに長年注力してまいりました。スピード治療とデジタル矯正は当院が提唱する矯正治療プログラムです。

3Dプランニング/最短距離で歯を移動させること

銀座矯正歯科では、矯正治療の治療計画/装置設計を行う際、デジタル化を行うことで、治療期間の短縮を可能にしています。まず、専用の口腔内スキャナー(iTero口腔内スキャニング/トロフィー口腔内スキャンシステムなど)を使ってお口の中の撮影を行います。その3Dスキャン画像を元にコンピューター画面上で、治療計画のシミュレーションを行います。

治療を行うまえに、治療終了後までの計画を綿密にシミュレーションすることで歯の動きの無駄をなくし、最短距離での移動が出来るのです。

また、患者様と一緒にデジタル化された治療シミュレーションを見ることで、
従来の矯正治療ではご質問が多かった

・治療終了後の歯ならびの状態
・治療終了の時期

が正確に分かり、多くの患者さまよりご指示いただいております。

コンピューター制御の装置制作で治療品質の安定させること

矯正治療の重要なファクターとして、術者の技量があります。一般的なワイヤーを使った矯正治療では、歯科医師が手作業でワイヤーを曲げていますので、当然手先の技術レベルが矯正治療の完成度にも影響してきます。また、マウスピース矯正装置に関しても手作業で装置を作る場合があるので、同様のことが言えます。

銀座矯正歯科の治療で特徴的なことは、事前に設計した治療計画シミュレーションのデータをもとに、3Dプリンタやロボットアームを使ってオートメーションでの矯正装置制作をおこなっているという点です。装置制作工程を完全にロボット化させることで、人間が関わる部分の誤差をなくし安定した品質の治療をお届け出来るようになっているのです。

しかし装置制作は一貫してコンピューター制御で行いますが、治療計画/シミュレーションは歯科医師が行います。それは矯正歯科医の経験や技術力問われる部分であり、だれでもが出来る治療というわけでないことはご理解ください。

ピエゾ装置で骨代謝促を活性化させて歯を早く動かすこと

矯正治療ではあごの骨の中に埋まった歯が動くわけですが、硬い骨の中で、どうやって歯が動くのでしょうか。

歯が動く仕組みを簡単に説明すると、矯正装置を付けて歯に一定の力を加えた場合、歯の周囲のあごの骨が骨折(押される方向)と再生(動いて出来た空間を埋める)を繰り返して、移動しています。したがって、歯が動くスピードには、傷を作ると自然に治る人間の生体反応「自然治癒力」が大きく関係しているとご理解ください。

銀座矯正歯科では、治療の際に骨に人工的に少しの傷をつけることで、その部分治癒力を活性化させて、歯の移動スピードを早めるという治療を行っています(コルチコトミーやヘミオステオトミー)。傷をつける訳なので少なからず体に負担がかかるのですが、ピエゾサージェリーという三次元超音波振動を利用した専用の器具を使用することで、傷を体の負担を最小限にしながら最大限に自然治癒力を高めることが出来るのです。

院長の深澤は「スピード矯正研究会」の最高顧問をつとめており、短い期間で矯正治療を終わらせる治療技術の権威でもあります。医学的にしっかりとしたエビデンスを持ち、それを患者様への治療に生かすこと。医療技術の革新を常に勉強し、出来るだけ患者さまのニーズに寄り添った治療をすることが銀座矯正歯科の目指している治療です。

→世界が認める矯正医/院長についてはこちら

アクセルデントで代謝促進

アクセルデントは矯正治療における代謝促進装置で、30HZの振動を発生するマウスピース(アクセルデント)を噛みしめることで歯骨の代謝を促進させ、結果的に治療期間を30%〜40%短縮することが出来ます。(アクセルデント社調べ)ご希望の患者様には装置の貸出を行っています。

ただし、効果には個人差があり全ての患者様で治療期間の短縮に繋がるわけではありません。歯科医師の説明を十分に受けた上でご判断されることをおすすめいたします。

銀座矯正歯科では常に臨床知識の研鑽を積み、正しい情報を患者様にご提供するように努めております。お気軽にご相談ください。

カテゴリー一覧

すべての診療は予約制となっております。まずは資料請求を。

カウンセリングをおこなっております

銀座矯正歯科 トップへ » 当院の矯正治療について » スピード治療・デジタル矯正


コールバック予約

PAGE TOP