銀座矯正歯科 トップへ » 当院の矯正治療について » 見えない矯正:裏側矯正 » FLOシステム

治療期間を短縮できる裏側矯正

FUKASAWA Lingual Orthodontic system(フカサワ舌側矯正システム)は、これまでの3,000症例以上の治療から開発された舌側矯正のためのシステムです。コンピューターを用いてより精密な調整を行うこのシステムなくして舌側矯正によるスピード・デジタル矯正は不可能です。

このシステムを用いることで、裏側からの矯正治療期間を表側と同等程度に短縮することができるようになりました。もちろんこのシステムにより、表側(唇側)矯正の治療期間を短縮することもできます。 より良い治療結果を得るために、現在のFLOに固執することなく常に改良を加えております。そのため、システムについて詳しくご説明することができないことをご了承ください。

FLOシステムの概要

システムの工程は、すべて院長と当院の熟練の技工師によっておこなわれます。

Step 1 最終ゴールの設定
FLOシステム検査した結果と患者さまの希望(顔、前歯、咬み合せ)より、最終的なゴールを設定し、患者さまの歯の模型で、上下歯列の精密な咬合模型(セットアップ模型)を製作します。最終ゴールは患者さまによって違いますが、セットアップ模型の製作法は、これまでの3,000症例から導いたもので、院長・深澤の監修のもと熟練の歯科技工士が精密な模型を作り上げて行きます。

Step 2 精密なセットアップ模型からの矯正装置製作
セットアップ模型からの矯正装置製作当院では、FLB(フカサワ舌側矯正装置)を使用しています。従来のものよりも小型で歯の裏側にフィットしやすいFLBにレジン(プラスチック)を加えて、個々の歯にぴったり合うように追加加工します。この加工により装置がはずれにくくなり、またワイヤーの力が正確に歯に伝わりますので仕上がりが美しく、治療期間を短縮することができます。この加工レジンの材質や形態も、当院のオリジナルです。

Step 3 コンピューターへのとり込み
PCへの取り込み精密に作った歯列の模型と矯正装置をコンピューターにとり込み、コンピューター画像上で治療のためのワイヤーを曲げます。ワイヤーの大きさはすべて院長の診断に基づき決定されます。ワイヤーの曲げや大きさが仕上がりを左右しますが、やはりこれまでの3,000症例を基にして、精度が高い最善の調整を行っています。


「見えない矯正:裏側矯正 」に戻る

カテゴリー一覧

すべての診療は予約制となっております。まずは資料請求を。

カウンセリングをおこなっております

銀座矯正歯科 トップへ » 当院の矯正治療について » 見えない矯正:裏側矯正 » FLOシステム


コールバック予約

PAGE TOP