銀座矯正歯科 トップへ » 当院の矯正治療について » マウスピース矯正

マウスピース矯正

「目立たない矯正治療」として近年注目されているのが、それまでの矯正方法とは異なり、ブラケット自体を使用しない「マウスピース矯正」です。
マウスピース矯正01

歯並びが気になってはいたが、金属のような装置を口につけるのは抵抗があり治療をためらっていたという方は大勢いらっしゃいます。この装置を使った治療であれば口の中に装置が入っていることすらほとんどの人は気づきません。

マウスピース矯正とは、透明シートで作ったアライナーというマウスピースを用いる矯正治療法で、「目立たない」「取り外しができる」「違和感が少ない」というメリットがあります。この治療方法は、まさに、従来の治療概念を根本から変えることになりました。

しかも、治療はいたってシンプル。ワイヤーやブラケットを一切使用せず、厚さ1ミリにも満たない透明のプラスチックでできたマウスピースを装着するだけ。目立たず痛みも少なく、美しい歯並びを手に入れることができるケースが増えてきています。

最新のマウスピースによる矯正

ブラケットやワイヤーを使わない、透明なプラスチックで製作されたマウスピース型の最新の見えない矯正装置です。透明なので治療中もまったく目立たず、食事の時に取り外せるなど、患者さまにとって大きなメリットをもたらしています。

従来の固定装置(ブラケットとワイヤー)を使用する矯正治療と違い、2~4週間ごとに透明なマウスピースを新しいものに交換し、歯並びを整えていきます。

当院では以下のマウスピースを使用して、矯正治療を行っています。・クリアアライナー
・インビザライン
・セットアップクリアなど

表側からのブラケット矯正
表側からのブラケット矯正
マウスピース矯正
マウスピース矯正

マウスピース矯正のメリット

目立ちません
歯列全体を透明シート状のプレート(マウスピース)で覆いますので、お口を大きく開けても装置が目立たず、見た目を気にする必要がありません。お口の中に装置が入っていることにほとんど気づかれませんので、装置が見えてしまうことに抵抗がある方でもストレスなく治療を受けることができます。

違和感やストレスが軽減されます
ブラケットやワイヤーを用いませんので、装置装着による違和感やストレスが大幅に軽減されます。口内の違和感は従来のワイヤーを使った矯正より断然少なく、発音がしづらいとか装置による口内炎もほとんどありません。

食事をするたび歯に食べ物がひっかかって不快な思いをすることもありません。マウスピース自体も1mmにも満たないごく薄い透明シートでできていますので、舌が触ってもあまり違和感を覚えることがありません。

取り外しができます
これまでの矯正装置は取り外しができないため、食べ物が装置にひっかかってしまって、食後の歯みがきは時間がかかり大変でした。マウスピースは従来の矯正装置のようにワイヤー(針金)を使用しないため、食事や歯みがきのときは取り外していただきます。そのため、粘りのある物や固い物を食べても装置が外れたり壊れたりする心配もありません。

また、食べ物が装置にひっかかるということもありませんので、人目を気にしながら食事をする必要もありません。歯みがきや装置の手入れも取り外した状態ででき、取り外しができない装置よりも簡単です。その為、取り外しのできる最新のマウスピースで治療することは、予防の観点から見ても優れていると言えます。

保定装置やホワイトニングトレーとしても使用できます
矯正に使ったマウスピースは、そのまま保定装置やホームホワイトニングのトレーとしてもお使いいただけます。矯正治療に使っているマウスピースを保定装置としてそのまま利用しますので、再度新しい違和感が生まれることはありません。

また、マウスピースの中にホワイトニング剤を入れることで、ホームホワイトニングも同時にできます。歯並びが良くなっても、歯が茶色かったり黄色かったりすると見た目にもよくありません。従来の矯正治療では、一度矯正治療を行い歯並びをきれいにしたうえでもう一度ホワイトニング治療を行う必要がありましたが、最新のマウスピースによる矯正治療では、治療と同時にホワイトニングもおこなうことができます。
歯列を綺麗にしながら歯の色も白く綺麗にすることができるため患者さまの満足度も高いようです。

矯正のための抜歯が不要な場合に適しています
最新のマウスピースによる矯正治療は抜歯せずに歯を並べられるような患者さまの場合にはとても有効です。歯が傾いていたり、ねじれていたり、隙間があいているような場合にとても威力を発揮する方法だといえます。

従来のワイヤーを使った矯正治療と併用することもできます
大きく歯を動かす矯正治療に関しては従来のワイヤーを使った矯正歯科治療を行い、最後のきれいな歯並びを完成させるための仕上げに最新のマウスピースを利用することもできます。これにより、ワイヤーを利用した装置を早期に取り外すことができます。

 

マウスピース矯正のデメリット

食事の度に付け外しが必要です
付けたまま食事をすることができませんので、食事の度に患者さまご自身で付け外しをしていただく必要があります。付け忘れや、紛失などにご注意ください。

付け忘れると、良い結果を得られません
一日に20時間以上の装着が必要となります。患者さまご自身でマウスピースを装着していただくため、付け忘れがあって装着時間が短いと計画通りに治療が進まず、治療期間も延びてしまうことがあります。良い結果を得るために、指示された通り正しく用いるようにしてください。

症例によっては、きれいに仕上がらないことがあります
最新のマウスピース矯正は、以前と違って抜歯を必要とするような難しいケースでも適用できるようになって来ましたが、難しいケースをマウスピースだけで治した場合は仕上がりや精度がやや劣ります。理想の仕上がりを100点とすると、平均40点程度の仕上がりと考えております。

ブラケットを併用するハイブリッド矯正なら、マウスピース単独では不可能な細かい調節ができるため、理想の歯並びを作ることができます。ブラケットは舌側に装着しますので、表側から装置が見える心配はありません。

「ハイブリッド矯正」について

【マウスピース矯正】治療の進め方について

マウスピース矯正は、治療計画に基づいて段階ごとにマウスピースを交換し、少しずつ歯を動かして行きます。
矯正に関する具体的な治療計画・具体的な治療費は、診査(検査および診断)後にご提示しています。矯正歯科治療はただ歯をきれいに並べることではなく、顔貌のバランスも考慮しながら正しい咬み合わせを作る歯科治療です。まずはカウンセリングをご予約ください。

「マウスピース矯正 治療の流れ」を読む

最新マウスピース治療時の注意点について

・食事の時は最新のマウスピースを取り外してください。
・食事の時以外、睡眠時間も含め1 日20時間以上は装着してください。
・装着を自分で行ないますので、使用しなかったり装着時間が短いと、良い治療結果が得られず治療期間も長期化します。
・装置をつけて2 ~ 3 日は痛む事がありますが、その後の痛みはあまりありません。
・最新のマウスピースは透明で薄い装置となっておりますので、紛失、変形等には十分ご注意ください。
・最新のマウスピースでの矯正が適切かどうか、よく相談の上、実施しましょう。
・最新のマウスピースは矯正装置です、良い結果を出すために正しく取り扱う必要があります。

カテゴリー一覧

すべての診療は予約制となっております。まずは資料請求を。

カウンセリングをおこなっております

銀座矯正歯科 トップへ » 当院の矯正治療について » マウスピース矯正


コールバック予約

PAGE TOP