«  2014年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2014年9月30日

10月2日の講義のスライドをDr.山田のたすけをもらい制作しています。


今回は、午前がインプラント矯正、午後がコルチコトミー矯正についてです。
インプラントとは、
オステオインテグレーションとは、
なぜインプラントは骨と結合するのか?
材質はなに?
いつから使用できるのか?

など日本の先生方にたりない内容について講義します。


これ以上針金細工師の矯正認定医をつくっても日本国民のためになりません。
医学の中の歯学、医学の中の一分野である歯科医師が必要とされています。


いそがしいと言いながらも、昨夜NHKのドクターGを見てしまいました。
歯科医師として大変勉強になります。
臨床経験の少ない大学教授より、実際に患者を多数治療している現場の医師の診断学の方が勉強になります。


病名が不正咬合しかない矯正診断学、誰でも診断出来ます。
日本矯正歯科学会の認定医は、医師の認定医と同等のレベルを目指してもらいたいものです。

愚かな商業学会の矯正認定医は針金細工師を目指してください。銀座矯正歯科の患者様に医療関係者が多いのは、この事が決定的な違いです。


私は、歯科医師です。

2014年9月25日

現在、来月のICOIというインプラントの世界学会に向けて、院長や中嶋先生とポスター発表の準備をさせて頂いています。


上顎の歯並びを後ろに下げるインプラントについて書いているのですが、インプラントのデザインをテーマにしています。

インプラントは、どんな目的で、どのような場所に埋めるかによって、必要なデザインが変わります。

それに関して議論していると、院長は本当に博学で、私が色んな文献でやっと調べてきたことを全てご存知で、新しいことをさらに教えてもらっています。

矯正を専門にしていながら、他の分野に関する技術や知識もすばらしく、いつも勉強していらっしゃるすばらしい先生です。


ここで働かせて頂けて幸せだといつも思います。

こんにちは。夏も終わり朝晩少し寒くなってきましたね。


皆さん体調崩さないように気をつけて下さい!皆さんは1回の歯磨きでどのくらい時間を使っていますか?
1回3分~5分磨けるといいみたいです。

ただし、しっかりブラシが歯に当たっていなければしつこい汚れは落ちないので鏡を見ながら磨いたり 、 歯磨き粉の量を少し減らしてみるのもいいかもしれません。

磨くのが苦手な方は電動ブラシを使ってみて下さい。

10月 21日に FLBリンガルブラケットと D-PAS Typ-F アンカースクリューについて講演をします。

これまで私は日本で舌側(裏側)矯正についてあまり講義をしてきませんでした。


それは、裏側矯正の発案者であるフジタ教授がいるので私ごときの講義では意味がないと思っていました。
しかし、最近の若い矯正医の裏側矯正の基礎知識のなさときたら、おどろきです。

そろそろ私も次世代の矯正医に裏側矯正について教えていかなければと思い、日本矯正歯科学会でのブースレクチャー、そして2015年2月に2日間、裏側(舌側)矯正コースを行います。

« 2014年8月 | メイン | 2014年10月 »

院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。