«  2015年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年8月31日



大学で舌側・裏側矯正のトレーニングや教育を受けず、しかも長期的な臨床ケースもない歯科医が、舌側・裏側矯正を教えるということは、何を意味しているのか!

寿谷教授が嘆いていた目立ちたがり屋の売名歯科医。

この輩が日本の歯科界を駄目にしていると、いつも嘆いていました。


40459318_30X.jpg

私は寿谷教授の指導のもとに、舌側・裏側矯正は、25年の経験とFLB小型裏側矯正装置10年以上の経験を持ってコースを行っています。

毎年少しずつ変化(進歩)はしていますが、基本は不変です。


売名行為ではなく、次の世代のまともな矯正歯科医を育てたいと思っています。


日本で舌側・裏側矯正コースをしている歯科医は、本当に大学教育を受けていますか?


また、指導できるだけの臨床年数は?

コースの指導者の経験を確認して下さい。


ほとんどがペテン師です。

2015年8月30日本日は、夏休み最後の日曜日。


子供にとって一番大切な日です。

この大切な日に私は、家族を残し、朝から東京医科歯科大学に行き、

1日、国際口腔インプラント学会(ICOI)の認定医のための口頭試問の試験官を行ってきました。


ikashika001.jpg

認定医試験委員長は、日本大学教授の伊藤公一先生でした。

試験委員は、全員で7名。


試験を受けた先生方は全員で24名。

朝9時から夕方17時まで長い日でした。


この認定医を受けるには、これまで治療したインプラント症例で治療後1年以上の予後がある10症例で、しかも口腔内写真、レントゲンなどの資料がすべて揃っていなくてはいけません。


当然、治療結果は良好。

本日の本審査の前に予備審査があります。

日本のレベルとは違います。

審査委員の半分は大学教授。

残りの半分がベテラン開業医です。

来週は、インプラント矯正認定医の審査があります。

これはもっとハードルが高く、20症例です。

当然、予備審査の後に本審査があります。


また、11月はカンボジアに行って審査委員をします。

私たちじじい歯科医は、若い歯科医を育てることも仕事です。

2015年8月28日

夏も終わりが近づいております。


img20150831.jpg


今年の夏は多くの小児の患者さんが銀座矯正歯科にご相談にいらっしゃいました。

日本小児歯科学会より3歳児における不正咬合の判定基準案が発表されましたのでブログに記載します。


同学会は、3歳という発達段階を考慮し、
①反対咬合「1歯以上の反対咬合」
②上顎前突「オーバージェット4mm以上」
③過蓋咬合「オーバーバイト4mm以上」
④開咬「上下前歯切縁間垂直的に僅かでも空隙のある者」
⑤叢生「隣接歯が少しでも重なり合っている者」
⑥交叉咬合「左右どちらかでもある者」
を判定基準として提案されました。


75debc771320c71e635da68c91615b1d.jpg


お子様をお持ちの親御さんの参考になるのではないでしょうか。


2015年8月27日

2015年8月24日に日本で第一回目のシュアスマイルユーザーミーティングが東京で行なわれました。


DSC_0379.jpg


シュアスマイル認定医院は日本で7医院、その内東京では3医院です。

銀座矯正歯科、自由ヶ丘矯正歯科、林矯正歯科です。

DSC_0380.jpg

OBJECTIVES:Learn suresmile future, Learn from the expert,

Review suresmile 7.2 upgrade webinar, Share your cases.

私たちシュアスマイル(suresmile)ユーザーは、日本のデジタルオルソ(3D矯正)の先
駆けとしてデジタル矯正のメリットを最大限に有効活用し日本の患者様に提供してまいります。


ちなみにこのシュアスマイル認定医院にも、ニセ認定医院がネット上に多数います。

患者さんは気をつけてください。

2015年8月26日


歯の表面を覆っているエナメル質は、むし歯菌が糖と結びついてつくった酸で溶かされます。


乳歯の場合はエナメル質が大人の1/2程度の厚さしかないので、歯の表面の酸を歯磨きで早めにとりのぞくことが大切と言われています。

乳歯は、母親のおなかにいる胎児期にその芽ができるため、歯質そのものを変えることは難しいのですが、酸をとりのぞくケアで元の質を守る工夫はできるといいます。

6543679261_08d5455fb2_b.jpg


また赤ちゃんの歯を強くするために、大きな役割をするのが唾液です。

食べ物をよく噛んで唾液がでると、溶け始めたエナメル質を修復してくれるため、虫歯にならないですみます。


さらに、歯は生えた後も唾液の中に含まれているミネラルを取り込んで上部になっていくこともわかっています。


また乳歯はごしごし磨くと傷つきやすいので注意が必要です。

歯の表面を覆っているエナメル質が薄く、デリケート。

歯についたさんやこびりついた歯石は歯磨きで除去する必要がありますが、ごしごし強い力ではなく、優しく丁寧なケアを心がけましょう。


ただし生えてから2年間はまだ弱いので永久歯だからといって油断は禁物です。
一生使う永久歯はエナメル質とそのしたの象牙質の厚みが乳歯の2倍で上部なつくり。

ただ生えたての二年間はまだ歯質が弱いため、乳歯と同じく優しい丁寧なケアで歯を守りましょう。乳歯は胎児期にでき始めます。


妊娠7週目くらいから、胎児の乳歯の芽ができはじめます。
妊娠中のママの栄養が不足しないように注意することで、生まれてくる子どもの乳歯の質を守ることができます。


乳歯の性質を知り、適切なケアと唾液でお子さんの歯の質を守りましょう。

2014010810595510.jpg

日々の習慣として、何気なくやっている歯磨き。


頑張ってやっているけれど、歯磨きのときに出血する、歯肉が腫れぼったい感じがする、朝起きたときに口の不快感が気になるなど、不調を感じている方も多いのではないでしょうか。


残念ながら、ポイントを外したブラッシングをしている方が圧倒的に多いように感じます。

これは矯正治療をしているから磨きづらいという方のみではなく、多くの方に当てはまります。


近年、とくに若い世代の虫歯が減少傾向にある一方で、歯周病は若い世代も含めて患者数が増加し続けている現実があります。



歯周病は加齢現象だとあきらめている人も多いが、自分の力で予防が可能な病気です。

歯肉は新陳代謝が早く、生きている限りつねに新しい細胞に置き換わり続けています。


口腔の環境を日常的に清潔に整えれば、年齢と関係なく、若々しい歯肉を一生涯保つこともできるので日々の歯磨きがやはり大切です。

多くの方は歯磨きは虫歯予防のためであるという認識が強く、歯の表面のみを磨いておけば大丈夫だと思いがちであるが歯周病予防のためには歯肉ブラッシングが必要です。


ポイントとして挙げられることは

1.1日のうち1度は鏡(横長の手鏡)をみて丁寧に磨く時間を作る(15分くらい)

2.歯先を磨きたいところにしっかりと入れ、歯肉を揺らすように優しく磨く

3.自分の中で常に磨く順番を一筆書きのように定め、いつも同じ順序で磨く力を入れ過ぎて歯肉が下がったり出血しやすくなるような傷をつくるのは好ましくないので注意が必要です。


歯周病なんて無縁、、、そんな認識の時から予防はとても大切なことをこれからも伝えていきたいと思っています。

2015年8月20日


スピード矯正研究会では、2015年4月より会長がDr.深沢からDr.北村に変わりました。


また、空席となっていた最高顧問の職を、寿谷教授からDr.深沢が引き継ぐこととなりました。

スピード矯正研究会は寿谷―深沢体制から深沢―北村体制に変わり、より一層進歩の速度を上げてまいります。

2015年8月 5日

世界的に有名な矯正専門医、Dr.マクロフリンのコースを受けにサンディエゴのDr.マクロフリンの診療所に行って来ました。

burogu1.jpg


世界のトップの矯正専門医の診療所がどの様になっているか患者様に一度見てもらいたいので写真を載せます。


大変美しく機能的です。

ブログ3.jpg

一番のポイントは、個室ではないという事です。

 ぶろぐ1.jpg


矯正歯科治療は美容やエステではありません。


日本では、美容歯科が美容を前面に矯正歯科をおこなっているので個室ですが、アメリカでは個室ではなく空間です。


銀座矯正歯科も、矯正歯科治療を医療の一分野と考えています。


サンディエゴは、西海岸でメキシコの隣です。

海軍の町で治安も良く、温暖で湿度も低く、住みやすい所です。


DSC_03100930.jpg

2015年8月 3日

スピード矯正研究会は、寿谷法コルチコトミーで世界的に有名な寿谷先生が作ったPGIという研究会の矯正部門だけを分会して発足しました。


発足の理由はPGIでは矯正歯科単独の歯科医を認めていません。


矯正歯科医も歯科医である限りすべての歯科分野を高いレベルで行なうことを寿谷先生は求めていました。


しかし、私たち矯正専門医には不可能です。

そこで、矯正歯科とそれに関係する分野であるコルチコトミーやインプラント矯正を研究テーマとした研究会とし、スピード矯正研究会となりました。


私たちのスピード矯正研究会が日本歯科評論という雑誌に紹介されました。

日本歯科評論56 2.jpg

« 2015年7月 | メイン | 2015年9月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。