«  2015年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年9月25日

ロサンゼルスのUCLAで矯正コースを受けていると大変素晴らしいニュースがスマートホンに入って来ました。

ブログ 1.jpg


ラグビーワールドカップで日本が南アフリカに勝ちました。

信じられません。

ラグビーは最も番狂わせがないスポーツです。

ラグビーはアングロサクソンのスポーツと言われ、このスポーツに勝つことは、いわゆる、彼らのグループに認められたという事になります。


これまでオーストラリア、ニュージーランドは別にして、日本以外にアジアの国で勝った国はありません。


話が飛びましたのでUCLA矯正コースに話を戻します。


今回のセッションがUCLAコースの最終回となりました。


ムーン教授、白先輩、大変勉強になりました。


burogu.jpg

このコースで習得した内容は必ず患者さんにいかしていきたいと思います。


私のブログを読んでいただいている患者さんはなんて忙しい矯正歯科医なのだろうと
思うと思います。

毎年、年に2~3ヶ月海外で仕事をしています。


良い最新の治療を患者さんにしたいとするならあたりまえです。


医者でなくとも、パティシエやシェフの方であっても海外に勉強に行くでしょ!
同じです。


ネットはもっともらしいウソのオンパレードです。

本当に最新の医療をしようとするならこのぐらい勉強や講演はあたりまえです。

ここロサンゼルスでも、夜はホテルで論文を書いています。

日本に帰ったらすぐ1日40~50人の患者さんを治療します。

UCLAで勉強したことをすぐに患者さんに還元いたします。

burogu 2.jpg

2015年9月17日

日本医師会、厚生労働省が定義する専門医とは、

「それぞれの診療領域における適切な教育を受けて十分な知識・経験を持ち、患者さんから信頼される標準的な医療を提供できる医師」であります。


IMG_20150917_0003_NEW.jpg


適切な教育とは、大学教育を指します。

私は大学で7年間勉強しました。

そして矯正学の大学院大学を卒業しました。

矯正専門医として17年間、銀座で開業しています。

日本医師会、厚生労働省の定義に該当します。

歯科医師会には専門医制度がありません。

あるんではないかと思う人が多いと思いますが、全て学会専門医です。


では、厚生労働省は学会専門医をどのように考えているかと言うと!

「専門医制度を持つ学会が乱立し、制度の統一性、専門医の質の担保に懸念を生じる専門医制度も出現するようになった結果、患者の受診行動に必ずしも有用な制度になっていない」と厳しく指摘しています。


IMG_20150917_0001_NEW.jpg

学会認定は、国の認定ではありません。

W-1はヘラによるかき出しタイプではなく、毛布タイプのソフト特殊ナイロンで汚れを絡めて取ります。


1~2回こすっただけで、舌の汚れをブラシ面で確認できます。

歯ブラシで舌を磨いているという方もいるかと思いますが、舌は非常にデリケートです。


歯ブラシは歯を磨くようにできていますので、舌の汚れは落ちず傷つけたりします。

味覚障害や傷口から細菌が入ったりと逆効果です。

食後歯磨きをした後にW-1に水をつけ、水を振り切ってからソフトに磨いて下さい。

毎日磨くことでいつでも清潔な舌が保てます。


tongue-cleaner01-b.jpg

個人の使い方によりますが、毎日使用して1~2ヶ月くらいで新しいW-1に交換して下さい。

お手入れの仕方は、普段は水で洗い流します。

時々歯磨き粉を少しつけて歯ブラシでブラシ面を洗って下さい。

又は熱湯でも殺菌が可能です。W-1は両面使用できます。


凸面は舌の表面を、凹面は舌の側面を合理的に磨けるよう工夫してあるので、皆さん是非使ってみて下さい。

2015年9月14日

アリカニ教授の講義が始まりました。


アリカに講義.jpg

マイクロパーフォレーション、

コルチコトミーのバックグランド、

科学的根拠、

そしてコルチカルドリフティング、

サーチェレーションポイント
最新のニューヨーク大学、

ハーバード大学の情報、


2015年9月12日~13日の2日間があっという間にすぎて行きました。

arikani.jpg

当然、アクセルデントなどのバイブレーションセラピーについても講義がありましたが、30Hz、20分では不可能。昨年と同じでした。

2015年9月 9日

銀座矯正歯科は、矯正歯科専門医院です。

矯正歯科専門医が矯正歯科治療をしています。

近くに美容歯科、審美歯科がいくつもあり、その医院で矯正歯科医が働いていますが、名前は「矯正医」と同じですがやっている内容が違います。
美容や審美目的と医療では全く違います。


たいがい美容歯科や審美歯科に勤めている矯正医は矯正学会の認定医です。

この学会の矯正治療の目的は美容や審美なのでしょう。

情けないぐらい多い。

医療を目的とする私たち矯正専門医と同じに見られたら困ります。

患者さんによっては、審美歯科・美容歯科の矯正医(矯正学会認定医)の矯正治療と銀座矯正歯科の矯正治療を比べようとしますが、まったく異なった物を比べていることに気がついてもらいたいと思います。


美容整形外科と形成外科は似たことをしていますが、目的や結果が違います。


矯正歯科専門医と美容歯科、審美歯科の矯正治療は違います。

矯正学会認定医の肩書きにだまされないでください。


日本の矯正学会に問いたい!

矯正治療は医療なのか?


美容なのか?

審美なのか?


銀座矯正歯科は矯正専門医院です。


drfukasawa.jpg

その周りの美容歯科、審美歯科で矯正治療を担当している矯正医のほとんどが矯正学会の認定医です。

ということは、矯正治療は美容ですね!

私は日本の矯正学会に反対します。



銀座矯正歯科の矯正歯科治療は医療です。



2015年11月20日に日本矯正歯科学会ブースレクチャーの講師をする予定です。

ブースレクチャー画質縮小.jpg


内容は「FLBリンガル矯正装置。

Type-F上顎結節用インプラント、ピエゾナージェリーの使い方」です。


リンガル矯正が苦手な先生方は、是非いらしてください。


裏側矯正治療の正しい考え方と治療法を説明します。

アンカーインプラントを使用しなくても、前歯歯軸は整います。

前歯を美しく仕上げる事ができます。

もしアンカーインプラントを使用しないと正しく治療ができないのであれば、その治療法や装置はまちがっています。


使うべきではありません。

裏側矯正装置や治療を理解していない先生は、前歯歯軸の改善や維持に前方部のロングフックとアンカーインプラントを使用しますが、もしそうだとすると、矯正医は単独で存在しなくなります。

2015年9月 6日


本日は、インプラント矯正認定医の審査会の審査委員をしています。

先週のインプラント認定医審査と違い、受験者が少なくよかったです。

そして、午後は診療です。また一日が終わっていきます。


お盆休みの後、一日も休みがなく、そろそろ限界となってきました。


朝から蕁麻疹がひどく、全身がかゆく、最悪です。

« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。