«  2015年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年10月31日


unnamedseijin2.jpg




成人矯正治療の問題点を知っていますか?



成人矯正には、少なくともつの問題点があります。





この問題点について米国ロマリンダ大学教授の寿谷先生は「矯正治療への生体力学と生物学の基本原理」の中で以下のように書いています。



1.矯正力は生体組織系の順応の低下によって、歯槽骨内の破骨細胞、増骨細胞の働きは破骨細胞が優位となり、破壊的な影響を及ぼしやすい。


2.矯正力は3R(Resorption, Relapsation, Recession ) である根尖吸収、後戻り、歯頚部歯肉退縮、を惹起しやすい。


3.脳頭蓋と顔面頭蓋の骨縫合部への矯正力は他の生体組織系への問題を惹起しやすい。


4.顎顔面の大規模な改善は顎顔面外科との併用を期待せざるをえない。


5.歯牙移動は緩慢な矯正力を用いざるをえず、治療期間は長期化の傾向にある。


6.社会的拘束、審美、発音、咀嚼などの問題。


以上の問題点を解決できないと矯正治療は失敗です。






unnamedseijin.jpg



その解決の方法としてコルチコトミー併用矯正治療を提案しています。




成人矯正は、子どもの矯正と同じに治療すると失敗します。




銀座矯正歯科の患者さんで最も多い年齢層は30代です。


常に成人矯正治療の問題点を考えながら矯正治療しています。




しかし40代からは、女性の場合、更年期障害という大きな大きな問題が加わってきます





unnamedseminar.jpg




先日、ローズマリーブレイセミナーに行ってきました。




私はどうしても、この手のマネージメントセミナー(経営セミナー)は苦手で、行って

もただ聞くだけで否定的でした。



そのため、医療として以上のマネージントをしてきませんでした。


必要ないと思っていました。




しかし、世界中、日本中にローズマリーブレイのファンがいて、彼女の教えを忠実守って大成功をしている矯正歯科専門医院がたくさんあります。



私の考え方は古く、だめです。


医療であり、病院である限り、スタッフや患者さんをしかり、治療として良い結果に導くことが私の仕事だと思い込でいました。



最新の技術や知識がなくても、年に数回、医院イベントやハロウィンのような着ぐるみを着て、患者さんをなごませることをすれば、患者さんが集まるようです。




銀座矯正歯科のマネージメントは失敗です。


これまで医院パーティ、イベント、着ぐるみを一度もしていません。


むしろその様な事をする若い、未熟な矯正歯科医をバカにしていました。




彼女の教えでは、


矯正装置除去時にパーティをしなさい。

成人であれば、シャンパンやワインを開けなさい。

みんなで歌を歌いなさい、

など。



実践されている矯正専門医は、たくさんあるようです。


銀座矯正歯科は失敗から学んでいきます。




矯正専門医が総勢7名所属しています。


出身大学は、日本大学、国立北海道大学、国立東京医科歯科大学、奥羽大学、鶴見大

学と色々です。




色々な考えを出し合って失敗を学び、成功へと導いていきますので、ご期待下さい。

2015年10月27日

最近少しずつ増えているのが矯正歯科治療のトレーニングを大学で受けず、数日の矯正コースを受けて矯正歯科治療をして、失敗するケースです。



特にIncognitoインコグニート矯正は増えています。



DSC_0020 .jpg



美容歯科、審美歯科医が裏側(舌側)矯正が簡単にできると思い、してしまい、かめなくなって困っている患者さんが増えています。



Incognitoインコグニートも裏側(舌側)矯正治療の一つのシステムですから、矯正歯科学を知らないと失敗します。



ある一定のレベルの患者さんは必ず、歯科医の実績や経歴を調べて矯正専門医を選びますが、どうしても美容系、審美系を選ぶ方々、モデル系の方々などは年間何人も矯正歯科治療を失敗してから来ます。


昔はセラミックが多かったんですが、最近はIncognitoインコグニート矯正です。




unnamed20151027.jpg




この責任はIncognitoインコグニート矯正のコースをしている歯科医にとらせるべきです。



アメリカでは以前、デンタルインプラントの問題が大きくなった時、各メーカーのインプラントのコースの歯科医に責任をとらせることにしました。



それから、インプラントの問題が減りました。


日本でも同じにすべきです。



Incognitoインコグニート矯正は良い治療法だと思いますが、トレーニング不十分の美容歯科医、審美歯科医が2日間のコースで患者を治療すべきではありません。


Incognitoインコグニート矯正システムでかみ合わせを整えることは大変難しいです。



メーカーやコースインストラクターは簡単なように見せたり、言ったりしますが、簡単ではありません。


ウソです。



私のFLB裏側矯正コースも同じで、基礎を知らないと、ただ装置やシステムを真似しただけでは治療できません。



私の裏側(舌側)矯正コースは物を売るためのコースではなく、矯正歯科医に裏側矯正治療の基礎を教えるコースです。



私の考えたFLB裏側(舌側)矯正システムは3000症例の治療例と、10年以上の長期データにより証明されています。



ウソはありませんし、誰も騙したりはしません。

2015年10月16日

1442803008174  burogu.jpg

悪質なネットのステマ会社のkyouseishika00。



いまだにウソの回答をもっともらしく書いています。

絶対に信じないでください。



日本舌側矯正歯科学会はアメリカ材料会社が自社製品を売るために作った学会です。


日本矯正歯科学会のような大学主導の学術学会と同じにしては困ります。




日本舌側矯正歯科学会の認定医は悪質な患者獲得のための商業学会認定医です。


日本矯正歯科学会や厚生労働省に問い合わせしてみてください。




また、kyouseishika00の知恵袋の回答をヤフーで調べてみてください。



彼らはすべて契約している日本舌側矯正歯科学会にお客を誘導しています。

以前は、日本矯正歯科学会より日本舌側矯正歯科学会の方が上手だと書いてありました。



最近は日本矯正歯科学会からの攻撃とまともな歯科医、矯正歯科医からの反撃により、日本矯正歯科学会と日本舌側矯正歯科学会は同格の様に書いてありますが、まっかのウソです。



商業学会と学術学会が同格なわけがありません。

名前は学会でも全く違います。

DSC_0003 (2) hatadhgk.jpg

私の大学の同級生で同じ矯正学大学院の卒業生の永坂先生が国際交流センターの教授に就任しました。



うれしい限りです。




彼は、国際交流センターを通して、難民プロジェクト統括をしています。


いわゆる難民支援です。



国連のメンバーになって、日本だけではなく世界で頑張っています。

尊敬します

DSC_0001 nagasakasennsei.jpg



私たちの時代の歯学部は現在と違い、大変活気があり、実家が歯科医でないとなかなか歯科医にはなれない時代でした。



彼は一度上智大学を卒業し、歯学部に入学してきました。

彼の様な同級生が多数いました。



歯学部の1~2年生は、教育課程で英語やドイツ語を勉強します。

英語教授が早稲田大学出身でした。


慶応大やアメリカの大学卒の生徒が早稲田大に英語を習う事などないとボイコットした事がありました。



たぶん、一般の学部では、この様な光景は見られないと思います。

今はシステムが変わり、編入が認められるので、専門課程の3年生から入学できます。




その当時、実家が歯医者ではなく私立の歯学部に合格するのは、大変難しい時代でした。

2015年10月13日

10月になると、研究者や研究経験がある者にとって心が躍ります。

ノーベル賞のシーズンです


DSC_0010 no-beru.jpg

今年2015年も、受賞者が出ました。

しかも2人です。

09887878647834792 no-beru.jpg



銀座矯正歯科のアシスタントドクターのほとんどが、大学院、大学関係者です。

今も銀座矯正歯科の歯科医は研究をしています。



当然、論文も山の様に読んでいます。

何が最新で、最先端かは十分理解しています。



銀座矯正歯科で行っているデジタル矯正、現在の最新で最先端のシステムは、suresmileシュアスマイルです。



まぎれもない真実です。

銀座矯正歯科では、継続的に研究、臨床を行っています。



日本矯正歯科学会でも、毎年発表しています。

インプラント矯正も同じで、日本矯正歯科学会で毎年発表しています。


それにしてもノーベル賞、すばらしいです。


山梨県出身で山梨大学(現教育学部)卒業の大村智先生、科学の目覚めが農作業の堆肥作りだとネットに書かれていました。


微生物の力で発酵し、60°まで高温になります。


農家にとっては当り前の事、一般人にとってはそれだけの事、しかし科学者にとっては大変な事。



私たち医者、歯医者も科学者のはしくれ。


常に患者さんの症状や変化、治療法に疑問を持って、日々臨床を行っています。



私も小学生の時からの変わり者。

小学生の時の夏休みの自由研究では、3年連続、学校の代表として市の大会に出場しました。



4年生の時は石の研究、5年生の時は花の色素の研究、6年生の時は建築材の特性の研究。

夏休みの宿題もせず、どこも行かず、夏休み中、調べていました。



少しは私の娘も科学に興味を持ってもらいたいと、毎年この時期になると、上野の自然史博物館に連れて行っていますが、今年も空振り。


DSC_0009 上の博物館.jpg

全く興味を持ちません。東京では自然が少なく、また肌で触れる事がないので、科学に興味を持ちづらいのでしょうか?



博物館は所詮つくりもので、子供に気付きや興味を持たせる事は難しいのでしょうか?

2015年10月 7日

知恵袋のニセ質問、回答に学歴ロンダリング?信じていいですか?と言うQ&Aがあります。

何を信じるのでしょうか?

何を信じたら治療結果が良好となるのでしょうか?



大学名が患者さんを治すのでしょうか?


2015年のノーベル賞は学歴ロンダリングのオンパレードです。


生理学・医学賞は大村智先生で、山梨大学卒で最終学歴は東京理大学大学院。

img_a615c94793767bd8945316799b81bd0163945.jpg

物理学賞は、梶田隆章先生で埼玉大学卒で最終学歴がなんと東京大学大学院です。


20151007k0000m040107000p_size8.jpg


大学卒業後継続して勉強し、高位の学歴を取ることを日本では、学歴ロンダリングと言って否定するようにネットに書いている人がいますが!


この2人の先生のノーベル賞も学歴ロンダリングでネガティブなものなんでしょうか!


大学卒業後に継続的に勉強していくことが良くない事なんでしょうか?


欧米では必須で、継続的に学歴を重ねないと誰も相手にしてくれません。

私も大学卒業後、矯正学の大学院も卒業しましたし、アメリカの大学にも留学しました。


今はアメリカの大学の講師です。


大切なのは現在の自分への評価です。

他人にできない治療ができるのは事実で長年のデータを持って治療しています。


これからも継続して勉強していきます。

2015年10月 5日

銀座矯正歯科のインビザライン・マウスピース矯正による失敗は、これまでありません。

理由は、


①患者さんに本当の事をお話しして選択していただいていること(情報開示)と


②適応症の見極めです。


③常にインビザライン・マウスピース矯正についてインビザライン発祥のアメリカで勉強し(ニューヨーク大学のコースを毎年受けています。)

④アメリカのインビザラインコンサルタント会社と契約して患者さん1人1人の症状

をチェックしてもらい、インビザラインケース1万症例以上経験があるドクターにみてもらっています。


⑤インビザライン・マウスピース矯正には限界があります。

そのため、治療目標がマルチブラケット装置より低い点数となります。


インビザライン・マウスピース矯正の治療結果が満足できるかどうかは、治療してみないと分かりません。

invisa10051.png


もし治療結果が不満足であった場合、銀座矯正歯科では、裏側(舌側)矯正治療へ移行ができます。


これだけの事を常にしているからインビザライン・マウスピース矯正の結果は良好です。


invisa10052.png

安心して治療をお受け下さい。

2015年10月 2日

最近、インビザライン・マウスピース矯正で失敗した患者さんが来院する様になりました。



ほとんどがインビザライン・マウスピース矯正を行っていても、裏側(舌側)矯正を行っていない医院のため、インビザライン矯正で結果が不良の場合、患者さんをリカバーできないでいます。



そのため銀座矯正歯科に相談に来ます。



銀座矯正歯科では、インビザラインも裏側(舌側)矯正歯科治療も、長年、多くの患者さんを治療してきました。


実績と歴史、バックボーンが若い、新しい矯正歯科医院と全く異なります。


普通に考えていただければ、第一選択にインビザライン・マウスピース矯正の治療を虫歯の歯科医院やインビザライン・マウスピース矯正専門医院を選びますか?




もし、あなたがガン患者だとします。




最近のショックなニュースに川島なお美さんがガンで死亡しました。
私らの世代のアイドルです。
残念です。
ご冥福をお祈りします。
 川島なおみ 123456789.jpg

ガン患者のあなたは、ガン治療専門医の中の放射線治療専門医院を選びますか?



放射線治療が効果なかった時、次がありません。


まして今の症状が放射線治療に適しているのかわかりません。




すべてのガン治療を総合的に高いレベルで行っている病院に行きませんか?



例えば、国立ガンセンターなど、ガンの専門病院でガン治療すべて行っていて、高い実績をもった病院に行きませんか?



普通に考えてみてください。


次に、どんな所がインビザライン・マウスピース矯正で失敗しているか書きます。


インビザライン・マウスピース矯正症例はほとんどが歯を抜かず、短期間の治療予定でした。


しかし、多量に歯を削ってしまい、患者さんによっては歯の1/3ほど削られ、歯としての機能と虫歯や歯周病のリスクが高まってしまい、10年後、20年後に大きな問題が起きるだろう事が予想されました。

治療前
mae  0123456.jpg
治療後
ato 789101112.jpg

ただ、見てくれの歯を並べるだけでした。


医療としては、ありえない結果です。


この見てくれは、歯並びの見てくれで、口唇が突出してしまった症例もありました。


どんなに多量に歯を削り、歯列を側方に拡大したとしても、がたがたがひどい症例や出っ歯がひどい症例は改善ができません。


残念ですが、何年もインビザライン・マウスピース矯正治療をしたとしても、口唇の改善はできません。


インビザライン・マウスピース矯正は、歯を抜いて矯正治療する事が不得意な治療方法
、装置です。


抜歯症例では、奥歯が前方にたおれ、正しく上の歯とかまなくなってしまっていました。


この改善のために何年もマウスピース矯正・インビザラインを使用するより、裏側、舌側矯正装置を使用すれば、あっと言う間に改善する事ができます。


またインビザライン・マウスピース矯正装置は、見えないからと言われて選んだけれど、実は良く見えてしまうという事で中断した患者さんもいました。


見えないは全くのウソで、前歯の表面にレジンタグをはりつけます。

レジンタグ上顎3256847590.jpg

レジンタグ 7858475894793.jpg

その上、マウスピースは透明でも、光るため大変目立ちます。

他人から指摘される事が多い様です。


発音障害も同じでした。発音障害はないと言っていながら、マウスピース・インビザラインを装着すると、慣れるまで上手にしゃべれませんでした。



結局、人としゃべらなければいけない患者さんは、装置をはずしている時間が長くなり、矯正治療が進まず、断念してしまった患者様もいました。


どんな治療法も、欠点と利点が必ずあります。



すべて満足な治療法があるなら、世界中の歯科医がその治療法を選びます。

もう一度、ガン治療を思い出してください。

たった一つの装置、治療法で治療できる病気はありません。

不正咬合は病気で、矯正歯科治療は医療です。



またインビザラインはアラインテクノロジー社の製品です。


その製品(インビザライン)を
年間401症例以上使用した歯科医院をブラックダイヤモンドプロバイダー、

  151~400症例以上使用した歯科医院をダイヤモンドプロバイダー、

  101~150症例以上使用した歯科医院をプラチナエリートプロバイダー、

  51~100症例以上使用した歯科医院をプラチナプロバイダー、

  21~50症例以上使用した歯科医院をゴールドプロバイダーと言います。



何を言っているかというと、1つのメーカーの1つの装置(製品)で病気を治療できるわけがありませんから、ブラックダイヤモンドプロバイダーとかプラチナエリートプロバイダーとかは医者というよりメーカーの回し者です。



どんな病気でも1つの会社の1つの製品、薬しか使わない医者がいるでしょうか?

ガン治療する事はこわくないですか?

医者が決めた1つの製薬会社の1種類の薬だけで治療する事はこわくないですか?

またそのような事を患者様が望みますか?
普通医者も望みません。

銀座矯正歯科は不正咬合治療(矯正歯科治療)を医療と考えています。

すべての治療法、装置を提案し患者様の選択のもとに治療します。



銀座矯正歯科でもインビザラインはたくさん行っております。

患者様からたいへんご好評を頂いております。

インビザライン以外のマウスピース矯正装置、裏側矯正装置もご好評頂いております。



インビザラインは患者様からご好評頂いている矯正装置の1つです。

決してインビザラインを否定しているわけではありません。

« 2015年9月 | メイン | 2015年11月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。