«  2015年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年11月26日

2a08f138-7a6d-4c62-9081-a2496a93b730.jpg

今年も多くの美容、審美歯科医院が銀座に開業してきました。

ビルごとにあるのではないかと思うほどです。



で!そのほとんどが矯正治療をしています。


で!そこで働いている矯正歯科医は、矯正学会の認定医です。


で!矯正学会は矯正治療は医療だと言っています。



意味が分かりません。

美容歯科は美容だと言っているのですから、そこの矯正治療の目的は美容です。


そこで働いている矯正歯科医は、美容のために矯正歯科治療をしているわけです。

美容歯科、審美歯科医院のホームページには、多くのモデル、芸能人の写真が載っています。


不思議です。


何が不思議かと言うと、モデルや芸能人の写真には肖像権があり、モデル、芸能人の事務所

がその肖像権を持っているので、ホームページやブログでは使えません。


また個人情報ですから名前すら言う事ができません。

モデル事務所や芸能事務所と契約していれば使う事ができますが、お金を払う必要があります。


e6607771-d31d-43ed-ac32-1af4f325ad14.jpg



当然、銀座矯正歯科にも多くのモデルさんや芸能人の方が来院していますが、絶対に言えません。


銀座矯正歯科では、矯正治療を医療として行っています。

芸能事務所にお金を払ってまでモデルや芸能人に矯正治療をしたいと思いません。

2015年11月24日

ce272003-9278-4988-a55e-a0d73f808b00111.jpg


こともあろうか矯正学会の指導医の方が私のアンカーインプラント矯正治療にかみついてきました。


おもしろい!

アンカーインプラントが上顎洞にせん孔している事が問題だと!


なにをバカな事を言っているのか!



これではっきりしてきました。

インプラント学の事は、まったく解っていません。


そんな歯科医がインプラント手術していいと思いますか!

絶対に矯正歯科医にアンカーインプラントを植立させてはいけません。



私はインプラント学会の認定医、指導医、専門医です。



インプラントの上顎洞せん孔は、1984年に問題ないと解決している事です。

インプラントの父であるブローネンマルク教授によって

8d2788e3-2d58-48ad-a15e-aa01a680fe0a.jpg

11月12日~16日にカンボジアへ行ってきました。

ICOI国際口腔インプラント学会のアジアセッションに参加しました。


そこで今回はインプラントとインプラント矯正の授与式がありました。



カンボジアに行ったのは今回で2回目でした。

17年前に行った時と今回では、まったく違っていましたが、シンガポールほどの違いはありませんでした。

まだまだ発展途上国です。



そんなカンボジアでもデンタルインプラント治療をする患者さんはいます。

矯正治療も同じでカンボジアでもいます。


アジアの中で、これだけの国力のある日本で、矯正治療やインプラント治療をする患さんが少ないのは不思議です。





先進国の日本でアジアの発展途上国以上の医療を受ける事ができます。

ICOI国際インプラント学会は、世界中に支部が有る世界レベルの学会です。


20987bd7-4e54-4b6f-8dbf-4fa80e19ef53.jpg

その学会で私は認定医の審査委員をしています。

私は、国際学会の指導医です。日本の学会ではありません。



edf6eaa6-314e-44ec-9088-f3bb6e891ae9.jpg



ICOI国際口腔インプラント学会、およびニューヨーク大学CDEP矯正学指導医です。

カンボジアは毎日32℃で暑く疲れました。



11月18日から福岡で日本矯正歯科学会です。

今度は日本の学会です。


欧米人がほとんど参加しない日本の学会です。

日本語でポスター発表と1時間のブースレクチャーです。

2015年11月21日


gatag-00005742.jpg


福島民友の朝刊にこんな記事がありました。ご紹介します。


フッ素にはむし歯予防の効果があり、方法がいくつかあります。


歯科医院で行なうフッ素(フッ化物)を歯面に塗布する方法、家庭で行うフッ化物溶液での洗口、フッ素入り歯磨き剤での歯磨きなどあります。



フッ素入りの歯磨き剤の効果的な使い方として「イエテボリ法」という方法があります。



ポイントは「2+2+10+30」と覚えて下さい。


「イエテボリ法」のやり方は、はじめに歯ブラシの上に2センチの歯磨き剤をのせ(幼児の場合は年齢に応じて米粒大から1センチ程度)、2分間かけて上下の歯を磨きます。



歯磨きを終えた後は吐き出さずそのまま10ミリリットルの水を含み、ぶくぶくうがいで30秒間洗口します。



含んだ水を吐き出した後にうがいをせずに、その後2時間は飲食をしないようにします。


このときに使用するフッ素入りの歯磨き剤は日本では医薬品、医療機器等に関する法律(旧薬事法)の承認基準で歯磨き剤に配合できるフッ化物濃度は1000ppmまでと定められています。


幼児用の100~500ppm濃度のものもありますので、年齢に合せたものを使ってください。



フッ素入り歯磨き剤は容器の成分欄に「フッ化ナトリウム」や「モリフルオロリン酸ナトリウム」と記載されています。


「フッ化ナトリウム」と記載されているものの方がむし歯予防効果が大きいです。

2015年11月10日

unnamed1110.jpg



こんにちは。ドクターの山田です。

今回は まず初めに、虫歯治療後のかぶせ物と矯正治療について説明したいと思います。



先日、矯正治療途中に虫歯が見つかり、かかりつけの歯科医院での治療を希望された患

者様がいました。


虫歯の治療を完了したとの事で、矯正治療を再開していこうと口の中を確認したところ、まだ脆弱な仮歯の状態でした。


仮歯にも色々な種類があり、しっかりとした金属の物や非常に脆いプラスチック製の物があります。


強固な金属の物であれば矯正治療にも耐える事が出来、壊れる心配はありませんが、プラスチック製の物では、矯正治療中に割れてしまうことがあります。


一度仮歯が壊れてしまうと、矯正治療を再度中断することになります。

中断している間は矯正治療のブラケットも外れているため、その歯は後戻りを起こしてしまいます。



後戻りを起こしてしまうと、数ヶ月前に行った治療に戻らなければなりません。

つまり、治療期間が大幅に延びてしまいます。


また、プラスチック製の物は、歯との境目の適合が金属の物と比べ劣り、汚れもたまりやすく歯周病や虫歯のリスクが高くなってしまいます。


私も患者様のために、再度治療を行うように説明を行いました。




o02500250blackjack_catch.jpg




次に、コルチコトミー併用矯正についてご紹介させていただきます。

コルチコトミー併用矯正は成人矯正の欠点を補う事を目的としたものです。



もちろん、コルチコトミーを行うことで、代謝が上がり、通常の状態と比較し歯は早く動きます。

しかし、それでも歯の動く速さには個人差があり、断定出来るものでなく、治療期間を保証出来るものではありません。


コルチコトミーを併用することで、歯根吸収や歯肉退縮を軽減できる事が論文で発表されており、患者様によっては、それらの効果が必要な方も多くいます。


患者様の希望する治療期間に近づけるというのは 深沢先生が提唱している矯正のスピード治療が該当致します。


深沢先生の矯正のスピード治療やコルチコトミー併用矯正を求め、毎日多くの患者様が相談に

来られます。



銀座矯正歯科で行っている矯正治療は、咬合と機能の改善を目的とした医療です。

中には、非常に治療が難しく他院で治療を断られた患者様もいます。



昨日も、美容整形を行ったが思うように改善せず、どうしても深沢先生に診てもらいたいと相談に来られた方がいました。

そのような、他の医院での結果に納得出来ずに来院される患者様も皆様治療結果に満足されています。



私も銀座矯正歯科で深沢先生と共に多くの患者様を診ていますが、難しいケースでも、患者様の満足のいく状態に改善していくのをみて日々感激しています。



このように、私達は患者様の事を想い、最善を尽くし治療を行っています。


しかし、丁寧に説明を行っても悪意より理解しようとせずただクレームとお金を要求してくる人がいます。恐怖を感じました。



私は、大学病院でも治療を行っており、銀座矯正歯科でもその時と同じように患者様と真摯に向き合い説明を行えば、理解していただけると思っていましたが、必ずしもそうではなく、大学病院との違いを痛感しました。



はじめて異常なクレーマーを対応しました。恐ろしいです。



今後も、患者様により良い医療を提供できるように、日々精進していきますので宜しく

お願い致します。

unnamed11101.jpg



若い先生方やスタッフがストレスを感じる様な医院は良くありません。


しかし、銀座矯正歯科を頼って来ていただける患者さんすべてに対応したいと常に思っているため受け入れています。



美容整形でうまくいってない方や審美、美容歯科でうまくいっていない方が多数相談に来院します。


どうしても難しくて分からない場合はお受けしていません。

山田先生が感じた恐怖は良く分かります。



unnamed11102.jpg



私も27年間矯正専門医をしていますが、大学病院の時の患者さんとここ銀座の患者さんは全く異なります。


教養の高い患者さんが多い反面、美容整形数件で治療してうまくいかずという患者さんも多くいますし、あたり屋さんも来院します。



私の医療としての矯正治療の信念が揺らぎます。

2015年11月 9日

DSC_0031 toukyoukyouse.jpg


東京矯正歯科学会秋季セミナー平成27年のテーマは「骨格性下顎前突の治療に関する最近の展開」でした。





最もおもしろかったのがリラクラニオフェイシャルクリニック菅原先生の講演した。




治療計画を考える上では、東京歯科大学の西井先生のデータは参考になりました。




骨格性下顎前突の患者さんも顎外科手術を併用するか矯正単独で行うかの東京歯科大学のデータでは、ANB0°が矯正単独、ANB-3°が顎外科併用、境界が-2°、witsでは-8mmが矯正単独、-13mmが顎外科併用、-10mmが境界。





上下顎顎外科手術をするか下顎のみの外科手術をするかは、SNAは同じ、いわゆる上顎の前後的位置が判断基準になっておらず、すべて下顎のデータで決定される。


pog、ANB、witsのデータを参考にする。





上下顎顎外科手術をする場合、上顎を抜歯矯正するか?非抜歯矯正するかは、上顎の前後的位置と叢生量により決定される。





あくまでも、東京歯科大学のデータです。





結論から言えば、矯正歯科医の考え方、技術、口腔外科医の技術により全てが変わってしまうという事で判断基準は、歯科医それぞれの環境により変わるという事です。






川元先生による東京医科歯科大学のデータも興味深い物がありました。





顎外科手術後、早期にリラップスする患者は時間の経過と共に大きくもとにもどるようです。

2015年11月 4日

IMG_20151105_0001_NEWananblog.jpg


銀座矯正歯科の患者さんでan・an(アンアン)のモデルになった患者さんがいます。


矯正治療はまだ70%ですが、銀座矯正歯科の治療としては大成功です。



これから残りの30%をしていきますが、患者さんの矯正治療目的からすれば成功です。


私たち銀座矯正歯科のスタッフ一同は幸せな気持ちでいっぱいになりました。



美容や審美歯科ではなく、矯正治療による自然な歯の自然な笑顔で成功を引きよせてくれたことは、私たち矯正歯科専門医を勇気付けてくれます。




彼女はan・an以外にも多くのファッション雑誌にモデルとして載るようです。

うれしいです。


在り来りの表現しかできませんが、銀座矯正歯科のスタッフは感動しています。


kyousei1104.jpg


すべての歯科治療は検査、診断、計画提示、患者の選択、同意があってはじめて治療計画が成立します。



検査、診断がないと治療計画を提示できません。




検査内容と歯科医の診断能力、そして治療技術、患者により様々な治療計画が提案されます。



だから検査前に非抜歯(歯は抜かない)や抜歯を簡単に言う(診断)ことはできません。

ましてやメールで送られてくる写真でなんてできたらおかしいのです。





女性の乳房をメールで見ただけで婦人科の医師が、あなたは乳ガンと言いますか?



また、ただ乳房に触れただけであなたは乳ガンと言いますか?






矯正はガンと違い生死には関係ありませんが、不正咬合が病気だとすれば、治療計画の手

順は一般の病気と同じでないとおかしいのです。





もう1度手順を書きます。

検査→診断→治療計画提示→患者の選択→治療計画確定。




しかし、医療は最初の検査だけで正しい診断が確実にできるわけではありません。


ですから治療を進めながら追加検査と再診断をしていくのです。




これらの手順と考え方を知らない歯科医師が多いので医者は歯科医師の事を医者と認めないのです。



kyousei21104.jpg



私のFLB裏側矯正コースに若い矯正歯科医が参加してくれた事は大変うれしいことです。


勉強不足ないいかげんな歯科医師になってもらいたくないと思います。



image1 (1)ucla.jpg



アシスタントドクターの中嶋です。




9月のシルバーウィークはUCLAコースに参加するためにロサンゼルスに行ってきました。



深沢院長と、いつも私の我儘な勉強会に付き合ってくれる矯正科の後輩達(銀座矯正歯科の山田先生もその一人です)が一緒でした。




UCLA矯正科のムーン教授と韓国の重鎮ペク先生の講義を受講し、無事に修了証を頂きました。



ムーン教授も矯正のスピード治療を研究していらっしゃいますが、我々、スピード矯正研究会とはまた違ったアプローチだったので、これも勉強になりました。



矯正のスピード治療のためのアプローチは一つではありません。


様々な治療法を組み合わせることが患者さんのニーズに応えることに繋がります。




UCLA矯正科の診療室見学も参加しましたが、勤務医にアジアからの留学生がとても多いことが印象的でした。


ただ、残念ながら日本人は1人もいません。





unnamedusc.jpg


ロサンゼルスではUniversity of Southern California(USC)も訪問しました。



USCでは歯周病科のresearch associate(助手)としてfull time(常勤)で勤務している閔先生にUSCを案内してもらいました。




閔先生は日大松戸の一つ下の学年の後輩です。


携帯のアプリで国際通話をしながら彼の症例相談を受けますが、人種が違うケースは正確なアドバイスになっているのか心配なこともあります。


彼は素晴らしい経験を積んでいます。


USCはUCLAと違う都市型のキャンパス(閔先生曰く)で、ジョージルーカスやスピルバーグ等のトップレベルで活躍する卒業生の寄付によるとても綺麗な校舎でした。



お会いすることはできませんでしたが、USC矯正科には日本人の女性ドクターが勤務されているそうです。


閔先生おすすめのランチを食べながら、彼が留学に至った過程を聞きました。



彼は大学院3年生のころから留学を意識し、英会話に通い始めたそうです。

大学院卒業後、一人で渡米。

西から東へ幾つかの大学病院を見学し、その中からUSCを選びました。



USCを選んだ理由は、アタマを鍛えることができる、つまり基礎学問を叩き込まれるからだそうです。


基礎、つまり大学での専門教育が大事だと彼も考えていました。



空き時間は閔先生にハリウッドやサンタモニカ、ベニスビーチを案内してもらい、お酒を飲みながらお互いの将来を語り合いました。


彼のアメリカでの生活はハリウッド映画のように興奮しました。


言葉の壁に悩み、駐車場で一人おにぎりを食べた話。初めてのプレゼンで英語の発音を笑われた話。


自分の業績を守る(盗まれない)ために如何に気を張っているか。


信頼できる仲間との仕事、そして研究補助金を獲得するに至るまで。





unnameducla3.jpg



彼は学生時代から全く変わっていませんでした。





人を惹き付ける魅力と闘争心の塊です。


同席した矯正科の後輩達も、閔先生に大きく影響を受けたようです。



素晴らしい仲間に囲まれていることは、私にとっての人生の宝物の一つです。







2015年11月 3日

お客様の声ポスター(9月分).jpg



現在通院していただいている患者さんに、銀座矯正歯科の評価調査に協力していただきました。



ご協力、ありがとうございます。




QLifeという、口コミ、評価会社の調査です。




ホームページ会社や歯科医が自分のために作ったニセ評価サイトではありません。

本当の銀座矯正歯科に通院している一人一人のご意見です。



大変、勉強になります。



昨年と異なるのは、年齢分布です。



20代の患者さんの数が増えてきています。

以前は30代が最も多かったのですが、今は20代です。




20代の患者さんが増えると何が異なるかと言うと、治療のスムーズさです。

20代の患者さんの治療は楽です。



30代の治療に使うエネルギーの60%ぐらいで治療できます。



依然、30代、40代の患者さんが多いですが、これは銀座という特色と、銀座矯正歯科の技術にあるのだと思います。


« 2015年10月 | メイン | 2015年12月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。