«  2017年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2017年2月21日

アシスタントドクターの中嶋です。




2月2~3週にかけて、シュアスマイル ドクターシンポジウムに参加してきました。
不明 (5).jpg

期間中はご予約が取り辛い状況だった為、患者の皆さんにはご不便をおかけして申し訳ありませんでした。



シュアスマイルは矯正歯科治療で最も重要な「診断」から「治療計画」「装置(ブラケット、ワイヤー、マウスピース)」まで全てを行える唯一のデジタル矯正システムです。


デジタル化により、治療期間のコントロールは正確性を増します。




銀座矯正歯科では2014年からこのデジタル矯正システムを導入し、多くの患者さんにシュアスマイルで矯正歯科治療を提供しています




メキシコのロスカボスで開催されたため、ロサンゼルスを経由しUSC(University of Southern California)歯周病科のMin先生と食事する事ができました。



USCでは歯周病科主催のイベント開催前でMin先生も演者だった為、かなり忙しかったと思いますが先輩を気遣ってくれたようです。

Min君、いつもありがとう。




ドクターシンポジウムはロスカボスのホテルを会場に開催され、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、そして日本から100名近いシュアスマイルドクターが参加していました。

素晴らしい環境です。

初日にパーティーがあり、デジタルラボのスーパーバイザーであるAndreiさんと話す機会があり、以降の期間中はAndreiさんと過ごす時間が増えました。


Andreiさんはフィリピン人の矯正専門医で、ニューヨークで矯正専門医として勤務した後にOrametrix社でデジタルラボを指揮しているそうです。

シュアスマイルに関わる多くの事を今後も教えて頂けることになり、素晴らしい機会でした。

中央右がAndreiさん、左は日本語勉強中のJasonさんです。
sure mi-tinngu.jpg


また、大学病院で指導して頂いた葛西教授がアデレードに留学されていた時に研究仲間だったVanco先生、矯正学会でお世話になっている石川県の石井先生からご紹介頂いたMarcel先生とも話す機会がありました。


シュアスマイルドクターは皆さんとてもフレンドリーです。

Vanco先生の前髪が印象的ですね(笑)
nakajima Dr.jpg


2日目からはシンポジウムが毎朝8時から開かれ、英語に着いていくのがやっとでしたが、新しい知識と多くの臨床例に囲まれた有意義な時間でした。
不明 (7) nakajima.jpg



私も症例発表する時間があり(拙い英語でちゃんと伝わっているか心配でしたが)、有名なシュアスマイルドクターであるGoldstein先生やシンポジウムの演者の先生方から直接アドバイスを頂けました。



日本ではシュアスマイルの認定を受けているドクターが少ない為、今回、多くの症例を見れた事は素晴らしい経験になりました。



空き時間に日本のシュアスマイルスタディクラブでご一緒させて頂いている小澤先生とサンホセの街を観光しました。

メキシコ独特の空気と気候も旅の醍醐味です。
不明 (8) nakajima.jpg


Orametrix社はドクターミーティングを世界各地で毎年開催しています。


世界中のシュアスマイルドクターの知識と経験を共有し、銀座矯正歯科の患者さんに還元できるよう今後も精進する事を誓った2月でした。






« 2017年1月 | メイン | 2017年3月 »

院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。