«  2017年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年9月30日


clouds-1839308_960_720.jpg


現在、銀座矯正歯科の月の矯正治療日数を昨年に比べ増やしています。

しかし、それでも患者さんの矯正治療予約が入りづらくなっています。



なぜ?おかしくありません!日曜日、月曜日、木曜日が昨年の矯正治療をしない曜日でした。

今年は、月曜日、木曜日も矯正治療日としています。

海外での講演へ行く際は必ず振替診療を行っています。


なのに、これまで治療している患者さんが予約を取りづらい。



開院日数は昨年に比べ増えています。



答えは、初診相談患者と検査患者が今年に入り急激に増えているからです。



では、なぜ急激に増えたのか?


girl-1733352_960_720.jpg


原因は、近所の大手法人の審美系美容系歯科医院にあります。


治療技術がないのに多くの舌側矯正、裏側矯正患者を安い料金で受けたためにトラブルが多発して、全く治療が終わらないため、舌側矯正、裏側矯正希望の患者さんの受け入れをストップしたため、評判の良い銀座矯正歯科に流入してしまっています。



安い裏側、舌側矯正装置で患者を集め、理由をつけてはインビザライン矯正へ誘導しています。


多くの患者さんが、銀座矯正歯科での相談時にその医院のクレームを言っています。



裏側矯正希望で相談に行ったのにインビザラインを強く勧められたと不満を言っています。



nature-669592_960_720.jpg


裏側矯正、舌側矯正は、インビザライン装置以上の技術が必要です。


ちょこっと非抜歯症例が治ったからと言って甘く考えて全ての患者さんをうけない方が身のためです。


28年以上の実績と技術があるから、銀座で長年、3000名以上の裏側矯正患者を治療しています。

なにしろ、銀座には美容歯科、審美歯科が多すぎです。



セラミックで経営が成り立たないから上手でもない舌側矯正、裏側矯正を行おうとします。


ginnza.jpg


銀座には、多くの矯正専門医がいますから、適当な美容歯科、審美歯科の矯正は必要ありません。

2017年9月 1日

見えない矯正治療においてマウスピース矯正と裏側矯正はコインの裏表にしかすぎません。



どちらかが良い悪いではなくどちらでも良いのです



決めるのは患者様であって医者ではありません。



そのかわり医者は正しい情報を指導しなければなりません。



それには患者様はマウスピース専門医院や裏側矯正専門医院など選択する権利を失うような医院に行くべきではありません。



もともとマウスピース専門医院と言っているのですからマウスピース矯正の利点を強調して説明するのはあたりまえですし、なんの責任もありません。



マウスピース専門医院ですから。



一口にマウスピース矯正と言っても色々な会社の色々な製品があります。



裏側矯正装置も同じです。



銀座矯正歯科の場合、裏側矯正装置は院長の開発したFLBがメインになりますが、マウスピースはシュアスマイルとインビザラインの二製品になります。



シュアスマイルシステムの方が細い調節に向いています。

« 2017年8月 | メイン | 2017年10月 »

院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。