«  2018年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 銀座矯正歯科のデジタルレントゲン | メイン | 裏側矯正歯科コース »

2015年1月29日


最近、不妊治療がネットやTVなどでよくとり上げられています。それだけ、困っている夫婦がおられるということです。

当院でも、矯正治療をしながら不妊治療をされている方が多くいらっしゃいます。

また不妊治療中に矯正を始める方も多くいらっしゃいます。

そのためか?

矯正治療中に出産される方が増えています。


私の妻も、矯正治療中後にすぐに妊娠しました。

38歳でした。


やっと生まれた娘も、今は8歳で、わがまま言いたい放題で、妻が手をやいています。

やっと生まれても、次の子育てがまた大変で、どなたも苦労しています。

以前当院で働いていて妊娠、出産のため退職したスタッフと時々メールで話すと、子育てをはじめはなめていたようです。

出産のため退職したスタッフは、退職する時、出産後すぐ復帰すると言いますが、どのスタッフも戻ってきません。


全員が子育ては大変だと言います。

その子育ても、子供が生まれなければ経験できません。

辛い経験ではなく幸せな経験だと思います。

ただそう思っているのは男性だけだと思いますが。

東洋医学では、歯と妊娠は関係します。

犬歯は、動物の生殖に関連し、犬歯を抜くと子供ができにくくなるとも言われてきました。


そのためか、昔の歯科医は、歯並びを治療すれば妊娠しやすくなると言っていました。

科学的根拠はありません。

ただ矯正歯科医からすると、矯正治療中に多くの女性が出産されるので、矯正治療と妊娠が関係するかの錯覚におちいります。

しかし、科学的根拠はありません。

今日も、6時に起床して娘を小学校に送ってきました。

いつまで娘との朝のデートが続けられるか分かりませんが、

幸せな経験です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.ginzakyousei.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/906

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。