«  2015年6月21日 - 2015年6月27日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年6月23日

学会認定医、指導医、専門医だから安心と書いてある、言っている矯正歯科医

にだけは行ってはいけません。


この先生方は必ず失敗します。学会の肩書きが治療結果に左右するなんて医学ではありえません。

学会は国ではないので肩書きを買うことは可能です。

買った肩書きが治療結果を左右するのであれば、だれも勉強しません。


しかも三流と言われる日本の学会です。若い先生ほど盛んに学会の肩書きを買いますが、患者さんは騙されないで下さい。


40430888_30W.jpg

NHKのドクターGを見て下さい。

医師は肩書きで治療していません。

ベテラン医師の経験にもとづいた診断により、治療しています。

昨日も都内の病院の看護師さんが銀座矯正歯科で治療を始めました。

経験が浅くても治療できるのであれば教科書を読めば誰でもできます。


しかし、医療従事者は経験の重要性をよく知っています。

だから銀座矯正歯科の患者さんの30%が医療関係なのです。

40433191_30W.jpg


国は現在、学会の肩書きビジネスに警鐘を鳴らしていますが、学会の認定医、指導

医、専門医を前面に出している歯科医は、この事についてホームページに載せていません。情報開示不足です。

起床時や仕事後などに顎がだるく感じることはないでしょうか。

人はストレスを感じると無意識のうちに歯ぎしりをしてしまうことがあります。


また、噛み合わせが悪い場合にも同様に見られます。


放っておくと、歯が磨り減って欠けたり、上下の顎の骨も消耗していきます。


また、歯を支える骨が溶けて歯周病の原因にも繋がります。

食事の際の噛む力は10kg前後の所、歯ぎしりの力は奥歯で70kg前後もあると言われています。


歯への負担を思うと、歯ぎしりを習慣化させないよう上手なストレス発散方法を自分なりに見つけることが重要となります。

40011827_35W.jpg


歯ぎしりの症状を抑えることは不可能ではないので大事な歯を守る為にもできる限りの努力をしてみて下さい。

妊娠初期に胎児の歯の形成が始まるので栄養には十分に注意しましょう。


ajisaikan00.jpg

特に、妊娠中不足しがちな栄養素は

たんぱく質、カルシウム、鉄分、ビタミンです。


・タンパク質は胎児の細胞をつくる栄養素で、肉、魚、卵、乳製品、穀類に多く含まれます。


・カルシウムは胎児の骨や歯などをつくる栄養素です。

 牛乳、乳製品、小魚類に多く含みます。


・鉄分は妊娠中に鉄分不足で貧血になりがちです。

 レバー、卵黄、肉類、ほうれん草、大豆製品に多く含まれます。


・ビタミンAは体の発育や抵抗力をつけ、ビタミンEは流産予防に欠かせません。

 青魚、緑黄色野菜、果物、豆類、バター、牛乳などに含まれています。


resize.jpg


妊娠すると内分泌の変調やビタミン代謝の障害などにより栄養障害が起こりやすくなります。

常にバランスの良い食事を心がけてみましょう。


インプラント手術後の注意点をご紹介します。


KAZ852_tuyutokidokiajisai-thumb-815xauto-18395.jpg

・腫れには個人差がありますが、腫れる場合2~3日目がピークになります。

・手術当日は氷水でよく冷やして下さい。

・入浴は避けて下さい。

・飲酒、タバコ、激しい運動はひかえ安静にして下さい。

・食事はやわらかく消化のよいものにして下さい。

・インプラント変形、脱落の原因となるため舌や指で触らないで下さい。

・感染防止のためインプラントを磨く時はプラークアウトを使用して下さい。

・薬は指示通りお飲み下さい。

・出血が多い場合は、紅茶のティーパックを手術部位で咬んで下さい。(紅茶には止血作用があります。)

・上顎のインプラント埋入の手術後、1週間位、鼻をかむことは避けて下さい。(上顎洞炎の恐れがあるため)


iStock_000015299585XXXLarge.jpg


何かわからない事がございましたらお気軽にスタッフまでお尋ねください。

先月行われたスタッフ教育のセミナー後読書感想文の課題があり、『世界一や

さしい人間関係の教科書』という本を読みました。


51KIeTiTiCL._SY344_BO1,204,203,200_.jpg


セミナーの先生が選ばれた本なのですが、皆さんは聞く、と聴くを意識して使い分けたことはありますか?


この本では、コミュニケーションのタイプが7つに分けられており、まさにその通

りだなと思いました。


ただ話を聴いて欲しい人に提案、説教、ごまかし、同調、同情など頭ごなしにしては確かに話している方もすっきりしないものです。


まずはそう感じたんだ、と話している人の気持ちを受け止め、話を引き出していくう

ちに話している人からどう思うか?


何かいい方法はないのかと求められたものに対して応えていけばいいといった感じのお話でした。


他にも人間関係を円滑にするためのポイントが具体的でとてもわかりやすかったです。


iStock_000015116150XLarge.jpg

患者様とのコミュニケーションはもちろん、スタッフ間、日常的に活かしていきたいと思いました。


セミナーの時間や課題は日頃を振り返ることができとても良い機会です。

« 2015年5月31日 - 2015年6月 6日 | メイン | 2015年6月28日 - 2015年7月 4日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。