«  2018年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 銀座の審美、美容歯科 | メイン | 見えにくくて人目が気にならない 歯の裏側に装置を着ける »

2015年6月 6日

ほとんどの矯正専門医には、更年期障害は関係ありません。

患者さんのほとんどが10代だからです。

しかし銀座矯正歯科には大変関係します。

銀座矯正歯科の患者さんの25%が40代の方だからです。


この病気は女性ホルモンの減少により起こります。

女性ホルモンの減少は、自律神経失調症を引き起こします。


そのため精神的に不安定でイライラしています。

そんな患者さんが25%も矯正治療しているのです。

常に矯正治療とは関係なくイライラです。

しかし矯正歯科といっても医療です。

私たち歯科医、衛生士は、患者さんの基礎疾患を理解して矯正治療を行っています。

更年期障害の方の最も重要なファクターはパートナーです。


パートナーが女性の病気を理解して対応しなくてはいけません。

昔からヒステリーという言葉があります。

この言葉は女性の子宮から由来しています。

2015-03-04_144250.jpg.pagespeed.ce.uqCyn4ZJPi.jpg

私の妻も、現在更年期で対応が大変難しい状況です。

毎日精神状態がコロコロ変わります。

不安をあおるようなことはせず、話し半分で聞く事がいいようです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.ginzakyousei.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/972

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。