«  2015年10月25日 - 2015年10月31日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年10月31日


unnamedseijin2.jpg




成人矯正治療の問題点を知っていますか?



成人矯正には、少なくともつの問題点があります。





この問題点について米国ロマリンダ大学教授の寿谷先生は「矯正治療への生体力学と生物学の基本原理」の中で以下のように書いています。



1.矯正力は生体組織系の順応の低下によって、歯槽骨内の破骨細胞、増骨細胞の働きは破骨細胞が優位となり、破壊的な影響を及ぼしやすい。


2.矯正力は3R(Resorption, Relapsation, Recession ) である根尖吸収、後戻り、歯頚部歯肉退縮、を惹起しやすい。


3.脳頭蓋と顔面頭蓋の骨縫合部への矯正力は他の生体組織系への問題を惹起しやすい。


4.顎顔面の大規模な改善は顎顔面外科との併用を期待せざるをえない。


5.歯牙移動は緩慢な矯正力を用いざるをえず、治療期間は長期化の傾向にある。


6.社会的拘束、審美、発音、咀嚼などの問題。


以上の問題点を解決できないと矯正治療は失敗です。






unnamedseijin.jpg



その解決の方法としてコルチコトミー併用矯正治療を提案しています。




成人矯正は、子どもの矯正と同じに治療すると失敗します。




銀座矯正歯科の患者さんで最も多い年齢層は30代です。


常に成人矯正治療の問題点を考えながら矯正治療しています。




しかし40代からは、女性の場合、更年期障害という大きな大きな問題が加わってきます





unnamedseminar.jpg




先日、ローズマリーブレイセミナーに行ってきました。




私はどうしても、この手のマネージメントセミナー(経営セミナー)は苦手で、行って

もただ聞くだけで否定的でした。



そのため、医療として以上のマネージントをしてきませんでした。


必要ないと思っていました。




しかし、世界中、日本中にローズマリーブレイのファンがいて、彼女の教えを忠実守って大成功をしている矯正歯科専門医院がたくさんあります。



私の考え方は古く、だめです。


医療であり、病院である限り、スタッフや患者さんをしかり、治療として良い結果に導くことが私の仕事だと思い込でいました。



最新の技術や知識がなくても、年に数回、医院イベントやハロウィンのような着ぐるみを着て、患者さんをなごませることをすれば、患者さんが集まるようです。




銀座矯正歯科のマネージメントは失敗です。


これまで医院パーティ、イベント、着ぐるみを一度もしていません。


むしろその様な事をする若い、未熟な矯正歯科医をバカにしていました。




彼女の教えでは、


矯正装置除去時にパーティをしなさい。

成人であれば、シャンパンやワインを開けなさい。

みんなで歌を歌いなさい、

など。



実践されている矯正専門医は、たくさんあるようです。


銀座矯正歯科は失敗から学んでいきます。




矯正専門医が総勢7名所属しています。


出身大学は、日本大学、国立北海道大学、国立東京医科歯科大学、奥羽大学、鶴見大

学と色々です。




色々な考えを出し合って失敗を学び、成功へと導いていきますので、ご期待下さい。

2015年10月27日

最近少しずつ増えているのが矯正歯科治療のトレーニングを大学で受けず、数日の矯正コースを受けて矯正歯科治療をして、失敗するケースです。



特にIncognitoインコグニート矯正は増えています。



DSC_0020 .jpg



美容歯科、審美歯科医が裏側(舌側)矯正が簡単にできると思い、してしまい、かめなくなって困っている患者さんが増えています。



Incognitoインコグニートも裏側(舌側)矯正治療の一つのシステムですから、矯正歯科学を知らないと失敗します。



ある一定のレベルの患者さんは必ず、歯科医の実績や経歴を調べて矯正専門医を選びますが、どうしても美容系、審美系を選ぶ方々、モデル系の方々などは年間何人も矯正歯科治療を失敗してから来ます。


昔はセラミックが多かったんですが、最近はIncognitoインコグニート矯正です。




unnamed20151027.jpg




この責任はIncognitoインコグニート矯正のコースをしている歯科医にとらせるべきです。



アメリカでは以前、デンタルインプラントの問題が大きくなった時、各メーカーのインプラントのコースの歯科医に責任をとらせることにしました。



それから、インプラントの問題が減りました。


日本でも同じにすべきです。



Incognitoインコグニート矯正は良い治療法だと思いますが、トレーニング不十分の美容歯科医、審美歯科医が2日間のコースで患者を治療すべきではありません。


Incognitoインコグニート矯正システムでかみ合わせを整えることは大変難しいです。



メーカーやコースインストラクターは簡単なように見せたり、言ったりしますが、簡単ではありません。


ウソです。



私のFLB裏側矯正コースも同じで、基礎を知らないと、ただ装置やシステムを真似しただけでは治療できません。



私の裏側(舌側)矯正コースは物を売るためのコースではなく、矯正歯科医に裏側矯正治療の基礎を教えるコースです。



私の考えたFLB裏側(舌側)矯正システムは3000症例の治療例と、10年以上の長期データにより証明されています。



ウソはありませんし、誰も騙したりはしません。

« 2015年10月11日 - 2015年10月17日 | メイン | 2015年11月 1日 - 2015年11月 7日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。