«  2015年10月27日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年10月27日

最近少しずつ増えているのが矯正歯科治療のトレーニングを大学で受けず、数日の矯正コースを受けて矯正歯科治療をして、失敗するケースです。



特にIncognitoインコグニート矯正は増えています。



DSC_0020 .jpg



美容歯科、審美歯科医が裏側(舌側)矯正が簡単にできると思い、してしまい、かめなくなって困っている患者さんが増えています。



Incognitoインコグニートも裏側(舌側)矯正治療の一つのシステムですから、矯正歯科学を知らないと失敗します。



ある一定のレベルの患者さんは必ず、歯科医の実績や経歴を調べて矯正専門医を選びますが、どうしても美容系、審美系を選ぶ方々、モデル系の方々などは年間何人も矯正歯科治療を失敗してから来ます。


昔はセラミックが多かったんですが、最近はIncognitoインコグニート矯正です。




unnamed20151027.jpg




この責任はIncognitoインコグニート矯正のコースをしている歯科医にとらせるべきです。



アメリカでは以前、デンタルインプラントの問題が大きくなった時、各メーカーのインプラントのコースの歯科医に責任をとらせることにしました。



それから、インプラントの問題が減りました。


日本でも同じにすべきです。



Incognitoインコグニート矯正は良い治療法だと思いますが、トレーニング不十分の美容歯科医、審美歯科医が2日間のコースで患者を治療すべきではありません。


Incognitoインコグニート矯正システムでかみ合わせを整えることは大変難しいです。



メーカーやコースインストラクターは簡単なように見せたり、言ったりしますが、簡単ではありません。


ウソです。



私のFLB裏側矯正コースも同じで、基礎を知らないと、ただ装置やシステムを真似しただけでは治療できません。



私の裏側(舌側)矯正コースは物を売るためのコースではなく、矯正歯科医に裏側矯正治療の基礎を教えるコースです。



私の考えたFLB裏側(舌側)矯正システムは3000症例の治療例と、10年以上の長期データにより証明されています。



ウソはありませんし、誰も騙したりはしません。

« 2015年10月16日 | メイン | 2015年11月 3日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。