«  2018年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 最新・最先端の矯正歯科治療 | メイン | 矯正歯科・裏側矯正・知恵袋 »

2015年10月16日

DSC_0003 (2) hatadhgk.jpg

私の大学の同級生で同じ矯正学大学院の卒業生の永坂先生が国際交流センターの教授に就任しました。



うれしい限りです。




彼は、国際交流センターを通して、難民プロジェクト統括をしています。


いわゆる難民支援です。



国連のメンバーになって、日本だけではなく世界で頑張っています。

尊敬します

DSC_0001 nagasakasennsei.jpg



私たちの時代の歯学部は現在と違い、大変活気があり、実家が歯科医でないとなかなか歯科医にはなれない時代でした。



彼は一度上智大学を卒業し、歯学部に入学してきました。

彼の様な同級生が多数いました。



歯学部の1~2年生は、教育課程で英語やドイツ語を勉強します。

英語教授が早稲田大学出身でした。


慶応大やアメリカの大学卒の生徒が早稲田大に英語を習う事などないとボイコットした事がありました。



たぶん、一般の学部では、この様な光景は見られないと思います。

今はシステムが変わり、編入が認められるので、専門課程の3年生から入学できます。




その当時、実家が歯医者ではなく私立の歯学部に合格するのは、大変難しい時代でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.ginzakyousei.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1038

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。