«  2015年12月 6日 - 2015年12月12日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年12月11日

ICOI国際口腔インプラント学会認定医の審査委員長は、日本大学教授の伊藤公一先生です。




伊藤先生は長年、日本大学歯学部の顔として、また日本歯周病学会の理事として日本の歯学をけん引している教授です





もし、ICOI国際口腔インプラント学会認定医をバカにする事があれば、審査委員長である伊藤教授をバカにする事になります。



バカにする内容を知恵袋に書いた不届き者がいますが、私たちICOI国際口腔インプラント学会メンバーは、その人たちを許しません。



その知恵袋がなくならない限り!

5d5c23d4-4c7e-4a7c-ba5a-67584bf4576c.jpg


12月の定期勉強会を10日に行いました。






テーマはDr.アリカニがOrthodontics & Craniofacial Researchに投稿したサーチュレーションポイントの論文でした。



論文全訳と抄録を使い、みんなで活発な討議を行いました。




その後に知恵袋で暗躍するステマ会社とそれをさせているモラルのない歯科医について話し合いました。



ステマ一味の1人に大学医局時代に不倫をしてクビになった者がいる様です。



モラルがないのは、今に始まった事ではない様です。

たとえオームコ社が作った商業学会の、日本舌側矯正歯科学会で勉強する事に異論はありません。





学問の元である大学と開業医は異なります。



しかし、いいかげんな認定医である日本舌側矯正歯科学会の認定医は認めません。





長野県のヒロ先生も書かれていましたが、でたらめな認定医は認めません。





日本矯正歯科学会でも、舌側矯正症例は診査しています。



ほとんどの大学では商業学会である日本舌側矯正歯科学会への参加は認めていませんし、いいかげんな認定医などありえません。



だから認定医が少ないのは当たり前で、認定医が舌側矯正治療が上手だという事になりません。



大学教育を受けた矯正歯科医が相手にしていないというのが本当のところです。





鶴見大学矯正科では、30年以上前から舌側矯正治療を教育してきましたし、その教育を受けに来るアジアからの留学生も受けてきました。



150d5785-380a-4340-a477-7fb34904c5aa.jpg



韓国舌側矯正歯科学会の祖は鶴見大学矯正科で舌側矯正を勉強した者たちです。


2015年12月 7日

12月3日尾島先生主催のアライナー研究会に参加してきました。




アソアライナー、インビザラインなどさまざまなマウスピース矯正の研究会です




前年の第一回から参加して尾島先生のインビザラインの症例以外、アライナーについては見るものがないというのが感想です。





銀座矯正歯科のマウスピース矯正グループの治療も、いけていると感じました。




銀座矯正歯科では、定期的にニューヨーク大学のインビザラインのコース受けて、毎年前進しています。



それ以外でも、アソアライナー、クリアライナーシステムも、多数行いデータを蓄積しています。





今回最も良かったのは石井先生の講演で、矯正治療である限りちゃんとした診断の基に矯正治療をすべきだと。



私たち矯正医全員が、マウスピース矯正をしている矯正専門医でない先生に言いたかったことを言ってくれました。




むやみな歯列の拡大や多量な歯冠削合は矯正治療を医療から遠ざけ、ただ審美的に歯が並べれば良いということになってしまいます。

725ad322-2bfc-4d2b-9c7d-735482cf2712.jpg

現在FISTのインプラントコースを受講しています。




12月6日日曜日は定期講習の日だったので参加して来ました。





FISTとは、FutureImplantologist Study Teamで、主催者は本間先生です。



彼は世界No.1インプラント歯科医Dr.ターナーの弟子で、弟子の中でも最もDr.ターナーから未来を期待されている歯科医です。



私もDr.ターナー門下の1人ですが、本間先生には期待しています。



Dr.ターナーの講義さながら、本間先生はインプラント学の基礎、バイオロジーを教えています。




矯正用インプラントとデンタルインプラントは異なるとバカな事を言う歯科医がいますが、インプラントは全て同じです。



インプラントとは、アンカー、機能回復、治療、審美性を目的として口腔/顔面の組織に外科的に埋入される人工の材料や装置です。



大学病院口腔外科に開業医のアンカーインプラントの破折ケースがたくさん来ています。





アンカーインプラント手術は外科です。

12月3日の夕方から大学院先輩の洪先生の舌側矯正についての講演が鶴見大学でありました。




洪先生の講演を長時間聞く機会はあまりないので、大変勉強になりました。






今年はWSLO世界舌側矯正歯科学会にお会いしていました。




国際学会で年に1回は会っていますが、お互い忙しくてゆっくりお話しをする機会が少ないです。



先月、洪先生の御家族に御不幸があったのでいらっしゃるか不安でしたが、元気に日本にいらして良かったです。





12月3日は1日が長く大変疲れました。



夕方までアライナー研究会、夕方から洪先生の舌側矯正の講演。

« 2015年11月29日 - 2015年12月 5日 | メイン | 2015年12月13日 - 2015年12月19日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。