«  2016年2月21日 - 2016年2月27日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
2016年2月24日

3832663209-female-687000_1920-qDk-640x426-MM-100.jpg


他院でマウスピース矯正インビザラインの治療が続けられなくて銀座矯正歯科に転院する患者様が増えてきています。


マウスピース矯正インビザラインは良い治療法ですが、人によっては合わない場合もあります。



見えない装置だからマウスピース矯正インビザラインを選ぶのであれば、必ず裏側(舌側)矯正も得意とされている医院を選んでください。

Invisalign_AlignerPair.jpg

治療途中でも、合わない場合があります。



仕事上、マウスピース矯正インビザラインが許されなくなるケースも有りますので、必ず裏側矯正、舌側矯正の治療レベルも確認してください。

2016年2月23日

DSC03156.JPG


2016年2月21日22日の2日間、

FLB裏側矯正とインプラント矯正についてコースを行いました。



本当の舌側矯正を収得してもらいたいと思い、私が27年間治療してきた舌側矯正、裏側矯正法を教えています。



DSC03138000.JPG




大切なのは不変の論理とエビデンスです。


理論も理解せず、適当な舌側矯正裏側矯正を教えている歯科医がいますが、私のコースでは許しません。


DSC_02430221.jpg

2374004158-signature-389933_1920-JZPJ-640x426-MM-100.jpg

セカンドオピニオンと言う言葉は一般的となり社会に浸透していますが、驚かないでください、歯科医は理解できていません。


全くです。


医科ではセカンドオピニオンのルールがありますが、

歯科医にはルールはなく、患者獲得のチャンスと考え、患者の主治医の悪口を言う機会にしています。


そのため患者さんが一番の被害者となり、主治医との関係が壊れ、治療費を二重に払うことになります。



そもそもセカンドオピニオンを受けた医者は、患者の主治医の依頼の元に行わなければなりません。

そしてセカンドオピニオン時、かってに検査をしてはいけません。


主治医から渡された検査データのみで診断をして自分の見解を述べるのが普通です。


1496081497-hourglass-620397_1920-NkML-640x426-MM-100.jpg




このセカンドオピニオンの無理解は開業医のみではなく、大学病院の歯科医、教授にいたるまでです。


情けない。


初診時のデータや治療経過のデータなくして治療についての適切なコメントはできません。



しかし無理解な歯科医はコメントをしています。

テレビドラマのフラジャイルの中でさえ、正しいセカンドオピニオンが行われていました。

3767156501-glasses-431376_1920-PNvn-640x426-MM-100.jpg

日本のインビザライン矯正の先頭ランナーは尾島先生です。


その本人からインビザラインを勉強できる事は、大変うれしい事です。 

私の知識欲求を刺激してくれます。



マウスピース矯正は色々なシステムが有り、銀座矯正歯科でもこれまで300ケースほどしてきました。

インビザラインシステムは、毎年ニューヨーク大学のコースを受けています。


c070506c-5e38-49be-8371-cf6e20102af9.jpg


これからも、マウスピース矯正を勉強して患者様のニーズに応えていきたいと思っています。

2016年2月15日に、コルチコトミー矯正について講義してきました。

歯科医として、矯正専門医として若い先生方に講義ができる事は、大変なよろこびです。




日本成人矯正歯科学会認定医研修プログラムでの講義は昨年に続いて2回目となります。

DSC_02370221.jpg

1人でも多くの歯科医がコルチコトミー矯正の正しい知識を持ってもらいたいと願っています。


DSC_02380221.jpg

DSC_02360221.jpg


コルチコトミー矯正は科学です。


真実です。


患者様のデータをデジタル化することは、


・アナログより精密にデータを分析できると言うメリット
・患者様にわかりやすく見せられると言うメリット
・そして精密なデジタルデータからより精密な矯正装置を作れると言うメリット



と大きく3つのメリットが有ります。

しかし、多くの矯正医は患者様をだますツールとして使っています。



どんなにデジタル化しても、分析や治療計画は、人がします。

当然、治療方法は、ドクターの技量により異なり結果も異なります。


しかし、デジタル画像はドクターによる差を見る事ができません。


そのため患者さんにウソの結果をデジタルで見せる事になります。



このままにしていると、デジタル矯正=サギ矯正=患者をだますツールとなってしまいます。


デジタル画像で、患者さんをだまし患者を獲得する事はできますが、デジタルにより歯科
医の技術が向上し、経験数が増す事はありません。



銀座矯正歯科は、デジタル矯正のマウスピース矯正、ワイヤー矯正の2つを行っています。


a3f678af-48d6-43d6-a7f3-899867a4902211.jpg


マウスピース矯正はインビザライン、シュアスマイルの2つのシステム

ワイヤー矯正はシュアスマイルシステムを行っています。

« 2016年2月14日 - 2016年2月20日 | メイン | 2016年2月28日 - 2016年3月 5日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。