«  2016年3月 3日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年3月 3日


矯正歯科専門医への逆風が東京で起きている。



原因は、日本矯正歯科学会。


日本矯正歯科学会は、会員数からして日本の歯科学会のメジャーではない。

少ない会員数の学会の認定医、専門医が、自分たちの肩書が特別であるとネットのホームページに書きまくっている。


その上、日本矯正歯科学会の認定医専門医は、矯正歯科医院を複数院開業して、若い経験の浅い歯科医を院長にして、レベルの低い矯正治療を行わせている。

しまいには、審美歯科医院経営までしている。


こんないいかげんなことをして一般歯科医が黙っているわけがない。



最近は、専門医より一般歯科の矯正治療の方が良いということを書いているポータルサイトまで出てきました。


質の高い矯正治療をするには、認定医専門医の本人が治療室にいないとだめです。


もし、いなくても良いのであれば、こんな肩書はいりません。



だいたい、意味のない肩書で特別のようなことを書くべきではない。

一般歯科医の言っている事の方が正論です。

« 2016年3月 2日 | メイン | 2016年3月 8日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。