«  2017年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年12月28日


矯正治療で失敗しないためには、エビデンス=治療の根拠がある治療を受けることです。

forest-1834831_960_720.jpg

そのためには三流学会や三流矯正歯科医の根拠のない説明、話、ネットに書いてあるウソを信じないことです。


そして根拠がない内容を書いてあるホームページやサイトを国に通報してください。



さてコルチコトミーです。三流矯正学会、三流矯正歯科医、そしてネットの業者は必死にコルチコトミーは根拠がないと書きまくっています。



なぜ書いているか?それは商売のためで患者様のためではありません。
矯正患者という狭いパイを必死に獲得しようとさも自分たちが正しいかのようにネットに書いています。


ABO.jpg


アメリカの矯正専門医の最高峰の試験(ABO)にコルチコトミー併用矯正が出題されます。




アメリカの矯正専門医が絶対に勉強する矯正学の教科書グレーバー教授の著書の中では以下
のようにコルチコトミー矯正が書かれています。

graber.jpg

26006gure-ba.jpg


「歯槽骨デコルチケーション支援歯科矯正治療(コルチコトミー矯正)は、この10年間広く研究されて確立された効果的なテクニックである。

このテクニックは、管理下で外科的に損傷を生じさせ骨代謝を刺激するという機序で歯科矯

正治療による歯の移動を促進する外科処置と定義されている。」


これが真実でエビデンスです。


どうですか、日本語のホームページにウソが多いことが分かると思います。

notebook-2386034_960_720.jpg


この事実から歯科医である私がいつも思い出す医療裁判があります。


それは、日本の学会、そして学会長であり、大学教授が起こした薬害エイズ事件です。


アメリカの学会、英語の国際論文では使用を禁止していた非加熱製剤を学会長である安部教授が学会を通して使用を続け、約800人がエイズになり死亡した事件です。

1810669867-son-in-law-636021-KOAY-480x320-MM-100.jpg


英語の国際論文を歯科医は読んでウソを患者様に言うことをやめましょう。

2017年12月 7日


今、日本経済はバブルです。

規模は以前のバブル以上のバブル、


pool-2432044_960_720.jpg


しかし、バブル。



新しい産業が生まれたわけでもなく革新的な技術が発見されたわけでもありません。

矯正治療はどうなのか?前のバブルの時より矯正患者は増えました。
しかしわずか10%ちょっと。
その中でインビザライン希望者は増えています。


Aligner_Package5.jpg


はたしてインビザラインはバブルなのか?


近所の美容歯科、審美歯科では月のインビザライン新患数がどこも50人以上です。

すごい数です。



こんなに新患が来たら銀座矯正歯科では治療ができません。



矯正患者数が増えることは矯正歯科医にしてみれば嬉しいことです。
インビザラインの技術は本当に革新的な治療技術なのか。
そうであればバブルではありません。

AlignerProfiles.jpg


約100年続いたマルチブラケット矯正治療技術に新しい風が吹いたのです。

前のバブル経済はだれが破裂させたのでしょう?
日本の役人のやっかみによって終わったと言われています。


島国根性によるやっかみ。

インビザライン患者の増加は矯正歯科医にとって喜ばしいことです。



長期的に見れば矯正患者が増えることはその素晴らしさを実感する人が増えるのですから矯正歯科、歯科においては良い事です。

どっかの愚かな歯科医の島国根性でバブルにしないでもらいたい。


どんなに頭が良くても、ねたみは人間の性です。

特に老害の方々。

次の世代のテーマをつぶさないでもらいたい。

« 2017年11月 | メイン | 2018年1月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。