«  2018年7月 3日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年7月 3日

ポルトガルカスカイスエストリルで開催されたヨーロッパ舌側矯正歯科学会参加してきました。






19443.jpg








ポルトガルまでの旅はドバイ経由の初エミレーツ航空でした。



19533.jpg




大変に期待して乗りましたが、サービスはJALやANAの方が上でした。


またフライトとトランジットで24時間もかかりました。ただ、料金が一番安かった。




19534.jpg







ポルトガルは今回で2度目でしたが、リスボンから電車で40分ほど離れたエストリルを訪れるのは初めてで、とても楽しみでした。





19444.jpg






カスカイスはポルトガルの有名なリゾートビーチでその中のエストリルカジノで有名です。





19449.jpg






今年はワールドカップの年でポルトガルが勝っていたので街は大変盛り上がっていました。





19450.jpg









学会では多くの仲間や先輩方と会え、情報交換ができ楽しい時間を過ごせました。










私の矯正学大学院の先輩で、大学院生時代から面倒を見ていただいた洪先生に会える事は一番の楽しみでした。




19440.jpg





洪先生は韓国、ソウルで開業されていて、アンボイニと言う裏側矯正装置を開発しています。




もご存知の通りFLBと言う裏側矯正装置を開発しています。




簡単に開発と言いますが一つの矯正装置、矯正システムを開発、発展させるには大変多くの時間とエネルギーが必要となります。

また莫大なお金もかかりますし、家族の犠牲もあります。

私を突き動かしているのは、矯正歯科の専門医としての倫理観自分の宿命です。


ただただ患者さんを治して差し上げたい気持ちで、休む事なく仕事をしています。







私の裏側矯正歯科医のこだわりは、



日本人にあった裏側矯正装置FLBを使い、



日本人にあったシステムFLOSで、



美しく短期間で治療する事で、



それを実現するには、診療所を一つにして、常に私の考えが行き渡るようにしています。






医院を幾つも経営している方が経営的に安定し利益が大きいですが、

目の届かない日が増えてしまいます。



そのために当然治療の質が下がります。




日本人の好きなサービスの質は維持できても、治療の質医者の経験勉強量と才能に左右されます。





私の矯正歯科専門医としての倫理観が許しません。







今年の学会のメイントピックデジタル矯正でした。




19536.jpg




デジタルシステムの中で最も講演が多かったのがシュアスマイルでした。

銀座矯正もシュアスマイルのシステムを採用しています。





デジタルとはなんなのか?


どんな事ができるのか?



と基礎からシュアスマイル矯正の臨床症例の発表までありました。







時代はデジタルシュアスマイルシステムです。





19537.jpg







また驚きの新しい出会いがありました。


朝一番のブレックファーストセッションでコルチコトミー、コルチシジョン併用のシュアスマイルケース発表がありました。






外科担当はトリアッカ先生






え!



講演者の診療所の場所を確認するとスイスのチュウリッヒ。




もしかして、ピラミッドクリニックトリアッカ?






講演者に確かめてみるとそのトリアッカでした。



話していると彼が私と昔会った事があると言い出しました。




19538.jpg






数年前まで毎年スイスのチューリッヒのピラミッドクリニックに外科の勉強に行っていました。


行く度に彼と提携している矯正歯科専門医に連れて行ってくれました。


その中の1つの矯正専門院の院長でした。




世界は狭い。








今回の学会は学会内容以上にパーティーが凄かったです。



19441.jpg





流石ヨーロッパと言わざるをえません、文化の成熟度が違っています。





19442.jpg






学会期間中にディナーパーティーが二回行われ、




19445.jpg





どちらも見ごたえあるショウと素晴らしい料理がありました。





19447.jpg






ただ最終日のパーティーの時間がワールドカップのポルトガル対ウルグアイとの試合とぶつかってしまいタクシーが働いておらず、パーティー会場に間に合わなかった先生がいました。





19446.jpg





パーティーの間にポルトガルが負けたのは残念でした。










ヨーロッパ舌側矯正歯科学会システムを紹介します。





この学会には2つのカテゴリーがあります。



最初がアクティブメンバーで日本では認定医に対応します。


そして次のカテゴリーがティチュラーで日本では専門医に対応します。






厳密には同じでないですが、日本でカテゴリーがないのでこのように考えられます。



私は両方の肩書きを持っています





19451.jpg






« 2018年6月25日 | メイン | 2018年7月17日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。