«  2020年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 飛沫感染対策 | メイン | 歯科医院でコロナウイルス感染 »

2020年4月30日

歯科医院でのコロナウイルスの感染

スタッフから患者さん、

患者さんからスタッフへと

2つの流れが有りますが、

どちらがより危険かと言うと

患者さんからスタッフへの感染です。


ウイルス イラスト イラスト素材 [ 5823330 ] - フォトライブラリー ...嬉野市|新型コロナウイルス感染症対策について




スタッフは毎日体調管理をチェックして、

熱、咳、など体調不良のある場合は

出勤していません。





また治療中は

マスク、グローブ、フェイスガード、

オペ用ガウンを着用し、

イソラピッド、シトラバスター、

アルコール、次亜鉛素酸水の消毒薬

ふんだんに使用して

自分の身の回りや患者さんの

身の回り(待合室の椅子や

デンタルチェアなど)を清潔にしています。

使用する器具

ガス滅菌器と加熱蒸気滅菌器

(オートクレーブ)により滅菌をしています。



hUeg7s2g.jpeg

NWubGmrQ.jpeg

BFz3CaYw.jpeg




口の中で使う器具だけでなく

使用する水そのものが滅菌水です。

知ってますか?ペットボトル水と水道水 ーここが同じ!ここが違う!ー ...


医院の中は噴霧された

次亜鉛素酸水とプラズマクラスター

充満させています


VIeNdl_Q.jpeg



またコロナウイルスの疑いのある感染者を

入室させない事が最も重要と考え

熱、咳、海外渡航歴のある方、

マスクをしてない方に

ご遠慮ねがっています。


お辞儀をしている医者のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.ginzakyousei.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/1392

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。