銀座矯正歯科 トップへ » 当院の矯正治療について » 治療スピードコントロール

出展「矯正歯科治療のためのコルチコトミー」 著者:深澤真一
編集:Federico Brugnami,Alfonso Caiazzo

真実の「スピードコントロール」 矯正治療期間の短縮へ

スピード・デジタル・矯正歯科01

成人の矯正は子供の矯正にくらべ順応性が低いため、大きな歯の移動には時間がかかってしまうのが一般的です。しかし、矯正をお考えの患者さまからは「結婚式に間に合わせたい」「デビューがもうすぐ」「就職の面接が迫っている」など、様々な理由から短期間での矯正治療を望む声が多くあります。

そのニーズにおこたえする最先端の治療法が「スピードコントロール」を最大限に応用した矯正治療です。
1996年、歯を削ったりせず歯を動かすことにより、その人のニーズにあった期間で治療することを「スピード矯正研究会」で定義したのが院長の深澤真一です。
当院では1996年よりコルチコトミー法をとり入れ、1999年よりヘミオステオトミー法を併用することによって、現在の深沢法という新手術法を確立しました。

この治療法は人間の自然治癒力を高めながら、無理のない短期間での矯正を可能にする画期的な治療法です。当院では患者さまのニーズに合わせて治療期間のスピードコントロールをすることができる治療法として、常に新しい技術を取り入れています。

単純に早さだけを追い求めているわけではありません。あくまでも、患者さまの望みを念頭に置き、カラダへの負担できるだけ少なく、満足の高い仕上がりをめざして治療に取り組みます。

最短6か月で終わるスピードコントロール技術を応用した矯正治療

スピード・デジタル・矯正歯科02最短6か月で終わる「矯正のスピード治療」はHemiosteotomy ヘミオステオトミーと Implant インプラントを併用することにより、その人のニーズにあった矯正治療期間のスピードをコントロール出来る、深澤真一により考えだされた矯正治療法です。

この治療法は術後の腫れもおさえられ、ほとんどの症例に対応する治療方法ですが、現在の矯正学において最先端の治療であるため、この矯正法を治療に取り入れることができる歯科医はまだまだ少ないのが現状です。

また、コルチコトミー手術を併用した舌側矯正(裏側)でこのように短期間で治療を終了した症例は世界でもまれであり、世界レベルにおいても、この技術には追いつけず、そのため、院長の深澤には各国から講演の依頼も殺到しています。

現在までに400症例以上行っているスピード重視の矯正ですが、当院のドクター・スタッフは院長を中心に、治療方法に対して慢心することなく、常に研究を重ねることで、その精度をより高めることに真摯に取り組んでいます。

こんな方にお勧めです!・ 矯正で時間がかかるのは嫌...という方
・ 歯を削って治すのは嫌...という方
・ 結婚や就職を間近に控えている方

このような方は、ぜひ当院にご相談ください。
あなたのニーズにお応えする技術と情熱が、当院にはあふれています。

スピードコントロール/矯正治療のメリット

スピード・デジタル・矯正03コルチコトミーは一度切った骨は、回復すると以前よりも丈夫になるという性質を利用した矯正治療法です。コルチコトミーだけでは従来の矯正法と治療期間の差がほとんどありませんが、当院では、ヘミオステオトミーとインプラント矯正を併用するスピードコントロールの矯正治療技術により、適応症においては成人矯正の期間を約1/2~1/4に短縮することを可能にしました。

短期間で矯正治療が終了します
最短6か月での矯正歯科治療が可能です。また、保定装置をつける期間も短くてすみますので、矯正装置を装着することによる違和感や苦痛を軽減することができます。

抜歯をしなくても良いケースが増えます
歯を並べる骨(歯槽骨)の基底部分を拡大させることができますので、従来の矯正では抜歯が必要だった部位でも、抜歯をせずに治療できるケースが多くなりました。

歯根吸収を抑えることができます
矯正歯科治療のリスクのひとつに、歯根吸収があります。ワイヤーで歯を動かす間に歯の根のこう先端が溶けて丸まってしまう現象で、原因ははっきりとは分かっていません。矯正歯科治療において歯根吸収は避けられないと言われていますが、無理な力をかけなくても良いスピードコントロールを用いた矯正治療なら、歯根吸収を抑えられます。

コルチコトミー/ヘミオステオトミーについて
インプラント矯正について

 

スピード治療の矯正治療例

スピード治療の 矯正治療例/上顎前突
スピード・デジタル矯正04

37歳1か月の女性
治療期間:7か月
施術:コルチコトミー、オステオトミー
装置:プレートタイプのインプラントアンカー


スピード治療 矯正治療例/反対咬合
スピード・デジタル矯正05

27歳2か月の女性
治療期間:6か月
施術:コルチコトミー
装置:プレートタイプのインプラントアンカー

詳しくはこちら

【スピード重視の矯正】治療の進め方について

HIスピード・デジタル矯正06具体的な治療計画・具体的な治療費は、診査(検査および診断)後にご提示しています。
矯正歯科治療はただ歯をきれいに並べることではなく、顔貌のバランスも考慮しながら正しい咬み合わせを作る歯科治療です。まずはカウンセリングをご予約ください。

「スピード重視の矯正 治療の流れ」を読む

スピード重視の矯正をお考えの方に気をかけていただきたいこと

充分なトレーニングを積んだ矯正歯科医が少ない
最近「スピード・デジタル矯正」という言葉が広まり、広告などに多く見られるようになりました。しかし、十分なトレーニングを積んだ矯正歯科医は、はっきり言ってほとんどいません。スピードコントロール/矯正治療期間の短縮に興味を持たれた方は、症例数、実際に終了までにかかった期間など、きちんと情報収集して、安心して治療を受けられる矯正歯科医を選ぶことが大切です。

本物の「矯正スピードコントロール」をお探しなら、ぜひ当院にスピード・デジタル・矯正歯科07
コルチコトミーを併用した成人矯正は神経や血管を傷つけないように細心の注意が必要で、外科の専門知識が要求されます。正しく矯正治療期間の短縮/スピードコントロールを行うには、歯列矯正と口腔外科、歯周外科、インプラント科のすべてにおいて、専門性の高い技術が必要なのです。

また、一人のドクターがすべて(矯正治療と外科手術)を行わないと治療はうまくいかない場合も多く、治療期間が長くなる可能性は高くなります。また長くなった場合どちらに原因があるかはっきりしないというリスクもあります。

当院では院長の深澤を中心に、患者さまひとり一人のすべての治療を把握し、責任を持って矯正治療に取り組みます。本物の「矯正スピードコントロール」をお探しという方は当院にご相談ください。治療に向かうあなたの気持ちを尊重し、些細な疑問や不安にも自信を持ってお応えします。

カテゴリー一覧

すべての診療は予約制となっております。まずは資料請求を。

カウンセリングをおこなっております

銀座矯正歯科 トップへ » 当院の矯正治療について » 治療スピードコントロール


コールバック予約

PAGE TOP