美しい歯並びをめざして

  • HOME > 
  • 美しい歯並びをめざして

美しい歯並びをめざして

あなたの目的は何ですか?

なぜ、あなたは矯正治療をしたいと感じたのですか?かみ合わせを正すためですか?

当院に来院されるほとんどの患者さまは、口唇の出っぱりや歯の出っぱり、ガタガタを美しくしたいと言います。物が食べられないから、機能的なかみ合わせにしてくれという方はまれなケースです。矯正治療をお考えの方の多くは、顔、口唇、歯を美しくしたいと思っています。

究極の美しい歯並びの追求

多くの患者さまの本当の願いは美しくなることです。私は患者さまのその願いをきちんと叶えたいと思っています。そのためには、美しさについて勉強しなければなりません。

満足の行く結果のために努力することは当然です。したがって、当然のことながら美容外科にも参加するし、形成外科とチームを組んで治療しているのです。美しい仕上がり(結果)にはわけがあります。

矯正治療の限界

顔、口唇、歯を美しくするには、矯正学だけでは限界があります。まず、歯の色・形には無力です。スマイルを美しくするにも矯正装置だけだと時間がかかってしまいます。しかし、インプラントを併用すると、理想的なスマイルを作ることができます(インプラント矯正)。また口唇の突出の調節にもインプラントが必要です。インプラントを併用すると細かい調節ができるため、大変満足のいく口唇の形態に仕上げることも可能です。また、顔の全体のバランスを美しく調整するには顎外科手術が必要な場合もあります。

審美歯科

美しい口もとを作るには、インプラント学、歯周形成学、セラミック学、矯正学、形成外科学など様々な分野を統合しなければなりません。そこで必要になってくるのが、高いレベルの審美歯科です。審美歯科と言うと単にホワイトニングやセラミックをイメージされる方もいるかもしれませんが、高いレベルの審美歯科は、まったく異なります。

咬合学=かみ合わせ学

歯科治療の大前提にかみ合わせがあるのは当たり前です。歯科医として当然です。私がインストラクターをしている、PGIのホームページを確認してください。
寿谷教授は、咬合学の世界的権威です。

矯正治療によるフェイシャルプランニング

矯正のフェイシャルプラン

矯正のフェイシャルプラン歯並びを整えるだけでなく、バランスのとれた美しい笑顔を」と願う患者さまのために、フェイシャルプランに重点をおいて治療を進めさせていただくことも可能です。ただし、顔全体のバランスを美しく調整するには矯正治療のみでは限界があり、形成外科、美容外科、口腔外科とのコラボレーションが必要となります。

顔を横から見て、鼻とアゴの先端を結んだ線をEライン(エステティックライン)と言います。Eライン上に沿って、口もと、アゴの両方がきれいに並んだ状態が一番美しいと言われています。もちろん、人それぞれ好みがありますので、一人一人に合ったご希望のラインに近づける為にどんな治療法が最適かを考えます。

目的別プログラム

ブライダルプログラムについて

結婚式に間に合う歯列矯正

全てが輝かしく映る時、美しい素敵な笑顔を残しておきたいと思いませんか? 今まで矯正を後回しにしてきたために、式が決まってからどうしよう?と悩んでいる方のためのブライダルプログラムです。

ブライダルエステ感覚の矯正歯科治療

6ヶ月から9ヶ月前であれば、間に合う可能性があります。当院は短期間を目指した矯正治療を専門に治療をおこなっており、結婚式などゴールに合わせた治療プランを患者様ごとに設計しております。式に間に合わせるために健康な歯を削る差し歯の治療で済ませてしまう方も多い中で、矯正治療でも間に合う可能性があることを是非知っていただきたいと思っています。

無理な差し歯の場合、その場で一時の美しさを手に入れることはできますが、健康な歯を無理な形に削ってしまうので、歯の寿命が短くなってしまうというデメリットがあります。 一度削ってしまった歯は、二度と元に戻せません。

挙式前に短期間にブライダルエステに通う女性が増えているようですが、エステ感覚の短期間のブライダルプログラムを受けてみてはいかがでしょうか?

目的別プログラム

スマイルプログラムについて

笑顔が素敵と言われたい・・・!

笑顔が素敵と言われたい・・・!第一印象を決める素敵な笑顔のために、きれいなスマイルラインを作りましょう。
スマイルラインとは、笑顔をつくった時に見える上顎の前歯先端を結んだラインのこと。
このラインと、下唇の曲線がゆるやかな弧を描いていると美しく見えます。

当院では、美しいスマイルラインを手に入れていただき、スマイルエクササイズで素敵な笑顔つくりを行っています。スマイルエクササイズは、顔の表情筋を鍛えることで口角が上がり、スマイルラインを整えるエクササイズです。

スマイルエクササイズ

銀座矯正歯科では、矯正をされている皆様に、治療の合間を縫ってスマイルエクササイズという、矯正装置が外れた後にきれいな口元で、いい笑顔ができるようにと笑顔の練習をやっています。

顔はコミュニケーションだと言われていますので美しい歯並びで心おきなく笑えるようになりましょう。

「スマイルエクササイズ資料」
ダウンロード

笑顔をキープするエクササイズ

笑顔をキープするエクササイズ思いっきり笑い、笑顔を作ったら、口角をしっかり押さえます。
顔の他の部分の筋肉は力を抜くようにして下さい。

10秒間キープ

「笑顔をキープするエクササイズ」
の続きはこちら

※ PDFファイルを印刷してご利用下さい。

キレイな笑顔をつくるエクササイズ

キレイな笑顔をつくるエクササイズ自分で笑顔は作らず、両手の人差し指で笑顔を作るのがポイントです。
口唇の力を抜いた状態で、口角を人差し指で持ち上げ、小さな笑顔を作ります。

10秒間キープ

「キレイな笑顔をつくるエクササイズ」
の続きはこちら

※ PDFファイルを印刷してご利用下さい。

素敵な目元をつくるエクササイズ

素敵な目元をつくるエクササイズ眉を上下に動かします。
この時、上まぶたの筋力が緊張するよう意識してください。

「素敵な目元をつくるエクササイズ」
の続きはこちら

※ PDFファイルを印刷してご利用下さい。

口元を引き締めるエクササイズ

口元を引き締めるエクササイズ口のまわりのシワ防止にも効果があります。
人差し指と中指の2本の指で口角を押さえ、口唇を前につき出します。

「口元を引き締めるエクササイズ」
の続きはこちら

※ PDFファイルを印刷してご利用下さい。

ほうれい線を消すエクササイズ

ほうれい線を消すエクササイズ

  1. 右の頬を8回膨らませます。
  2. 左の頬を8回膨らませます。

「ほうれい線を消すエクササイズ」
の続きはこちら

※ PDFファイルを印刷してご利用下さい。

予防プログラムについて

予防プラグラムは、大切な歯科治療の一貫です。
予防は「自分ですればいいもの」と思っていませんか?

予防プラグラムを生活に取り入れている欧米では、80歳になっても自分の歯を20本以上持っている人がほとんど。同じ80歳でも平均6本の歯しかない日本人と比べ大きく違っています。歯がなくなる原因の多くは虫歯歯周病です。

予防プログラムは、あなたの歯や口元を虫歯や歯周病から守るための知識・技術・情報を提供し、自分のブラッシングでは磨きにくい部分を専門の機材を使いクリーニングし研磨します。当院では、矯正治療を全て把握した歯科衛生士が処置を行いますので、矯正を装着した後の予防プログラムもきちんと行い、管理していきます。少なくても半年に一度は定期的に受けるようにしましょう!

予防プログラムの進め方

  1. 歯周ポケット測定・レントゲン検査
  2. 唾液検査(サリバテスト)・細菌検査
  3. 歯磨き指導(プラークコントロール)・食生活習慣などの指導
  4. スケーリング・ルートプレーニング・PMTC
  5. 再評価

目的別プログラム

ホワイトニングについて

白くきれいな歯を手に入れると

当口元からこぼれる白くきれいな歯は、微笑みに自信がもてるのはもちろん、他人の心まで笑顔にし、人生を豊かにしてくれます。口元が若返ります。
当院では深澤理事・顧問のこだわりでアメリカから直接薬を取り寄せ、効果の高い新しいものを患者さまに提供しています。

ホワイトニングには、 自分で間単にできるホームホワイトニング、当院で行うオフィスホワイトニングがあります。

ホームホワイトニング
特徴
  • 自宅で簡単にできる
  • 当院に足を運ぶ回数が少なくてすむ
  • 歯の色調を自分で調節できる
  • 白くなりにくい性質の歯の色も白くできる可能性がある
オフィスホワイトニング
特徴
  • 即効性がある
  • 通院回数が多くなってしまう
  • 1回の処置である程度の白さを得られる

カイロプラクティック併用療法について

私は全身と咬み合わせに1990 年より興味を持ち、勉強してきました。私の手技療法である整体やカイロプラクティックへのめり込むきっかけは、日本歯科大学顎関節センターの丸茂先生でした。 丸茂先生の顎関節と咬合の勉強会に3年ほど参加していると、全身と顎関節や咬合が関連深く、手技療法や運動療法が治療として必要であることを学びました。

そして丸茂先生より、構造医学(手技療法のグループ)の吉田先生を紹介してもらい、1997 年まで長期に渡って手技療法を勉強してきました。その頃、米国でも同じような流れが起こり、矯正治療と同時にカイロプラクティックを一緒に行うと様々な不定愁訴が改善し、良い結果になるという報告がされていました。

そこで私は一度、正式にアメリカのカイロプラクティックを勉強しようと大川カイロプラクティック学院に入学し、大川先生の指導を受けました。その当時、私は自分で矯正治療とカイロプラクティックや整体を行っていましたが、歯科医院で全身を触る手技療法は不適切であるという指導を受け、当院での手技療法を中止してしまいました。

深澤真一 × 大川泰 (対談)

歯の矯正とカイロプラクティックの同時治療で、その人本来の元気な体を作れると思う。

大川:
「深澤先生と出会ってから、5年ほどになりますか?」

深澤:
「そうですね。僕が大川先生のセミナーを受けに行ったのがきっかけ。僕は歯の噛み合わせと全身のバランスが深く結びついていると思って、歯の矯正治療に整体を取り入れてやってきたから、カイロプラクティックにとても興味があったんです。」

大川:
「歯の矯正に、カイロプラクティックを取り入れる歯科医さんは少ないでしょう」

深澤:
「ええ。噛み合わせが合わなくて、顔全体のバランスが崩れているから歪むというのは考えられない。体全体の筋肉のバランスが崩れているから歪む。そういう人たちの歯を矯正して治しても、歪んだ体には合わないから不都合が起きる。だからカイロプラクティックで体のバランスを整えれば、より良い方向へ向かうと考えているんです」

大川:
「相乗効果というわけですか」

深澤:
「そうです。両方の面から治療を施した方がいいと思います。自然治癒力を高めるというか。実際に患者さまの中にてんかんの方がいたんだけど、矯正と同時にカイロプラクティックをやったら、転換が治った例もあるんです」

大川:
「そづえすか。てんかんの患者さまは、腰のだるさを訴えたりするんです。体に力が入るから筋肉が硬直して痛みが出てくるから。痛みを取っていい方向へ持って行ってあげることで、その人の自然治癒力が高まって治るということが言えると思います」

歯科医とカイロプラクターが協力して治療効果をあげる。アメリカではそれが当たり前です。

深澤真一深澤:
「でも、患者さまに大川先生のところで治療を受けるように勧めるんだけど、なかなか行ってくれないんですよね。
というのも、カイロプラクティックの効果を信じていない。
日本はカイロも整体も按摩も他の方法も、すべてがごっちゃになってるでしょ。
アメリカでは、カイロプラクティックは大学で学ぶものだけど、日本ではそれがないし、患者さまも分からない部分が多いから不安になるんじゃないかな。
アメリカではすでに、歯の矯正とカイロプラクティックがタイアップして治療を行っているし、歯科医の教科書にもカイロプラクティックが載っているんです」

大川:
「アメリカで当たり前のことが、日本ではまだまだということですね。カイロプラクターと歯科医が協力して患者さまを診ていく。 遅かれ早かれ、日本もその方向に向かうのではないでしょうか」

深澤:
「そうですね。そうなるためにも、若い私たちがもっと頑張らないと」

大川:
「まったくその通り。お互い協力し合って、より深い理解と効果を上げていきたいですね。
頑張って行きましょう」

大川泰プロフィール

大川泰

1963年 静岡県浜松市生まれ
1987年 一橋大学法学部卒業
1994年 米国ナショナルカイロプラクティック大学卒業 イリノイ州開業資格取得
現在
  • 大川カイロプラクティックグループ代表
  • 日本トリガーポイント学会会長
  • 日本カイロプラクティック医学協会理事

すべての診療は予約制となっております。まずは資料請求を。

矯正歯科治療はただ歯をきれいに並べることではなく、顔貌のバランスも考慮しながら正しい咬み合わせを作る歯科治療です。
患者さまの症状やご希望に合わせて様々な治療プランをご提案いたします。
まずはカウンセリングでご相談ください。

expand_less
TOP

03-3567-545403-3567-5454

初診専用24時間WEB予約24時間WEB予約

LINE相談LINE相談

資料請求