銀座矯正歯科 トップへ » 当院の矯正治療について » コルチコトミーとは » コルチコトミーの歴史と実績

コルチコトミーの歴史

コルチコトミーの歴史は古く100年以上前の1893年にさかのぼります。
Dr.ブライアンやDr.カニングハムにより発表されていますが、あくまでも部分的な矯正への応用でした。その後1973年に米国ロマリンダ大学教授である、Dr.寿谷により全体矯正への応用として発表されました。

世界の寿谷、PGIDr.深澤Dr.寿谷
コルチコトミー併用矯正において、Dr.寿谷の論文や本がすべての原点となっています。500例以上のデータに基づいており、30年以上の予後がでています。彼はこの方法を日本においてPGIと言う、教訓機関を作り指導してきました。しかし現在、病気により休んでいます。

Dr.深澤はPGIの卒業生であり、現在Dr.寿谷の後を引き継いでPGIの常任理事インストラクターとなり、若い先生方に寿谷法コルチコトミーを教育しています。

世界の流れハーバード大学にて
世界的にコルチコトミー併用矯正がブームになっています。その手術法、矯正法の元はすべてDr.寿谷による論文や本です。米国人は東洋人であるDr.寿谷の名を抹殺し、自分たちがオリジナルであるかの様に、新しく名前を治療法につけました。それが、AOO、PAOO、ウイルコドンティックです。

しかし、どれも寿谷法にしかすぎず、改良法と言うより改悪法です。一部の米国人、日本人、韓国を含むアジア人、ヨーロッパの人々からもこの改悪法への批判が高まっています。

米国でのコルチコトミー Dr.fa-gasonn アメリカでのコルチコトミー
私は、2000年にセントルイス大学、2004年にハーバード大学でコルチコトミー変法のコースを受講しました。しかし、矯正治療のために人や牛の骨を薬として使用する、米国の方法に納得いきませんでした。私の娘だったら絶対させません。寿谷法コルチコトミーは、実績もあり、30年後のどの様になるか長期的結果が出ているので安心です。

コルチコトミー併用矯正について書かれた教科書世界で初めてコルチコトミー併用矯正について書かれた教科書です。
著者:寿谷 一先生
1991年出版
コルチコトミー併用矯正について書かれた教科書日本で初めてコルコトミー併用矯正について書かれた教科書です。
総責任者:寿谷 一先生
著者の一人:Dr.深澤
2001年出版

コルチコトミーの歩み

1973
Dr,寿谷 AAR(Ameican Academy of Restorative Dentistry) にて コルチコトミー併用矯正について講演。
1983
Dr,寿谷 AARにて再び講演。
1991
Dr,寿谷 国際矯正学会(ドイツ) にてコルチコトミー併用矯正について講演。
1995
Dr,寿谷の講演会参加。
1998 Dr.SUYAと
1996
コルチコトミー併用矯正を始める。
1997
Dr,寿谷に師事し、コルチコトミー併用矯正の勉強を始める。
1999
Dr,深澤 オステオトミー併用矯正を始める。
2000
アメリカ・セントルイス大学に留学。
ファーガソン教授のもとで、AOO(コルチコトミー)の勉強をする。
2000年セントルイスにて
2001
Dr,寿谷のコルチコトミー併用矯正について書かれた教科書「矯正治療への生体力学と生物学の基本原理」
著 寿谷 一、深澤 真一 他
世界で初めてコルチコトミー併用矯正について書かれた教科書を、Dr,寿谷の監修で邦訳。コルチコトミー併用矯正の原点といえるDr,寿谷とDr,深澤が著書の一人として参加。
2001
ファーガソン教授来日。ファーガソン教授をDr,寿谷に紹介する。
2001年東京タワーにて
2002
この年から定期的にDr,トリアッカのもとで、オステオトミー併用矯正の勉強をスイスで行っている。
Dr.Triaca
2002
産経新聞朝刊でスピード重視の矯正が紹介される。
2002年チューリッヒにて
2004
アメリカPRD学会でDr,ウィルコ兄弟のAOO(コルチコトミー)の講演会参加。
2005
スピード矯正研究会 発足。
2005
「歯列矯正はドクターで選べ」出版。
2005
アメリカハーバード大学にてDr,ウィルコのAOO(コルチコトミー)のコース参加。
2006
Dr,ケビン・マーフィー来日。PAOO(コルチコトミー)の講演会参加。
2006年 Dr.マーフィーと
2006
この年から定期的に韓国キョンヒ大学を訪問し、パーク教授から コルティシジョン・コルチコトミーの勉強を行っている。
2006年パーク教授と2007パーク教授とキョンヒ大学にて
2008
アメリカニューヨーク大学Dr,セレンザの最新のインプラント矯正の講義に参加。
2008年 Dr.セレンザとNY大学にて
2008
Dr,ウィルコ来日。Dr,ウィルコのPAOO(コルチコトミー)の講演会参加。
2008年 Dr.ウィルコと
2009
スピード矯正研究会 in ソウル。
韓国キョンヒ大学パーク教授に最新のスピード重視の矯正の講義をしてもらう。
2009年 パーク教授特別講演
2009
アメリカボストン大学歯周病科 久世教授によるPAOO(コルチコトミー)の講演。
以後定期的にスピード矯正研究会にて勉強会を主催。
2009年 Dr.久世特別講演

カテゴリー一覧

すべての診療は予約制となっております。まずは資料請求を。

カウンセリングをおこなっております

銀座矯正歯科 トップへ » 当院の矯正治療について » コルチコトミーとは » コルチコトミーの歴史と実績


コールバック予約

PAGE TOP