«  2017年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年4月29日

アメリカのサンディエゴで行われたアメリカ矯正歯科学会に参加してきました。


AAO2017-1.jpg


プログラムの赤いラインは全てコルチコトミー関連の講演です。

コルチコトミー併用矯正は今やアメリカのメインテーマです。

日本の三流矯正学会や、三流教授のコメントに騙されないでください。



嘘の情報が流れる理由は3つあります。

①英語がわからない

②自分にとって都合の悪い事なので患者さんに歪曲して情報を流したい

③勉強不足


AAO2017-2line.jpg


AAO2017-3line.jpg


AAO2017-4line.jpg


10410aa0.jpg


コルチコトミーは3つのテーマ(主題)に分かれます。


①は顎骨、歯槽骨の拡大。

②は歯を早く動かすこと(ATM)。

③は成人矯正の問題の軽減です。


この3つのテーマ全てが米国矯正学会の会場でセッションが行われました。


よろしいですか?エビデンス(根拠)上、コルチコトミーにより安全に歯は早く動きます。



10412aao.jpg


コルチコトミーをしたから骨が弱くなったり歯が抜けたりはしません。


そんな低レベルな話題は米国矯正歯科学会においてありません。


10413aao.jpg



日本では、三流矯正歯科学会と三流教授がしていますが、アメリカではありません。

ただ、このような状況は日本では珍しいことではありません。



10414aao.jpg


薬害エイズ事件の安部教授と日本の血友病学会を思い出してください。


アメリカの学会、論文では危険だと言われていた非加熱製剤を当時血友病学会会長であった安部教授が学会長として問題なしと使い続けたため、約800人がエイズにかかり死亡しました。


10415aao.jpg




医学は教授の一言で決まるのではなくエビデンスです。


しかし日本の教授や学会はエビデンスを無視しました。


日本の歯科医は薬害エイズ事件から学びましょう。




10416aao.jpg


またエビデンスを無視している学会や教授をアカデミーという学問の場から追放しましょう。

歯が早く動くというエビデンスは確立しています。


10417aao.jpg



次のテーマとしてはどうしたらより低侵襲で効率よく動かせるか?

また成人矯正のリスクを減らすにはコルチコトミーをどのように併用するかなどが発表されました。





成人矯正は子供の矯正とは違います。成人の80%が歯周炎です。欠損


歯があります。骨が少なくなっています。骨代謝が悪いです。

成人の60%に歯肉退縮があり、その内の80%が進行性です。


何も対応せず矯正治療することは考えられません。


これらの問題を一度に解決できる方法がコルチコトミーです。


成人の総合歯科診療の中での矯正歯科治療には必然的にコルチコトミーは併用されます。

アメリカの学会では主題となっています。


コルチコトミーのウソの情報を流す歯科医は歯科医を辞めるべきです。



10411aao.jpg

バイブレーションによる歯牙移動促進


スピード矯正研究会をサポートしていただいているハーバード大学アリカニ教授の講演がありました。


IMG_20170503_0002_NEWvpro.jpg

バイブレーション装置により歯牙移動が促進されることの基礎理論でした。


簡単に言えばサイトカインセオリーです。

が開発した装置はVPro5といい、50~60Hzのバイブレーションにより歯牙移動を促進させます。


IMG_20170503_0001_NEvproW.jpg


アクセルデントが30Hzですから全く違う周波数です。

銀座矯正歯科ではより効果の高いVPro5を患者さんに提供しています。

bookhyousi.jpg

DSC0276400.JPG


銀座矯正歯科院長監訳の本『矯正歯科治療のためのコルチコトミー』がアメリカ矯正学会でコルチコトミーのエビデンスとして紹介されました。


2017年4月11日


先日出版社の方と「Textbook of リンガルブラケット矯正法(FLB)」について打ち合わせをしました。


これまで何冊か本を出版してきましたが、待望の裏側矯正治療の教科書です。

bookhyousi.jpgのサムネール画像




今まで多くの歯科医の方を指導してまいりました。

裏側矯正はアンカーインプラントを手術しなくても美しく短期に治療することができます。


a75b0798-46af-4e6f-8281-946bc2ad415a-700x417.jpg


指導した先生方から、先生から習った方法で今までの失敗が無くなったと言って頂くことが増えてまいりました。



裏側矯正FLBを使用したFLOS=深沢リンガルブラケットシステムは嘘のない治療結果を約束できると思っています。

期待してください。

2017年4月 8日

IMG_20170414_0004.jpg

診療ガイドラインが何たるかを理解できない医者は患者さんを治療すべきではありません。

歯科医の多く、ことに偉そうにしている方ほど理解していません。




来たる4月23日診療ガイドラインの講演が兵庫県保険医協会歯科部会で行われます。
IMG_20170408_000611.jpg

IMG_20170408_0007.jpg

矯正治療のガイドラインが一つだけ「医療機能評価機構Minds」に載っています。

2017年4月 7日


先日3月31日にスピード矯正研究会でUCLA矯正科教授のMoon先生に外科的侵襲による矯正のスピード治療の講演をしていただいたことはブログに書きましたが、



その後、この講習内容について韓国キョンヒ―大学の矯正科教授のパーク先生にLINEしました。

パーク教授2.jpg


パーク教授は矯正学の一流雑誌にコルティシジョン、ピエゾパンクチャーによる矯正のスピード治療の論文を書いた先生です。

IMG_20170408_0001.jpg


もうすぐ米国矯正歯科学会なので、最後に学会でまたお会いしましょうとメールを送ったら、今はキョンヒ―大学の学長で、学長は大学を離れることができないとメールで返ってきました。


びっくりです。



矯正科の教授で韓国矯正歯科学会の元会長であった先生が今はキョンヒ―大学の学長、すばらしいです。



パーク教授は私のメンターの一人でいつも私のスピード治療を励ましてくれます。

パーク教授1.jpg


スピード矯正研究会を米国矯正歯科学会に紹介もしてくれました。



矯正歯科学は学問です。

科学です。


科学、学問に国境はありません。


また身分もありません。




しい学問、科学をすれば私のような一介の矯正歯科の開業医であっても対等にLINEによるチャットやディスカッションもできます。


8764.jpg

米国UCLA大学教授のMoon先生も同じです。

2017年4月 4日

901420170404.jpg



3月31日、スピード矯正研究会においてコルチコトミー、コルチシジョン、コルチパンクチャー、マイクロパーフォレーション、レーザーなどの骨への刺激により歯を速く動かすための講演を米国UCLA大学矯正科教授Moon先生にしていただきました。

9015 201704042.jpg


現在、歯を速く動かすには様々な方法が用いられていますが、最もエビデンスのある方法がコルチコトミーをはじめとする外科的な侵襲です。



講演の中でもMoon教授がおっしゃっていました。

9016 2017040403.jpg


今最新の矯正のスピード治療はコルチパンクチャー+レーザーによる方法ではないでしょうか!




最小侵襲の外科処置を与え、その後、光(レーザー)によりその侵襲を維持していく方法が今後発展していくでしょう。




銀座矯正歯科では始めていますが!


いずれにしても、スピード矯正研究会以外の先生方は矯正治療期間の短縮には興味が無いでしょうし、そのような技術はないでしょう。



患者獲得のために勝手にスピード矯正研究会をかたっている先生方がいますが、やめてもらいたい!



しっかり勉強して技術と知識を磨かないとできませんし危険です!



日本の三流矯正歯科学会がコルチコトミーは危険だとか、歯が速く動かないとか日本人が英語が読めない事をいい事に嘘の内容を学会ホームページに書いていますが、全ての内容が間違っています。



米国UCLA大学の教授が嘘の講演をしますか?


よく考えなくても分かる事です。




矯正期間をコントロールするには絶対に4つの要因をクリアーにしないと不可能です。


①歯科医の技量


②治療計画


③患者様の協力


④歯を速く動かす

« 2017年3月 | メイン | 2017年5月 »

院長 深澤 真一

銀座矯正歯科
院長 深澤 真一
http://www.ginzakyousei.com/

当院では、舌側矯正3,000症例以上の高い実績をはじめ、スピード・デジタル・矯正やインプラント、審美、歯周治療など包括的な歯科治療を行なっています。都内/関東圏はもちろん、全国から多くの患者さまが当院の矯正治療を受けにいらっしゃいます。

患者さまは20代から60代と幅広く、お子さまの矯正ももちろんお受けしています。銀座矯正歯科は、望まれる患者さますべてに、世界トップレベルの矯正治療をお届けしています。