• HOME > 
  • ブログ > 
  • ゴムかけをサボるとどうなる?矯正治療の遅…
2024.06.20

ゴムかけをサボるとどうなる?矯正治療の遅れとリスクとは?

1.こんなお悩みありませんか?

矯正治療を進める上で、多くの患者様が抱えるお悩みの一つに「ゴムかけ」があります。ゴムかけとは、矯正治療の一環として使用される小さなゴムバンドを歯にかけて、歯並びや噛み合わせを調整する方法です。しかし、ゴムかけには様々な不安や疑問が付きものです。ここでは、そんなゴムかけに関するお悩みに対する解決策と、ゴムかけの効果や必要性について詳しくご説明いたします。

矯正治療中のゴムかけが面倒に感じる

ゴムかけは、日常生活の中で面倒に感じることがあるかもしれません。特に、食事や歯磨きの際に取り外しが必要なため、手間がかかると感じることが多いでしょう。

・対策:ゴムかけを習慣化することで、面倒さを軽減することができます。例えば、食事の後や寝る前など、特定のタイミングでゴムかけを行うようにしましょう。また、ポーチやカバンに予備のゴムを入れておくことで、忘れた場合にも対応しやすくなります。

 

ゴムかけを忘れたり、サボったりしてしまう

忙しい日常の中で、ゴムかけを忘れてしまうことや、ついサボってしまうこともあるかもしれません。しかし、ゴムかけを怠ると矯正治療の効果が減少し、治療期間が延びてしまうことがあります。

・対策:ゴムかけを忘れないようにするために、スマートフォンのアラームやリマインダーを活用するのも一つの方法です。また、家族や友人に声をかけてもらうことで、忘れにくくなります。モチベーションを保つためには、矯正治療の最終目標を常に意識することも大切です。

 

ゴムかけの効果や必要性についてもっと知りたい

ゴムかけがどのような効果を持ち、なぜ必要なのかを理解することで、モチベーションが向上し、治療に対する意識が高まります。

・ゴムかけの効果:ゴムかけは、歯を正しい位置に移動させるために不可欠な役割を果たします。ゴムの力によって歯が少しずつ動き、最終的には理想的な歯並びや噛み合わせを実現します。

・必要性:矯正治療において、ゴムかけは治療の成功に直結しています。ゴムかけを正しく行うことで、治療期間を短縮し、より早く美しい歯並びを手に入れることができます。

 

2.ゴムかけとは?

矯正治療中の「ゴムかけ」は、歯並びや噛み合わせを調整するために非常に重要な役割を果たします。ここでは、ゴムかけの基本的な仕組み、役割と目的、そして矯正治療に与える効果について詳しくご説明いたします。

 

ゴムかけの基本的な仕組み

ゴムかけとは、小さなゴムバンド(エラスティック)を使って、上下の歯や特定の歯同士を結びつける方法です。矯正器具のブラケットやフックにゴムバンドをかけることで、特定の方向に力を加えて歯を移動させます。このゴムバンドは、患者様自身で簡単に取り外しや装着ができるため、日常生活に大きな支障をきたすことはありません。

・使用方法:矯正医から指示された通りに、ゴムをブラケットやフックにかけます。ゴムの位置やかけ方は個々の治療計画に基づいて異なりますが、基本的には定期的に取り換える必要があります。

・取り外し:食事や歯磨きの際には取り外すことが推奨されます。その後、再度装着することで、治療効果を維持します。

 

ゴムかけの役割と目的

ゴムかけは、矯正治療の成功に欠かせない重要な要素です。その役割と目的は以下の通りです。

①噛み合わせの改善:ゴムかけは、上下の歯の噛み合わせを整えるために使用されます。正しい噛み合わせを実現することで、食べ物を効率よく噛み砕くことができ、消化器官への負担も軽減されます。

②歯の移動の補助:ゴムバンドの力を利用して、特定の歯を適切な位置に移動させることができます。これにより、矯正治療の進行がスムーズになります。

③治療期間の短縮:ゴムかけを正しく行うことで、歯の移動が効率的に進み、治療期間を短縮することができます。

 

ゴムかけが矯正治療に与える効果

ゴムかけは、矯正治療全体において大きな効果を発揮します。具体的な効果は以下の通りです。

①歯並びの改善:ゴムかけを継続的に行うことで、歯並びが整い、見た目の美しさが向上します。特に、前歯の整列に大きな効果があります。

②噛み合わせのバランス調整:正しい噛み合わせは、食事の際の咀嚼効率を高めるだけでなく、顎関節への負担を軽減する効果もあります。これにより、長期的な口腔健康を維持できます。

③総合的な治療効果の向上:矯正治療全体の効果を最大化するために、ゴムかけは不可欠です。正しく行うことで、治療の進行がスムーズになり、予定通りの期間で治療を完了することができます。

 

3.ゴムかけの種類とその使い分け

矯正治療において使用されるゴムかけには、いくつかの種類があり、それぞれ異なる目的や効果を持っています。ここでは、代表的なゴムかけの種類とその使い分けについて詳しくご説明いたします。

 

級ゴム:反対咬合(受け口)治療

Ⅲ級ゴムは、反対咬合(受け口)治療に使用されます。反対咬合とは、下の歯が上の歯よりも前に出ている状態を指します。このタイプのゴムは、下顎の成長を抑制し、上顎を前方に移動させることで、正しい噛み合わせを実現します。

・使用方法級ゴムは、下の奥歯と上の前歯にかけられます。この配置により、下顎を後方に、上顎を前方に移動させる力が働きます。

 

級ゴム:上顎前突(出っ歯)治療

Ⅱ級ゴムは、上顎前突(出っ歯)治療に用いられます。上顎前突とは、上の歯が下の歯よりも前に突出している状態を指します。このゴムは、上顎を後方に、下顎を前方に移動させることで、適切な噛み合わせを整えます。

・使用方法級ゴムは、上の奥歯と下の前歯にかけられます。この配置により、上顎を後方に、下顎を前方に移動させる力が働きます。

 

垂直ゴム:開咬治療

垂直ゴムは、開咬治療に使用されます。開咬とは、前歯が噛み合わずに上下の歯の間に隙間ができる状態を指します。このゴムは、上下の歯を垂直方向に引き寄せることで、隙間を閉じ、正常な噛み合わせを実現します。

・使用方法:垂直ゴムは、上下の歯の間に直接かけられます。この配置により、上下の歯を垂直方向に引き寄せる力が働きます。

 

三角ゴム・台形ゴム:仕上げの矯正

三角ゴムや台形ゴムは、矯正治療の仕上げ段階で使用されます。これらのゴムは、細かい噛み合わせの調整や歯の位置の微調整に役立ちます。

・使用方法:三角ゴムは、上下の歯に三角形の形にかけられ、台形ゴムは、四つの歯に台形の形にかけられます。この配置により、歯の微調整が可能になります。

 

クロスゴム:すれ違い噛み合わせの矯正

クロスゴムは、すれ違い噛み合わせの矯正に使用されます。すれ違い噛み合わせとは、上の歯と下の歯が正しく噛み合わずに横にずれている状態を指します。このゴムは、噛み合わせを正しい位置に調整します。

・使用方法:クロスゴムは、上の歯の一側と下の歯の反対側にかけられます。この配置により、横方向の力が働き、正しい噛み合わせを実現します。

 

4.ゴムかけの装着時間と装着期間

ゴムかけは、矯正治療において非常に重要な役割を果たします。効果を最大限に引き出すためには、正しい装着時間と期間を守ることが不可欠です。ここでは、一日に必要な装着時間、矯正治療全体の中でのゴムかけ期間、そして効果的な装着時間の管理方法について詳しくご説明いたします。

 

一日に必要な装着時間

ゴムかけの効果を十分に得るためには、一日に必要な装着時間を守ることが重要です。通常、ゴムかけは24時間中20時間以上の装着が推奨されます。

・一日の装着時間:少なくとも20時間以上装着することが理想的です。これにより、持続的に一定の力を歯に加えることができ、効果的に歯の移動が促進されます。

・食事と歯磨きの時:食事や歯磨きの時はゴムを外しても構いませんが、その後すぐに再装着することが大切です。外している時間が長くなると、治療効果が低減する可能性があります。

 

矯正治療全体の中でのゴムかけ期間

ゴムかけの期間は、矯正治療の進行状況や個々の治療計画によって異なります。一般的には、治療の中期から後期にかけてゴムかけが行われます。

・治療の中期:この段階では、主に歯の移動と噛み合わせの改善が目的となります。ゴムかけによって、特定の歯を適切な位置に移動させるための力が加わります。

・治療の後期:治療の仕上げ段階では、噛み合わせの微調整や歯並びの最終調整を行います。この時期にもゴムかけは重要な役割を果たし、理想的な歯並びと噛み合わせを実現します。

 

効果的な装着時間の管理方法

ゴムかけの装着時間を効果的に管理するためには、以下の方法が有効です。

①スケジュールの設定:毎日のスケジュールにゴムかけの時間を組み込むことで、忘れずに装着する習慣がつきます。朝起きた時、食事の後、寝る前など、定期的なタイミングでゴムかけを行うと良いでしょう。

②リマインダーの利用:スマートフォンのアラームやリマインダー機能を活用して、ゴムかけの時間を通知するように設定しましょう。これにより、装着を忘れることを防げます。

③携帯用ケースの使用:ゴムを常に携帯できるよう、小さなケースに入れて持ち歩くと便利です。外出先でもすぐに取り出せるようにしておけば、装着時間を守りやすくなります。

④パートナーの協力:家族や友人に協力してもらい、ゴムかけの時間をリマインドしてもらうのも一つの方法です。周囲のサポートがあると、続けやすくなります。

 

5.ゴムかけをサボるとどうなる?

矯正治療において、ゴムかけは非常に重要な役割を果たします。しかし、忙しい日常生活の中でゴムかけを忘れてしまったり、サボってしまったりすることもあるかもしれません。ここでは、ゴムかけを怠ることによる治療の遅れ、治療効果が減少するリスク、そして噛み合わせのずれが残る可能性について詳しくご説明いたします。

 

ゴムかけを怠ることによる治療の遅れ

ゴムかけをサボることで、矯正治療の進行が遅れる可能性があります。ゴムかけは、歯を正しい位置に移動させるための持続的な力を提供する重要な役割を担っています。これを怠ると、歯が計画通りに動かず、治療全体のスケジュールに影響を与えることになります。

・治療の遅延:ゴムかけを怠ることで、歯が予定通りに動かず、治療期間が延びる可能性があります。例えば、通常なら1年で完了する治療が、1年半や2年に延びてしまうことがあります。

・再調整の必要:ゴムかけを怠った結果、再度調整が必要になることがあります。これにより、追加の通院や治療が必要となり、患者様にとっても負担が増えます。

 

治療効果が減少するリスク

ゴムかけを怠ることで、治療効果が減少するリスクが高まります。ゴムかけは、歯に持続的な力を加えることで、正しい位置に移動させる効果があります。これを怠ると、矯正治療全体の効果が減少し、期待通りの結果が得られない可能性があります。

・歯の移動が不十分:ゴムかけを怠ることで、歯が十分に動かず、理想的な歯並びが実現しないことがあります。

・治療の成果が不確実:治療効果が減少することで、最終的な成果が不確実になるリスクがあります。これは、患者様にとっても大きなストレスとなるでしょう。

 

噛み合わせのずれが残る可能性

ゴムかけを怠ることで、噛み合わせのずれが残る可能性があります。正しい噛み合わせは、食べ物を効率よく噛み砕き、消化器官への負担を軽減するために重要です。また、噛み合わせが悪いと、顎関節に負担がかかり、顎関節症を引き起こす可能性もあります。

・噛み合わせの不均衡:ゴムかけを怠ることで、噛み合わせが不均衡になり、日常生活での不便が生じることがあります。例えば、食事がしにくくなったり、発音に問題が出たりすることがあります。

・顎関節への影響:噛み合わせが悪いと、顎関節に過度の負担がかかり、痛みや不快感を引き起こす可能性があります。これにより、長期的な健康問題に繋がることも考えられます。

 

6.ゴムかけを成功させるためのコツ

矯正治療において、ゴムかけは重要な役割を果たします。正しい方法で継続することで、治療の効果を最大限に引き出すことができます。ここでは、ゴムかけを成功させるためのコツとして、正しいゴムかけの位置と方法、毎日続けるための工夫と習慣化、そしてゴムかけの痛みや違和感への対処法について詳しくご説明します。

 

正しいゴムかけの位置と方法

ゴムかけを効果的に行うためには、正しい位置と方法を守ることが重要です。ゴムを適切に装着することで、歯に加わる力が均等になり、効果的に歯を移動させることができます。

・矯正医の指示に従う:まず、矯正医から提供される指示に従ってゴムをかけることが最も重要です。ゴムの位置やかけ方は、患者様一人ひとりの治療計画に基づいて異なるため、必ず指示通りに行いましょう。

・ブラケットやフックの確認:ゴムはブラケットやフックに正確にかける必要があります。間違った位置にかけると、歯に正しい力が加わらず、治療効果が低下することがあります。

 

毎日続けるための工夫と習慣化

ゴムかけを毎日続けるためには、いくつかの工夫が必要です。習慣化することで、無理なくゴムかけを継続することができます。

・スケジュールの設定:毎日のスケジュールにゴムかけの時間を組み込みましょう。例えば、朝起きた時、食事の後、寝る前など、特定のタイミングでゴムかけを行うと

習慣化しやすくなります。

・リマインダーの活用:スマートフォンのアラームやリマインダー機能を活用して、ゴムかけの時間を通知するように設定しましょう。これにより、忘れずにゴムかけを行うことができます。

・ポジティブな姿勢:ゴムかけがもたらす最終的な結果を常に意識し、前向きな気持ちで取り組むことが大切です。美しい歯並びを手に入れるための一歩一歩を楽しみましょう。

 

ゴムかけの痛みや違和感への対処法

ゴムかけを始めたばかりの頃は、痛みや違和感を感じることがあるかもしれません。しかし、適切な対処法を知っておくことで、これらの症状を和らげることができます。

・鎮痛剤の使用:痛みが強い場合は、市販の鎮痛剤を使用することができます。ただし、使用前には必ず矯正医に相談してください。

・冷却:痛みや腫れがある場合、冷たいものを口に含んだり、冷却パックを頬に当てたりすることで症状を和らげることができます。

・マッサージ:軽いマッサージを顎周辺に施すことで、筋肉の緊張をほぐし、痛みを軽減することができます。

・慣れるまでの辛抱:最初の数日間は痛みや違和感が強く感じることがありますが、徐々に慣れてくることがほとんどです。痛みが長期間続く場合は、矯正医に相談して適切な対処法を教えてもらいましょう。

 

7.日常生活での注意点

矯正治療中のゴムかけは、治療効果を高めるために欠かせないプロセスですが、日常生活の中でいくつかの注意点があります。ここでは、ゴムかけ中の食事と口腔ケア、ゴムかけが外れた時の対処法、そして旅行や外出時のゴムかけ管理について詳しくご説明します。

 

ゴムかけ中の食事と口腔ケア

ゴムかけをしている間も、食事や口腔ケアをしっかりと行うことが重要です。以下のポイントを守ることで、ゴムかけを効果的に続けながら、口腔内の健康も保てます。

・食事の際の注意点:食事の前にはゴムを外し、食べ終わったらすぐに再装着することが基本です。ゴムを付けたまま食事をすると、ゴムが伸びたり切れたりするリスクがあります。また、ゴムに食べ物が絡まりやすくなるため、外すことを忘れないようにしましょう。

・口腔ケア:ゴムを外した後は、しっかりと歯磨きを行いましょう。特に食後は、ブラケットやワイヤーの周りに食べ物が残りやすいため、丁寧に磨くことが大切です。フロスや歯間ブラシを使って、隙間の汚れも取り除きましょう。

 

ゴムかけが外れた時の対処法

ゴムかけをしていると、時々ゴムが外れたり切れたりすることがあります。そんな時は慌てずに、以下の対処法を実践してください。

・予備のゴムを持ち歩く:外出先でゴムが外れた場合に備えて、常に予備のゴムを持ち歩くことをおすすめします。小さなケースやポーチに入れて持ち運びやすくしましょう。

・すぐに再装着する:ゴムが外れた場合は、すぐに再装着することが大切です。長時間外れていると、治療効果が低下する可能性があります。

・歯科医に相談:ゴムが頻繁に外れる場合や、正しい方法で再装着できない場合は、早めに歯科医に相談しましょう。ゴムや装置の状態をチェックしてもらい、適切な対処法を教えてもらうことができます。

 

旅行や外出時のゴムかけ管理

旅行や外出時も、ゴムかけを忘れずに続けることが重要です。以下のポイントを参考に、旅行中でも効果的にゴムかけを行いましょう。

・旅行前の準備:旅行に出発する前に、十分な量の予備ゴムを準備しておきましょう。旅行の日数に合わせて必要な数を計算し、多めに持っておくと安心です。

・携帯用のケース:ゴムを清潔に保つために、携帯用のケースを持参しましょう。旅行中でも、ゴムが清潔に保たれていることが重要です。

・スケジュールの確認:旅行中のスケジュールを確認し、ゴムかけのタイミングを見逃さないようにしましょう。観光やアクティビティの合間に、ゴムかけの時間を確保することが大切です。

・アラームの設定:旅行中は普段の生活リズムが崩れやすいため、スマートフォンのアラームやリマインダー機能を活用して、ゴムかけの時間を通知するように設定しましょう。

 

8.ゴムかけの効果を最大化するために

矯正治療におけるゴムかけは、治療効果を最大化するために欠かせないプロセスです。正しい装着方法を守りつつ、効果的な管理と定期的なフォローアップを行うことで、治療をよりスムーズに進めることができます。ここでは、ゴムかけの効果を最大化するために必要な定期的な診察とフォローアップ、矯正治療の進捗とゴムかけの調整、ゴムの交換頻度と管理について詳しくご説明します。

 

定期的な診察とフォローアップ

ゴムかけの効果を最大化するためには、定期的な診察とフォローアップが重要です。矯正医の指導のもと、ゴムかけが正しく行われているかを確認し、必要な調整を行うことで、治療が順調に進みます。

・定期的な診察:定期的な診察を受けることで、矯正医が治療の進捗をチェックし、必要な調整を行います。通常、12ヶ月に一度の診察が推奨されます。

・フォローアップ:診察の際に、ゴムかけの状況を確認し、正しい装着方法や注意点について再確認します。疑問や不安があれば、遠慮せずに矯正医に相談しましょう。

 

矯正治療の進捗とゴムかけの調整

矯正治療の進行に伴い、ゴムかけの方法や位置が変更されることがあります。治療の段階に応じてゴムかけを適切に調整することで、効果を最大限に引き出すことができます。

・治療の進捗確認:定期診察の際に、治療の進捗状況を確認し、ゴムかけの必要性や効果を評価します。治療が順調に進んでいる場合でも、細かい調整が必要になることがあります。

・ゴムかけの調整:矯正医の指示に従い、ゴムかけの位置や方法を適宜調整します。例えば、初期段階では上下の歯を引き寄せるためのゴムかけが中心となりますが、後期段階では噛み合わせの微調整が主な目的となります。

・患者様のフィードバック:ゴムかけの効果や違和感について、患者様自身のフィードバックも重要です。矯正医に感じたことを伝え、必要な調整を依頼しましょう。

 

ゴムの交換頻度と管理

ゴムかけの効果を最大化するためには、ゴムの交換頻度と管理が重要です。ゴムは時間とともに伸びたり劣化したりするため、定期的な交換が必要です。

・交換頻度:ゴムは通常、毎日または数日に一度交換することが推奨されます。古くなったゴムは効果が減少するため、常に新しいゴムを使用することが大切です。

・管理方法:予備のゴムを常に持ち歩き、交換が必要になった場合にすぐに対応できるようにしましょう。携帯用の小さなケースに入れて持ち運ぶと便利です。

・清潔な保管:ゴムを清潔に保つために、未使用のゴムは乾燥した清潔な場所に保管しましょう。汚れた手でゴムに触れないように注意し、装着前には手を洗うことが重要です。

 

9.銀座矯正歯科の専門的サポート

矯正治療は患者様の口腔健康と生活の質を向上させるための大切なプロセスです。銀座矯正歯科では、専門的なサポートと最新の技術を駆使して、患者様一人ひとりに最適な治療を提供しています。ここでは、クリニックの治療方針と特徴、患者様一人ひとりに合わせた治療計画、最新技術と高い治療成功率について詳しくご紹介いたします。

 

クリニックの治療方針と特徴

銀座矯正歯科は、患者様の笑顔と健康を第一に考えた治療方針を持っています。私たちは、患者様が安心して治療を受けられる環境を提供し、常に最高の結果を目指しています。

・患者様中心のケア:私たちは、患者様一人ひとりのニーズやライフスタイルに合わせたカスタマイズドケアを提供します。初回カウンセリングでは、患者様の希望や不安をじっくりと伺い、最適な治療プランを提案します。

・徹底した説明:治療内容や期間、費用について、わかりやすく丁寧に説明します。患者様が納得して治療を受けられるよう、透明性を重視しています。

・リラックスできる環境:クリニック内は清潔で快適な空間を提供し、患者様がリラックスして治療に臨めるよう配慮しています。静脈内鎮静法など、恐怖心を和らげるための方法も取り入れています。

 

患者様一人ひとりに合わせた治療計画

銀座矯正歯科では、患者様それぞれの状態や目標に合わせた個別の治療計画を立てています。治療計画は、詳細な診断と最新の技術を用いて、精密に設計されています。

・詳細な診断:治療を開始する前に、歯科用CTスキャンやデジタルX線などを使用して、口腔内の詳細な診断を行います。これにより、最適な治療計画を立てるための正確な情報を得ることができます。

・カスタマイズドプラン:患者様の年齢、口腔内の状態、生活スタイルなどを考慮し、一人ひとりに最適な治療プランを提供します。例えば、目立ちにくい矯正装置を希望する場合は、透明なインビザラインや裏側矯正を提案することもあります。

・継続的なフォローアップ:治療中は定期的なフォローアップを行い、治療の進捗を確認しながら必要な調整を行います。患者様のフィードバックを大切にし、常に最適なケアを提供します。

 

最新技術と高い治療成功率

銀座矯正歯科では、最新の技術と設備を導入し、高い治療成功率を実現しています。私たちは、常に最先端の矯正治療を提供し、患者様に最高の結果を約束します。

・最新の技術:当クリニックでは、最新のデジタル技術や3Dプリンティング技術を活用して、正確な診断と治療を行います。これにより、治療の精度が高まり、患者様にとって負担の少ない治療が可能になります。

・経験豊富な専門医:経験豊富な専門医が、最新の技術と知識を駆使して治療を行います。これにより、治療の成功率が高まり、短期間で効果的な結果を得ることができます。

・高い治療成功率:銀座矯正歯科では、過去の実績に基づく高い治療成功率を誇ります。私たちの目標は、患者様が満足のいく結果を得ることです。

 

10.お問い合わせと無料相談のご案内

銀座矯正歯科では、患者様が安心して治療を受けられるよう、初診カウンセリングや無料相談を実施しています。ここでは、初診カウンセリングの流れと予約方法、無料相談での相談内容、お問い合わせ方法とアクセス情報について詳しくご案内いたします。

 

初診カウンセリングの流れと予約方法

初診カウンセリングは、患者様の口腔内の状態を詳しく診断し、最適な治療プランを提案するための大切なステップです。以下の流れで行います。

①ご予約:初診カウンセリングは完全予約制となっております。電話または当院のウェブサイトから簡単にご予約いただけます。お急ぎの場合やご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

②カウンセリング:初診当日は、問診票のご記入から始まります。現在の症状や治療に関するご希望、過去の歯科治療歴などを詳しく伺います。

③診断と説明:歯科用CTスキャンやデジタルX線を用いて、口腔内の詳細な診断を行います。その後、診断結果に基づき、最適な治療プランを詳しく説明いたします。治療期間や費用についても透明性を持ってお伝えします。

④治療計画の確認:患者様のご希望やライフスタイルに合わせた治療計画を確認し、納得いただけるプランを提案します。不安や疑問があれば、遠慮なくご質問ください。

 

無料相談での相談内容

銀座矯正歯科では、初めて矯正治療を検討される患者様向けに無料相談を実施しています。無料相談では以下の内容についてお話しいたします。

・矯正治療の概要:矯正治療の基本的な流れや、使用する装置の種類、治療期間などを詳しくご説明します。

・治療のメリットとデメリット:矯正治療によるメリットと、治療中に考慮すべきポイントについてお伝えします。

・費用の見積もり:治療にかかる費用の見積もりを提示し、支払い方法や保険の適用についてもご説明します。

・個別の質問:患者様の具体的な疑問や不安に対して、丁寧にお答えいたします。ご自身の症状や希望についてお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ方法とアクセス情報

銀座矯正歯科へのお問い合わせは、以下の方法で行っていただけます。どんな小さな疑問でも、お気軽にお問い合わせください。

・電話:診療時間内にお電話いただければ、専門のスタッフが対応いたします。予約の確認や変更、治療についてのご質問などにお答えします。

・ウェブサイト:当院のウェブサイトには、問い合わせフォームを設置しております。必要事項をご記入の上、送信いただければ、担当者より折り返しご連絡いたします。

・アクセス情報:銀座矯正歯科は、銀座駅から徒歩数分の便利な場所に位置しています。以下のアクセス情報をご参照ください。

*住所:東京都中央区銀座3-3-14 銀座グランディアⅡ 6F

*最寄り駅:最寄り駅:地下鉄銀座線 銀座駅(C8出口) JR有楽町駅

 

銀座矯正歯科では、患者様が安心して矯正治療を受けられるよう、初診カウンセリングや無料相談を通じて丁寧なサポートを提供しています。治療についてのご不安やご質問があれば、ぜひお気軽にお問い合わせください。私たちが全力でサポートいたします。美しい歯並びと健康な口腔環境を手に入れるために、一緒に治療を進めていきましょう。

 

————————–
東京都銀座駅の矯正歯科
銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14
銀座グランディアビルⅡ 6F
☎︎03-3567-5454
————————–

すべての診療は予約制となっております。

矯正歯科治療はただ歯をきれいに並べることではなく、顔貌のバランスも考慮しながら正しい咬み合わせを作る歯科治療です。
患者さまの症状やご希望に合わせて様々な治療プランをご提案いたします。
まずはカウンセリングでご相談ください。

expand_less
TOP

03-3567-545403-3567-5454

初診専用24時間WEB予約24時間WEB予約

LINE相談/資料請求