コラム

  • HOME > 
  • ブログ > 
  • マウスピース矯正で出っ歯は治せる?治せな…
2022.12.23

マウスピース矯正で出っ歯は治せる?治せないケースとは

マウスピース矯正で出っ歯は治せる?治せないケースとは

 

上の前歯が前方へ突き出した「出っ歯」は、見た目の問題だけでなく、虫歯や歯周病、顎関節症になりやすいなどのリスクを伴います。自力で出っ歯を解消するのは困難であり、基本的には歯科医院での治療が必要です。

歯列矯正にはさまざまな方法がありますが、今回はマウスピース矯正について解説します。

マウスピースで出っ歯は治療できるのか、治療にかかる費用や期間、注意点などを見ていきましょう。

 

 

マウスピース矯正で出っ歯は治せる?

 

結論からいいますと、それぞれのマウスピースメーカーの適応範囲内であれば治療できます。マウスピース矯正にはいくつかのメーカーがあり、メーカーによって治せる出っ歯の程度が異なるためです。

マウスピース矯正では、歯にぴったりと適合したマウスピースを定期的に交換することで、歯を最適な位置に移動させます。前歯のみの部分的な移動や、奥歯を含めた全体の歯並び改善などに対応しています。

自分の症状の程度や原因を自己判断するのは困難なため、マウスピース矯正の適応可否は歯科医師に判断してもらうことをおすすめします。

 

 

マウスピース矯正ができる出っ歯のケースとできないケース

 

すべての出っ歯の症例にマウスピース矯正が適応しているわけではありません。治療できるケースとできないケースを解説します。

 

マウスピース矯正ができるケース

前歯が前方に大きく飛び出していないなどの比較的軽度の出っ歯は、マウスピース矯正ができます。マウスピース矯正では、主に抜歯なしの治療が行われますが、抜歯込みの矯正も可能であり、治療できる出っ歯の症例は多くあります。

マウスピース矯正による出っ歯の治療では、前歯を適切な位置におさめるためのスペースの確保が必要です。スペースをつくる方法には、小臼歯の抜歯以外にも「ストリッピング」と呼ばれる歯と歯の間の研磨、歯の後方移動、歯のアーチの拡大などさまざまな方法があります。

また、マウスピース矯正は軽微の歯の移動や、奥歯の後方移動、歯の生える角度を変える「傾斜移動」が得意であるとされています。

 

マウスピース矯正ができないケース

著しく前歯が飛び出ているなどの重度な症例や、歯の大きな移動を必要とする場合、骨格的に上下のあごが大きくズレている場合などは、マウスピース矯正では治療できない可能性が高いです。また、インプラントはマウスピース矯正との相性があまりよくないといわれています。

マウスピース矯正ができない場合は、ほかの方法を選択しましょう。ワイヤー矯正で歯を動かしてからマウスピース矯正をする手法や、骨格を調整する外科手術が必要となるケースもあります。

また、歯列矯正には専門的な知識が必要です。歯科医師にマウスピース矯正での出っ歯治療の実績や知識がない場合は、治療がうまくいかないこともあるでしょう。

マウスピース矯正は新しい治療方法であり、最近になって日本で本格的に普及してきました。これまで不可能だと考えられていたことも、技術の進歩によってできるようになってきています。

 

 

マウスピース矯正で出っ歯を治す際の費用と期間

 

前歯のみの部分矯正か、全体矯正かによって必要な費用や期間は変わってきます。費用や期間の目安を見ていきましょう。

 

治療費用の目安

なかには保険が使えるケースもありますが、基本的に歯列矯正は保険診療が適用されません。自由診療となるため、全額自己負担となるのが一般的です。

前歯のみの部分矯正であれば10万~40万円、全体矯正なら50万~100万円が目安とされています。

治療中や治療後に必要な料金を事前に一括払いする方法や、通院するたびに調整料や診察料を支払う方法があります。歯科医院やメーカーによって異なるため、支払い方法や追加費用の有無は事前に確認しておくと安心です。

 

治療期間の目安

全体矯正であれば、2~3年が目安です。前歯のみなどの部分矯正であれば、3か月~1年3か月程度で治療できることもあります。

歯の位置を動かすスピードには限度があるため、長い期間をかけて少しずつ矯正していきますが、出っ歯の状態や年齢などによって治療に必要な期間もかわってきます。また、ワイヤー矯正と比べても期間にほとんど違いはありません。

 

 

マウスピース矯正で出っ歯を治す際に気を付ける点

 

マウスピース矯正における注意点を3つご紹介します。

 

市販のマウスピースは使用しないこと

市販のマウスピースは、歯ぎしりやいびきの抑制、歯やあごへの負担軽減などの効果は見込めますが、歯並びをよくする効果は期待できません。安価に手に入る市販のマウスピースもありますが、出っ歯の治療を目的とするのであれば矯正歯科での治療をおすすめします。

市販のマウスピースは、歯科医師の診断や検査がないため、自分の歯に合わないものを使い続ける可能性もあります。歯並びが悪くなる、顎関節に悪影響が出てかみ合わせがおかしくなるなどのリスクもあるため注意しましょう。

 

抜歯を必要とする可能性があること

出っ歯の治療では、適切な位置に歯をおさめるためにスペースを確保する必要があります。歯と歯の間の研磨や歯の後方移動などで対応できることもありますが、スペースの確保が難しい場合は抜歯が必要となる可能性もあります。

抜歯の際には痛みや腫れが生じることもあるでしょう。また、健康な歯を抜く場合は保険もきかないため、費用は自己負担となります。もともとの歯並びにも左右されますが、抜歯して空いた空間が埋まるまでに治療期間が長くなりやすい点にも注意が必要です。

 

医師の指示は守ること

ワイヤー矯正と異なり、マウスピースは自分で着脱できます。食事や歯磨きの際に外せるなどのメリットもありますが、装着時間が患者本人の使い方に左右されるのが難点といえます。

矯正の効果を得るためには、医師から指示された装着時間を守ることが重要です。指示を守らない場合、歯列矯正の効果を得られないばかりか、歯並びの悪化や歯根吸収などのリスクもある点には注意しましょう。

また、歯に適合したマウスピースを定期的に交換する必要もあります。交換する期間や通院の頻度なども、医師の指示に従いましょう。

 

 

マウスピース矯正以外で出っ歯を治す方法

 

マウスピース矯正以外の出っ歯の治療方法を3つご紹介します。

 

ワイヤー矯正

歯にブラケットと呼ばれるものを装着し、そこにワイヤーを通して適切な位置に矯正していく治療方法です。ブラケットを歯の唇側に装着する場合は見た目が気になりやすいものの、適応できる症例が幅広いのがメリットです。

見た目が気になる場合、透明で目立ちにくい装置を使う方法や、装置を歯の舌側に取り付ける方法もあります。舌側への装着では適応できる症例は狭まりますが、スポーツなどをしている場合は装置によって口の中が傷つく心配を減らせます。

 

セラミック矯正

もともとある自分の歯を削り、セラミックでできた被せものをかぶせて歯並びを美しく見せる方法です。時間をかけて自分の歯を少しずつ動かしていく矯正とは異なります。

治療期間が短くて済むことや、ワイヤー矯正のように治療期間中の見た目を気にしなくて済むなどのメリットがあります。

一方で、健康な歯を削る必要がある点や、かみ合わせの治療ができない点には注意しましょう。寿命や破損などで交換する場合は、再度被せものを作る必要があります。

 

手術による矯正

手術によってあごの骨を切り、適切な位置に調整して治療する方法です。骨格に異常がある場合やあごが変形している場合は、外科手術による矯正が必要になるケースがあります。

保険が適用される場合もありますが、美容整形外科で行うような美容目的の手術であれば全額自己負担となります。また、手術中のトラブルや術後の痛みや腫れなどのリスクが伴います。

 

 

【まとめ】

マウスピース矯正で出っ歯の治療は可能です。ただし、すべての出っ歯の症例に適応できるわけではなく、それぞれのマウスピースメーカーの適応範囲内であれば治療できます。著しく前歯が飛び出しているケースや、骨格的に上下のあごがズレている場合などはマウスピース矯正での治療が難しくなります。

マウスピース矯正では長い期間をかけて少しずつ、歯を適切な位置に移動させていきます。1日の装着時間や通院の頻度、交換の期間などは医師の指示に従いましょう。

すべての診療は予約制となっております。まずは資料請求を。

矯正歯科治療はただ歯をきれいに並べることではなく、顔貌のバランスも考慮しながら正しい咬み合わせを作る歯科治療です。
患者さまの症状やご希望に合わせて様々な治療プランをご提案いたします。
まずはカウンセリングでご相談ください。

expand_less
TOP

03-3567-545403-3567-5454

初診専用24時間WEB予約24時間WEB予約

LINE相談LINE相談

資料請求