• HOME > 
  • ブログ > 
  • 矯正治療、どのくらいかかる?期間の目安と…
2024.06.25

矯正治療、どのくらいかかる?期間の目安と注意点をご紹介!

1.こんなお悩みありませんか?

矯正歯科治療にどれくらいの期間がかかるのか知りたい

矯正治療にかかる期間は個々の患者様の口腔状態や治療の目的によって異なりますが、一般的には1年半から3年ほどかかることが多いです。治療期間を決定する際には、歯の動きの速度や骨の状態なども考慮されますので、具体的な期間については歯科医師とのカウンセリングで確認しましょう。

 

できるだけ早く矯正を終わらせたい

多くの患者様が矯正治療をできるだけ早く終わらせたいと考えています。そのためには、治療計画を厳守し、歯科医師の指示に従うことが重要です。また、最新の矯正技術や装置を利用することで、治療期間を短縮することも可能です。例えば、矯正用のインビザラインや加速装置を使用することで、従来よりも早く歯並びを整えることができます。

 

子供と大人で治療期間が異なるのか気になる

矯正治療は子供と大人で異なる期間がかかる場合があります。子供の場合、成長過程にあるため歯の動きが比較的早く、治療期間が短くなることが多いです。一方、大人は骨が硬くなっているため、治療期間が長くなる傾向があります。しかし、どちらの場合でも、患者様の口腔状態や治療計画によって異なるため、一概に比較することはできません。

 

矯正治療の一般的な期間について

*初診から治療開始まで

初診では、歯科医師が患者様の口腔内を詳細に診察し、治療計画を立てます。レントゲン撮影や3Dスキャンなどの検査を行い、最適な治療方法を提案します。この初診から実際に矯正装置を装着するまでには、数週間から1か月程度かかることがあります。

*矯正装置の装着期間

矯正装置を装着した後、歯が正しい位置に動くまでの期間が治療のメインとなります。この期間は、一般的には1年半から3年ですが、個々の治療計画によって異なります。定期的な診察を受けることで、治療の進捗状況を確認し、必要に応じて装置の調整を行います。

*保定期間

矯正治療が終了した後も、歯の位置を安定させるための保定装置(リテーナー)を使用する期間が必要です。この期間は通常1年から2年程度ですが、患者様の口腔状態や治療計画によって異なります。保定期間中も定期的な診察を受けることで、歯並びの安定を確認します。

治療期間を短縮するためのポイント

①治療計画の厳守

*歯科医師の指示に従い、定期的な診察を欠かさずに受けることが重要です。

②最新技術の利用

*インビザラインや加速装置などの最新の矯正技術を利用することで、治療期間を短縮することができます。

③自己管理

*口腔内の清潔を保ち、装置の取り扱いに注意することが、治療期間を短縮する鍵となります。

 

2.矯正治療の基本的な流れ

初診から治療開始までのステップ

①初診の予約:

*まずは矯正治療を開始するために、初診の予約を行います。

*簡単なオンライン予約や電話予約で日時を設定できます。

②初診と検査:

*初診では、歯科医師が患者様の口腔内を詳しく診察します。

*レントゲン撮影や歯型の採取を行い、歯並びや噛み合わせの状態を正確に把握します。

*これにより、治療が必要な範囲や問題点を明確にします。

③カウンセリング:

*治療の方針や期間、費用について詳しく説明します。

*患者様の質問や不安を解消し、納得して治療に進むためのサポートを行います。

*患者様のライフスタイルや希望を反映した治療計画を提案します。

④治療計画の決定:

*最適な治療計画を立て、具体的な治療内容を決定します。

*実際の治療開始日を設定し、必要な準備を整えます。

 

矯正装置の装着と調整の方法

①矯正装置の装着:

*装置の種類は、患者様のニーズや治療方針に応じて選択します(インビザライン、ブラケットとワイヤーなど)。

*矯正装置を装着する際には、口腔内の清潔さを保ちながら丁寧に行います。

②定期的な診察と調整:

*調整の頻度は通常46週間に一度です。

*診察では、装置の調整やワイヤーの張力の調節、新しいアライナーの装着などを行います。

*歯の動きや治療の進行状況を確認し、必要に応じて計画を修正します。

③痛みや不快感への対処:

*調整後、多少の痛みや不快感を感じることがありますが、通常は数日で和らぎます。

*歯科医師が痛みや不快感を最小限に抑えるための方法を提供し、適切なアドバイスを行います。

 

矯正終了後の保定期間の重要性

①保定装置の装着:

*矯正治療終了後、保定装置を装着して歯の位置を安定させます。

*保定装置の種類や使用方法については、患者様に合わせて説明します。

②保定期間の管理:

*保定期間中は、定期的な診察と装置の調整が必要です。

*保定装置を正しく使用することで、治療結果を長期間維持できます。

*保定期間の管理が不十分だと、歯が元の位置に戻ってしまうことがあります。

③日常的なケアの指導:

*保定期間中も、適切な口腔ケアと定期的な歯科検診が重要です。

*歯科医師がアドバイスする日常的なケアを実践し、歯と歯肉の健康を保ちましょう。

*デンタルフロスや歯間ブラシを使用して、歯の間の清潔を保つことが推奨されます。

 

3.大人の矯正治療の期間

大人の矯正治療にかかる一般的な期間

①一般的な治療期間:

*大人の矯正治療は通常23年が一般的です。

*個々の症例や治療の進行状況によって期間は異なります。

②初期段階と進行:

*初期段階での検査と治療計画の作成。

*矯正装置の装着後、定期的な調整を行いながら治療を進めます。

③保定期間:

*矯正治療終了後は保定期間が続きます。

*保定装置を装着して歯の位置を安定させるため、数ヶ月から1年程度の期間が必要です。

 

矯正の難易度と治療期間の関係

①症例の難易度:

*矯正の難易度は、患者様の歯並びや噛み合わせの状態によって異なります。

*軽度の不正咬合であれば、治療期間は短くなります。

②重度の不正咬合:

*重度の不正咬合や複雑な症例では、治療期間が長くなる傾向があります。

*外科手術を伴うケースでは、さらに長期間の治療が必要となることもあります。

③患者様の協力:

*患者様の協力も治療期間に影響します。

*指示通りに装置を使用し、定期的な調整に通うことで、治療がスムーズに進みます。

 

治療期間を短縮するための工夫

①早期治療の開始:

*矯正治療は早期に始めることで、治療期間を短縮できる場合があります。

*初期段階での問題を早期に解決することが重要です。

②最新技術の活用:

*インビザラインなどの最新の矯正技術を活用することで、治療期間を短縮することが可能です。

*高精度のデジタル技術を用いた治療計画が有効です。

③日常的なケアと自己管理:

*正しいブラッシングと口腔ケアを実践することで、歯の健康を保ち、治療期間を短縮できます。

*デンタルフロスや歯間ブラシの使用を習慣化しましょう。

④定期的な通院:

*定期的な診察と調整を怠らずに行うことが重要です。

*歯科医師の指示をしっかりと守り、治療を継続しましょう。

⑤生活習慣の改善:

*健康的な食生活と十分な睡眠を心がけ、全体的な健康状態を維持することが治療期間の短縮に寄与します。

 

4.矯正歯科の治療期間について:子供の矯正治療のケース

矯正治療を考えている親御様にとって、その治療にどのくらいの時間がかかるのかは非常に気になるポイントです。銀座矯正歯科では、子供の矯正治療について詳しくご説明いたします。

 

子供の矯正治療にかかる一般的な期間

子供の矯正治療は、個々のケースによって異なりますが、一般的には23年程度の期間が必要です。これは子供の成長速度や歯並びの状態、矯正器具の種類によっても変わってきます。

・軽度の歯列矯正1年半程度で完了することもあります。

・複雑なケース3年以上かかることもあります。

 

成長期を活かした治療のメリット

子供の矯正治療には、成長期を活かした治療が非常に有効です。成長期には顎の骨がまだ柔らかく、歯の移動が比較的容易です。そのため、成長の過程を利用することで、より効率的に矯正を行うことができます。

・顎の成長を利用:自然な骨の成長を利用することで、歯の移動がスムーズに。

・治療期間の短縮:成長期を活かすことで、治療期間の短縮が期待できます。

・早期の問題解決:早期に問題を解決することで、後々の複雑な治療を避けることが可能。

 

一期治療と二期治療の違い

子供の矯正治療は、一期治療と二期治療の2段階に分かれることが多いです。それぞれの治療について詳しく説明します。

・一期治療

*対象6歳から10歳頃の子供。

*目的:顎の成長を誘導し、歯並びの基礎を整える。

*治療内容:スペースメイキング、早期の歯の問題の修正。

*期間1年から1年半程度。

・二期治療

*対象10歳から14歳頃の子供。

*目的:永久歯が生え揃った後の歯並びを整える。

*治療内容:ブラケットやインビザラインなどの矯正器具を使用。

*期間1年半から3年程度。

 

5.矯正治療の期間について:早く終わるケース

矯正治療を考えている患者様にとって、その治療がどのくらいの期間で終わるのかは非常に重要なポイントです。銀座矯正歯科では、患者様一人ひとりに合わせた治療計画を立て、最適な治療を提供しています。ここでは、矯正治療が比較的早く終わるケースについて詳しくご説明いたします。

 

軽度な不正咬合の場合

軽度な不正咬合(例えば、軽い歯の重なりや隙間が少ない場合)では、治療期間が短くなることがあります。これらのケースでは、歯の移動が比較的簡単であり、短期間で理想的な歯並びを達成することができます。

・軽度な歯の重なり:歯が軽く重なっているだけの場合、治療は12ヶ月から18ヶ月程度で完了することがあります。これには、透明なアライナー(インビザラインなど)や軽度なブラケット治療が適用されることが多いです。

・隙間が少ない場合:歯の間に少し隙間がある場合、この隙間を閉じる治療も短期間で済むことが多く、治療期間は1年から1年半程度です。このようなケースでは、比較的軽い力で歯を移動させることができ、治療の負担も少なくなります。

 

抜歯をしないケース

抜歯を伴わない矯正治療は、通常、抜歯を伴う治療よりも短期間で終了します。抜歯が必要ない場合、歯の移動が迅速に進み、治療全体の期間が短くなります。

・抜歯なしでの治療:歯の抜歯を行わずにスペースを作る場合、治療期間は18ヶ月から24ヶ月程度です。この場合、スペースメイキングや歯列拡大装置を使用して、自然な形で歯の並びを整えることができます。抜歯が不要なため、治療後の回復も早く、患者様への負担も軽減されます。

 

若いうちに治療を開始する場合

若い時期に矯正治療を開始することで、治療が短期間で終わることがあります。成長期を利用することで、歯や顎の移動がスムーズに進むため、治療が効率的に行われます。

・成長期の治療:子供やティーンエイジャーの治療では、顎の成長を活かすことで、治療期間が12ヶ月から24ヶ月に短縮されることがあります。特に、顎の成長が盛んな時期に治療を始めることで、顎の自然な発達を利用して歯並びを整えることができ、より短期間での治療が可能となります。

 

その他の要因

治療期間を短くするためには、患者様自身の協力も重要です。定期的な診察や指示通りの装置の装着、口腔内の衛生管理など、患者様の日々のケアが治療の成功と期間に大きく影響します。また、最新の矯正技術や装置を使用することで、治療期間が短縮されることもあります。銀座矯正歯科では、最先端の技術と装置を用いて、最適な治療を提供しています。

 

6.矯正治療の期間を短縮するための方法

矯正治療を受ける際、多くの患者様が治療期間について気にされています。銀座矯正歯科では、患者様一人ひとりに最適な治療プランを提供するだけでなく、治療期間をできるだけ短くするための方法も取り入れています。ここでは、治療期間を短縮するための具体的な方法についてご紹介いたします。

 

効果的なゴムかけとそのメリット

ゴムかけ(エラスティックス)は、矯正治療において非常に効果的な方法です。ゴムかけを正しく使用することで、歯の移動を加速させることができます。

・歯の移動を加速:ゴムかけを使用することで、特定の歯を希望する位置に早く移動させることができます。

・矯正力の補強:ゴムの力を利用することで、矯正器具の効果を補強し、治療全体の効率を上げることができます。

・患者様の協力が鍵:ゴムかけは患者様の日々の努力が重要です。医師の指示通りにゴムをかけることで、治療がスムーズに進行し、期間が短縮されます。

 

セルフライゲーションブラケットの活用

セルフライゲーションブラケットは、従来のブラケットとは異なり、ワイヤーを固定するための特別なクリップを使用しています。これにより、治療期間を短縮することができます。

・摩擦の低減:従来のブラケットに比べて摩擦が少ないため、歯の移動がスムーズになります。

・調整の頻度が減少:調整の頻度が減り、通院回数も少なくて済みます。これにより、患者様の負担も軽減されます。

・治療期間の短縮:セルフライゲーションブラケットは、歯の移動速度を速めることで、全体の治療期間を短縮します。

 

アンカースクリューやオルソパルスの利用

アンカースクリューやオルソパルスといった最新の技術を利用することで、矯正治療の期間をさらに短縮することが可能です。

・アンカースクリュー

*固定力の向上:アンカースクリューは、歯を動かす際の固定点として使用されます。これにより、効率的に歯を動かすことができます。

*特定の歯の移動:特定の歯を確実に移動させるため、治療計画がより精密になります。

*治療の安定化:アンカースクリューを使用することで、治療の安定性が向上し、計画通りに進むため、期間が短縮されます。

・オルソパルス

:光加速治療:オルソパルスは、近赤外線の光を利用して歯の移動を促進する装置です。これにより、治療期間が短くなります。

*日常的な使用:患者様が日常的に使用することで、治療の効果を最大限に引き出すことができます。

*快適な治療:オルソパルスは痛みを軽減しながら治療を進めることができるため、患者様にとっても快適です。

 

7.矯正治療中に気をつけること

矯正治療中は、患者様が積極的にケアを行うことで、治療の効果を最大限に引き出し、健康な口腔環境を維持することができます。銀座矯正歯科では、治療中に気をつけるべきポイントをいくつかご紹介します。

 

虫歯や歯周病の予防方法

矯正治療中は、装置の影響で歯磨きがしにくくなることがあります。そのため、虫歯や歯周病のリスクが高まる可能性があります。以下の方法を実践することで、これらのリスクを軽減しましょう。

・毎日のブラッシング:フッ素入りの歯磨き粉を使用し、最低でも朝晩2回、できれば食後にブラッシングを行いましょう。特に装置の周りや歯と装置の間は丁寧に磨くことが大切です。

・デンタルフロスやインターデンタルブラシの使用:歯と歯の間や装置の隙間に食べ物が詰まりやすいので、デンタルフロスやインターデンタルブラシを使ってしっかりと清掃しましょう。

・マウスウォッシュの利用:抗菌効果のあるマウスウォッシュを使用することで、口腔内の細菌を減少させ、虫歯や歯周病の予防に役立ちます。

 

矯正装置の正しい使い方とケア

矯正装置を正しく使用し、適切にケアすることで、治療がスムーズに進行し、トラブルを防ぐことができます。

・装置の正しい装着:取り外し可能な矯正装置を使用している場合は、医師の指示に従って正しく装着し、装着時間を守ることが重要です。

・装置の清掃:矯正装置は定期的に清掃し、清潔に保つようにしましょう。取り外し可能な装置は専用のクリーナーで洗浄し、固定式の装置は歯ブラシや専用のブラシで清掃します。

・装置の点検:装置が破損したり、緩んだりした場合は、すぐに矯正歯科に連絡し、適切な対応を受けることが必要です。

 

定期的な通院とフォローアップの重要性

矯正治療中は、定期的な通院とフォローアップが非常に重要です。これにより、治療の進行状況を確認し、必要な調整やケアを行うことができます。

・定期的なチェックアップ:通常、46週間に一度のペースで通院し、治療の進行状況を確認します。必要に応じて装置の調整やトラブルの対処を行います。

・フォローアップの重要性:治療終了後も定期的なフォローアップが必要です。リテーナーの使用や、歯並びの安定化を確認するためのチェックが行われます。

・口腔内の健康維持:矯正治療後も定期的な歯科検診を受け、虫歯や歯周病の予防を続けることが大切です。

 

8.銀座矯正歯科の専門的アプローチ

矯正治療を受けるにあたり、クリニックの治療方針や技術、専門医の経験、最新の技術や設備について知ることは非常に重要です。銀座矯正歯科では、患者様に最高の治療を提供するために、以下のような専門的アプローチを採用しています。

 

クリニックの治療方針と技術

銀座矯正歯科では、患者様一人ひとりに最適な治療を提供するため、個別の治療計画を立てています。クリニックの治療方針は、患者様の生活スタイルや希望を尊重しつつ、最も効果的な治療を目指すことにあります。

・個別の治療計画:初診時に詳細なカウンセリングと診察を行い、患者様の歯並びや口腔内の状況を正確に把握します。その上で、最適な治療計画を提案します。

・包括的なアプローチ:矯正治療だけでなく、口腔全体の健康を考慮した包括的なアプローチを採用しています。虫歯や歯周病の予防にも力を入れており、健康な口腔環境を維持しながら治療を進めます。

・痛みの少ない治療:最新の技術を用いて、痛みを最小限に抑えた治療を行っています。特に子供や初めて矯正治療を受ける患者様にも安心して治療を受けていただけるよう配慮しています。

 

専門医の経験と実績

銀座矯正歯科の専門医は、豊富な経験と高い技術力を持っています。これまでに多くの患者様の治療を成功させてきた実績があり、信頼できる治療を提供しています。

・豊富な経験:専門医は長年にわたり矯正治療を専門に行っており、様々なケースに対応してきました。複雑な歯並びの問題や特殊な症例にも対応可能です。

・高い技術力:常に最新の知識と技術を学び続けており、最新の治療法を取り入れています。これにより、より効果的でスムーズな治療を提供しています。

・患者様との信頼関係:患者様とのコミュニケーションを大切にし、治療の過程や結果について丁寧に説明します。患者様の不安や疑問に寄り添い、安心して治療を受けていただける環境を整えています。

 

最新技術と設備の紹介

銀座矯正歯科では、最新の技術と設備を導入し、患者様に最先端の治療を提供しています。これにより、治療の精度と効率が向上し、より良い結果を得ることができます。

・デジタルスキャナー:口腔内の精密な3Dスキャンを行うことで、正確な診断と治療計画が可能です。これにより、従来の型取りの不快感を軽減し、迅速かつ正確な治療が実現します。

・セルフライゲーションブラケット:摩擦を減少させることで、歯の移動をスムーズにし、治療期間を短縮します。さらに、患者様の負担を軽減するために、調整回数も少なく済みます。

・インビザライン:透明なアライナーを使用することで、見た目に影響を与えずに歯並びを整えることができます。取り外し可能なため、食事や歯磨きも通常通り行えます。

・オルソパルス:近赤外線の光を利用して歯の移動を促進する装置です。これにより、治療期間が短くなり、患者様の負担を軽減します。

 

9.矯正治療の期間と費用の目安

矯正治療を始めるにあたって、治療期間や費用についての詳細を知りたいと考える患者様は多いです。銀座矯正歯科では、患者様に安心して治療を受けていただけるよう、透明性のある費用の内訳や支払いプランをご用意しています。ここでは、治療期間と費用の目安について詳しくご説明いたします。

 

矯正治療にかかる費用の内訳

矯正治療にかかる費用は、治療の種類や患者様の症例によって異なります。一般的な費用の内訳は以下の通りです。

・初診相談料:最初のカウンセリングと診察にかかる費用です。通常、5,000円から10,000円程度です。

・検査・診断料:精密な検査と診断にかかる費用で、レントゲン撮影や歯型の採取などが含まれます。20,000円から50,000円程度です。

・装置料:矯正装置の費用です。装置の種類(ブラケット、インビザライン、セルフライゲーションブラケットなど)によって異なります。200,000円から1,000,000円程度が一般的です。

・調整料:治療期間中の定期的な調整にかかる費用で、1回あたり5,000円から10,000円程度です。治療期間中に毎月または数ヶ月に一度の頻度で必要になります。

・保定装置料:治療終了後の保定装置(リテーナー)の費用で、30,000円から50,000円程度です。

 

支払いプランと分割払いのオプション

銀座矯正歯科では、患者様の経済的負担を軽減するために、柔軟な支払いプランと分割払いのオプションをご用意しています。

・一括払い:全額を一括でお支払いいただく方法です。この場合、割引が適用されることがあります。

・分割払い:治療期間中に分割してお支払いいただく方法です。例えば、治療開始時に一部を支払い、その後毎月一定額をお支払いいただくプランがあります。金利や手数料がかからない場合もあります。

・クレジットカード払い:クレジットカードでのお支払いも可能です。カード会社の分割払いを利用することもできます。

・医療ローン:医療専用のローンを利用することで、長期的な分割払いが可能です。審査が必要ですが、月々の負担を軽減できます。

 

保険適用の可能性と条件

矯正治療は基本的には自由診療となり、健康保険の適用外となることが多いですが、特定の条件を満たす場合には保険が適用されることがあります。

・保険適用の条件:顎変形症など、外科的な治療が必要な場合や、先天性の疾患による歯列不正など、特定の条件を満たす場合に保険が適用されることがあります。具体的な条件については、専門医とご相談ください。

・高額療養費制度:健康保険が適用されない場合でも、高額療養費制度を利用することで、一定の条件を満たせば一部費用が還付される場合があります。

 

10.お問い合わせと無料相談のご案内

矯正治療を検討している患者様にとって、初めての一歩はとても重要です。銀座矯正歯科では、患者様が安心して治療を始められるよう、初診カウンセリングや無料相談を提供しています。ここでは、その流れとお問い合わせ方法について詳しくご案内いたします。

 

初診カウンセリングの流れと予約方法

初めてのカウンセリングは、患者様の口腔内の状況を詳しく把握し、最適な治療プランを提案するための重要なステップです。以下の流れで行われます。

①ご予約:まずはお電話またはウェブサイトからご予約ください。お忙しい方のために、オンラインでの予約も受け付けています。

②受付:ご来院いただき、受付でお名前をお伝えください。リラックスできる待合室でお待ちいただけます。

③初診カウンセリング:専門医が患者様のご希望やお悩みを丁寧に伺います。口腔内の検査を行い、写真撮影やレントゲン撮影を実施します。

④治療計画のご提案:検査結果をもとに、最適な治療計画を提案いたします。治療の流れや期間、費用について詳しくご説明します。

⑤ご相談:ご不明点やご不安な点があれば、何でもご相談ください。納得いただけるまで丁寧にお答えします。

 

無料相談での相談内容

銀座矯正歯科では、初めてのご相談を無料で行っています。無料相談では、以下のような内容についてご相談いただけます。

・治療の必要性の判断:矯正治療が必要かどうか、どのような治療が適しているかを判断します。

・治療方法の説明:さまざまな治療方法(ブラケット、インビザライン、セルフライゲーションブラケットなど)について詳しくご説明します。

・治療期間の見積もり:患者様の症例に応じた治療期間の目安をお伝えします。

・費用の説明:治療にかかる費用の詳細についてご説明し、支払いプランや分割払いのオプションについてもご案内します。

・その他のご質問:矯正治療に関するすべてのご質問にお答えします。具体的な症状やお悩みについてもお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ方法とアクセス情報

ご予約やお問い合わせは、以下の方法で受け付けております。どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

・電話:受付時間内にお電話いただければ、スタッフが丁寧に対応いたします。お急ぎの場合や直接話したい場合は、お電話が最適です。

・ウェブサイト24時間いつでもウェブサイトからお問い合わせフォームをご利用いただけます。お名前、ご連絡先、ご質問内容をご記入いただくだけで簡単にお問い合わせできます。

LINELINEでもお問い合わせを受け付けています。

 

・アクセス情報

銀座矯正歯科は、便利なロケーションに位置しています。以下の情報を参考に、ご来院ください。

*住所:東京都中央区銀座3-3-14 銀座グランディアⅡ 6F

*最寄り駅:地下鉄銀座線 銀座駅(C8出口) JR有楽町駅

 

銀座矯正歯科では、患者様が安心して矯正治療を始められるよう、初診カウンセリングや無料相談を通じて丁寧にサポートしています。治療に関するご不明点やご不安な点がありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。親切でフレンドリーなスタッフが、丁寧に対応いたします。皆様のご来院を心よりお待ちしております。

 

————————–
東京都銀座駅の矯正歯科
銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14
銀座グランディアビルⅡ 6F
☎︎03-3567-5454
————————–

すべての診療は予約制となっております。

矯正歯科治療はただ歯をきれいに並べることではなく、顔貌のバランスも考慮しながら正しい咬み合わせを作る歯科治療です。
患者さまの症状やご希望に合わせて様々な治療プランをご提案いたします。
まずはカウンセリングでご相談ください。

expand_less
TOP

03-3567-545403-3567-5454

初診専用24時間WEB予約24時間WEB予約

LINE相談/資料請求