• HOME > 
  • ブログ > 
  • 裏側矯正とインビザラインの違いを徹底比較…
2024.06.15

裏側矯正とインビザラインの違いを徹底比較!あなたに最適な矯正法はどっち?

1.こんなお悩みありませんか?

・インビザラインと裏側矯正のどちらを選ぶか迷っている

・それぞれの治療法のメリットとデメリットを知りたい

・費用や治療期間について詳しく知りたい

 

この記事では、インビザラインと裏側矯正の詳細な特徴、メリットとデメリットについて説明しています。具体的には、費用や治療期間の比較、適応症例、日常生活への影響、そして治療中の痛みや違和感についての情報が含まれています。また、審美性に関する比較も行っており、どちらの治療法があなたに最適かを判断するための助けとなるでしょう。

さらに、銀座矯正歯科での無料相談の流れや予約方法、アクセス情報についても詳しくご紹介しています。初診カウンセリングのプロセスを通じて、専門医があなたの歯並びや治療ニーズに基づいた最適な治療計画を提案いたします

 

2.インビザラインとは?

インビザラインの基本概要

インビザラインは、透明なプラスチック製のアライナーを使用して歯を矯正する方法です。従来の金属ブラケットとは異なり、ほとんど目立たないため、日常生活に支障をきたさずに矯正治療を進めることができます。

 

インビザラインの仕組みと特徴

インビザラインは、患者様の歯型をもとにカスタムメイドで作られる一連のアライナーを使って段階的に歯を動かします。アライナーは約12週間ごとに新しいものに交換され、少しずつ歯が理想的な位置に移動していきます。この治療法は、3Dデジタルスキャンとシミュレーション技術を用いるため、治療計画が詳細に立てられ、予測可能な結果を得ることができます。

 

インビザラインのメリットとデメリット

・メリット

*目立たないデザイン:透明なアライナーは、装着していても他人に気づかれにくいため、見た目を気にする方に最適です。

*取り外し可能:食事や歯磨きの際にアライナーを取り外せるため、口腔内の衛生管理が容易です。

*快適な装着感:金属のワイヤーやブラケットを使用しないため、口内の違和感や痛みが少なく、快適に過ごせます。

*予測可能な治療計画3Dデジタル技術を使用するため、治療開始前に最終的な歯並びをシミュレーションで確認できます。

*少ない通院回数:通常のブラケット矯正に比べて調整が少なく、通院回数が減るため忙しい方にも適しています。

・デメリット

・患者様の協力が必要:アライナーは12022時間の装着が推奨されるため、患者様の協力が不可欠です。装着時間が短いと治療が長引く可能性があります。

・費用が高め:他の矯正方法と比較して費用が高くなることがあります。ただし、透明で目立たないメリットを考慮すると価値があると感じる方も多いです。

・重度の矯正には不向き:特定の複雑な歯並びの矯正には対応できない場合があり、その場合は他の矯正方法を検討する必要があります。

・インビザラインが適している患者様

*目立たない矯正を希望する方:見た目を気にせず、自然に矯正治療を行いたい方に最適です。

*取り外し可能な矯正器具を希望する方:食事や歯磨きの際に自由に取り外せるため、日常生活の快適さを重視する方に向いています。

*軽度から中等度の歯並びの矯正を希望する方:特に前歯の軽度な不正咬合の改善に効果的です。

 

3.裏側矯正とは?

裏側矯正の基本概要

裏側矯正(リンガル矯正)は、歯の裏側に矯正装置を装着する方法です。見た目にほとんど影響を与えないため、周囲に矯正治療をしていることを気づかれにくいのが特徴です。この方法は、特に審美性を重視する方や職業柄矯正装置が目立つのを避けたい方に人気があります。

 

裏側矯正の仕組みと特徴

裏側矯正では、歯の裏側にブラケットとワイヤーを取り付けて歯を動かします。装置はカスタムメイドで作られるため、個々の歯にぴったりとフィットし、効果的に歯並びを改善します。歯の裏側は形状が複雑なため、裏側矯正を行うには専門的な技術と経験が必要です。

 

裏側矯正のメリットとデメリット

・メリット

*目立たない:歯の裏側に装置を取り付けるため、外見上ほとんど見えません。矯正治療中でも自然な笑顔を保てます。

*全ての歯を動かせる:表側の矯正装置と同様に、あらゆる種類の歯並びの問題に対応できます。

*アレルギーのリスクが少ない:金属アレルギーの方でも使用可能な材料を選択できるため、安心して治療を受けられます。

*効果的な治療:歯の裏側はエナメル質が厚いため、装置がしっかりと固定されやすく、効果的に歯を動かすことができます。

・デメリット

*費用が高い:カスタムメイドの装置を使用するため、他の矯正方法に比べて費用が高くなることがあります。

*違和感が強い:舌に触れる部分が多いため、初期段階では違和感を感じることがあります。慣れるまでに時間がかかる場合もあります。

*発音への影響:特に治療の初期段階では、発音がしづらくなることがあります。舌が装置に触れることで、話しづらさを感じることもあります。

*治療期間が長い場合がある:表側矯正に比べて治療期間が長くなることがあります。特に複雑な歯並びの場合、治療が長期化することがあります。

・裏側矯正が適している患者様

*見た目を気にする方:矯正装置が目立たないため、審美性を重視する方に最適です。

*特定の職業の方:人前に出る機会が多い職業の方や、装置が見えることが業務に影響する方におすすめです。

*金属アレルギーの方:金属アレルギーのリスクが少ないため、安心して治療を受けることができます。

 

4.費用の比較

インビザラインの費用の内訳

インビザラインは、透明なマウスピースを使用することで、目立たずに歯並びを矯正する方法です。その費用は以下のように構成されています。

*初診料: 初めてのカウンセリングと診断にかかる費用

*診断料: 精密検査、デジタルスキャン、治療計画の作成

*マウスピース作成費: 治療期間中に使用するすべてのマウスピースの作成費用

*治療費: 歯の動きを調整するための診察や調整にかかる費用

*保定装置費用: 治療終了後に歯の位置を安定させるための保定装置の費用

銀座矯正歯科では、インビザラインの総費用は約¥800,000¥1,200,000です。この費用には、全てのマウスピースの作成と調整が含まれており、追加費用が発生することはありません。

 

裏側矯正の費用の内訳

裏側矯正は、歯の裏側に矯正装置を取り付ける方法で、審美性を重視する方に人気です。その費用は以下のように構成されています。

*初診料: 初めてのカウンセリングと診断にかかる費用

*診断料: 精密検査、治療計画の作成

*装置費用: カスタムメイドのブラケットとワイヤーの費用

*治療費: 矯正装置の取り付け、調整、定期的な診察にかかる費用

*保定装置費用: 治療終了後に歯の位置を安定させるための保定装置の費用

銀座矯正歯科では、裏側矯正の総費用は約¥1,200,000¥1,500,000です。裏側矯正は、カスタムメイドの装置を使用するため、インビザラインよりも費用が高くなる傾向があります。

 

どちらがコストパフォーマンスに優れているか

インビザラインと裏側矯正のどちらがコストパフォーマンスに優れているかは、患者様の個々のニーズやライフスタイル、審美的な要求によって異なります。

*審美性: 裏側矯正は装置が見えないため、審美性を重視する方にとっては最適です。一方、インビザラインも透明で目立ちにくく、装置が気にならない方には十分な審美性を提供します。

*快適性: インビザラインは取り外しが可能で、食事や歯磨きがしやすいという利点があります。装置による違和感が少ないため、日常生活に支障をきたしにくいです。

*治療期間: 矯正の難易度や歯の状態によって異なりますが、一般的にインビザラインの方が治療期間が短くなる傾向があります。

*費用: 裏側矯正は高額になることが多いですが、審美性と治療効果を考慮すると価値があると感じる患者様も多いです。一方、インビザラインは比較的費用が抑えられており、コストパフォーマンスに優れています。

 

5.治療期間の比較

インビザラインの平均的な治療期間

インビザラインは透明なマウスピースを使用する矯正方法で、取り外しが可能です。インビザラインの治療期間は以下のような特徴があります。

*平均的な治療期間: 一般的には約12ヶ月から18ヶ月程度です。

*治療の進行: 毎週または2週間ごとに新しいマウスピースに交換し、徐々に歯を移動させます。

*個々の状況に応じた調整: 歯並びの状態や目標とする結果により、治療期間は短縮または延長することがあります。

 

裏側矯正の平均的な治療期間

裏側矯正は、歯の裏側に矯正装置を取り付ける方法で、表からは見えません。この方法の治療期間は次のような特徴があります。

*平均的な治療期間: 一般的には約18ヶ月から24ヶ月程度です。

*治療の進行: 定期的な診察でブラケットとワイヤーを調整しながら、歯を移動させます。

*個々の状況に応じた調整: 歯並びの状態や治療計画により、治療期間は変動することがあります。

 

どちらが早く治療を終えられるか

治療期間の比較において、インビザラインと裏側矯正のどちらが早く治療を終えられるかは、患者様の歯並びの状態や治療の難易度、個々の治療計画によって異なります。

・インビザラインの優位点:

*軽度から中等度の不正咬合に対して効果的であり、比較的早く治療を完了することが可能です。

*取り外しが可能なため、口腔衛生の管理がしやすく、治療の進行をスムーズにすることができます。

*毎週または2週間ごとのマウスピース交換で、治療の進行が予測しやすいです。

・裏側矯正の優位点:

*重度の不正咬合や複雑な歯並びの問題に対しても対応可能です。

*見えない装置を使用するため、審美的な問題を気にせずに治療を進められます。

*固定装置による持続的な力のかけ方が可能で、効果的な矯正が期待できます。

 

6.審美性の比較

インビザラインの見た目と装着感

インビザラインは、透明なマウスピースを使用するため、装着中でもほとんど目立ちません。その見た目と装着感についてのポイントは以下の通りです。

・見た目:

*透明で薄い素材を使用しているため、装着していることがほとんど分かりません。

*笑顔や会話中にも矯正装置が見えないため、審美的に優れています。

・装着感:

*マウスピースはカスタムメイドで、個々の歯の形にぴったり合うように作られています。

*金属部分がないため、口の中での違和感や傷ができにくいです。

取り外しが可能なので、食事や歯磨きの際に取り外して清潔に保てます。

 

裏側矯正の見た目と装着感

裏側矯正は、矯正装置を歯の裏側に取り付ける方法で、表からは見えません。見た目と装着感についての特徴は以下の通りです。

・見た目:

*装置が歯の裏側にあるため、正面から見ても矯正装置が見えることはありません。

*矯正中であることを他人に気づかれにくいというメリットがあります。

・装着感:

*装置が歯の裏側にあるため、舌に触れる部分があり、最初は違和感を感じることがあります。

*慣れるまでに少し時間がかかる場合がありますが、装置が口の中に傷をつけることは少ないです。

*装置の位置により発音に影響が出ることがありますが、これも時間と共に慣れていくケースが多いです。

 

目立たない矯正方法としての比較

インビザラインと裏側矯正は、どちらも目立たない矯正方法として人気があります。それぞれの特徴を比較すると以下のようになります。

・インビザラインのメリット:

*透明で目立たないため、日常生活で矯正装置が見えることを気にする必要がありません。

*取り外しができるため、食事や歯磨きの際に便利です。

・裏側矯正のメリット:

*装置が完全に見えないため、矯正中であることを他人に気づかれにくいです。

*固定装置のため、常に矯正力がかかり、治療の進行が予測しやすいです。

・共通のメリット:

*どちらも目立たない矯正方法として、審美性を重視する患者様にとって優れた選択肢です。

 

7.日常生活への影響:インビザラインと裏側矯正

矯正治療を検討する際、日常生活への影響は大きな要因の一つです。ここでは、インビザラインと裏側矯正が日常生活にどのように影響を与えるかについて詳しく説明します。

 

インビザラインの装着中の生活

インビザラインは透明なマウスピース型の矯正装置で、取り外しが可能なため、日常生活において非常に柔軟性があります。

・取り外しの利便性

*食事の際や歯磨きの時に簡単に取り外せるため、食べ物の制限がなく、口腔ケアも通常通り行えます。例えば、硬い食べ物や粘着性のある食品を避ける必要がなく、好きなものを気軽に楽しめます。

*飲食物による装置の汚れや破損の心配がないため、色の濃い飲み物や炭酸飲料も自由に楽しめるのが大きなメリットです。

・快適な装着感

*インビザラインは薄くて透明な素材で作られているため、目立ちにくく、装着中の違和感が少ないです。これにより、職場や学校、社交の場でも自信を持って過ごせます。

*金属ブラケットと異なり、口内の違和感や痛みが少なく、口内炎のリスクも低いです。金属アレルギーの心配もなく、快適に治療を続けられます。

・適応のしやすさ

*最初の数日間は若干の締め付け感がありますが、慣れると装着していることを忘れるほど自然です。初めての矯正でも安心して取り組めます。

*定期的な交換が必要ですが、交換時も簡単で手間がかかりません。交換スケジュールが明確に管理されるため、治療の進捗がわかりやすいのも魅力です。

 

裏側矯正の装着中の生活

裏側矯正(リンガルブラケット)は歯の裏側に装置を取り付けるため、表からは見えにくく、美容的に優れた選択肢です。

・見た目の配慮

*矯正装置が歯の裏側に装着されるため、笑ったり話したりしても装置が見えにくいです。これにより、矯正中も自然な笑顔を保つことができ、対人関係や仕事でのストレスが軽減されます。

*特に接客業や営業職など、人前に立つ機会が多い方には大きな安心感を提供します。

・口腔内の違和感

*最初は舌が装置に触れることによる違和感がありますが、数週間で慣れます。発音や会話に若干の影響がある場合がありますが、時間とともに改善されます。

*装置の設置位置が特殊であるため、舌の動きに違和感を覚えることがありますが、これも徐々に慣れていきます。

・食事と口腔ケア

*食事の際に食べ物が装置に詰まりやすいため、食後の丁寧なブラッシングが必要です。食事後のケアを怠ると、虫歯や歯周病のリスクが高まるため、専用の清掃器具を使用すると良いでしょう。

*硬い食べ物や粘着性のある食べ物は装置を破損する可能性があるため、避けることが推奨されます。装置の保護のためにも、食事の内容に注意を払いましょう。

 

食事や口腔ケアの違い

・インビザライン

*装置を取り外して食事ができるため、食事の制限がほとんどありません。通常通りの食生活を維持できるため、ストレスなく過ごせます。

*口腔ケアも通常通り行え、歯磨きやフロスがしやすいです。これにより、矯正治療中も口腔内の健康を保つことができます。

・裏側矯正

*装置をつけたまま食事をするため、食べ物の選択に注意が必要です。硬い食べ物や粘着性のある食品は装置を破損するリスクがあるため、避けるようにしましょう。

*ブラッシングやフロスが難しくなるため、専用の清掃器具やデンタルフロスを使用すると良いでしょう。食後のケアを徹底することで、口腔内の清潔を保つことができます。

 

8.痛みと違和感の比較

インビザラインの痛みと違和感

インビザラインは透明なマウスピースを使用した矯正方法で、痛みや違和感が少ないことで知られています。以下にインビザラインの痛みと違和感についてのポイントをまとめます。

・痛み:

*新しいアライナー(マウスピース)に交換する際に、一時的な圧力や軽い痛みを感じることがあります。これは歯が新しい位置に移動するための正常な反応です。

*通常、数日以内に痛みは和らぎ、日常生活に支障をきたすことはほとんどありません。

・違和感:

*初めてアライナーを装着する際には、軽い違和感を感じることがありますが、すぐに慣れることがほとんどです。

*透明な素材で薄いため、装着中の違和感はほとんどなく、会話や日常生活に影響を与えることは少ないです。

・快適性:

*アライナーは取り外し可能なので、食事や歯磨きの際に簡単に外せるため、日常生活がスムーズに行えます。

*金属部分がないため、口の中を傷つけるリスクも少なく、快適に過ごせます。

 

裏側矯正の痛みと違和感

裏側矯正は、ブラケットを歯の裏側に取り付ける矯正方法で、見た目に影響を与えない利点がありますが、初期段階では痛みや違和感を感じることがあります。

・痛み:

*矯正力が直接歯にかかるため、装着初期に痛みを感じることがあります。特に食事の際には痛みが強くなることがあります。

*痛みは徐々に和らいでいきますが、調整後にも再び痛みを感じることがあります。

・違和感:

*ブラケットが歯の裏側にあるため、舌に触れる部分があり、最初は強い違和感を感じることがあります。

*言葉の発音に一時的な影響が出ることがあり、慣れるまでに時間がかかることがあります。

・快適性:

*装置が固定されているため、食事や口腔ケアの際には注意が必要です。特に硬い食べ物や粘り気のある食べ物は避けるべきです。

*ブラケットが舌に触れるため、最初は口内炎や傷ができることがありますが、徐々に慣れていきます。

 

どちらが快適に治療を受けられるか

インビザラインと裏側矯正のどちらが快適かは、個々の患者様の状況や好みによります。以下にそれぞれの特徴をまとめて比較します。

・インビザライン:

*透明なアライナーで目立たず、取り外し可能なため、食事や歯磨きが通常通り行えます。

*装着初期の痛みや違和感が少なく、日常生活に影響を与えにくいです。

金属部分がないため、口の中を傷つけるリスクが少なく、快適性が高いです。

・裏側矯正:

*装置が歯の裏側にあるため、見た目に影響を与えず、矯正中であることを他人に知られにくいです。

*初期段階での痛みや違和感が強い場合がありますが、慣れることで快適に過ごせるようになります。

*食事や口腔ケアには注意が必要で、特に硬い食べ物や粘り気のある食べ物を避ける必要があります。

 

9.どちらの矯正が向いているか

矯正治療の適応症例の比較

矯正治療は患者様の口腔状態や生活スタイルによって適した方法が異なります。ここでは、インビザラインと裏側矯正の適応症例を比較し、それぞれの特性に基づいてどちらが適しているかをご紹介します。

 

インビザラインが適しているケース

インビザラインは透明なアライナーを使用した矯正治療法で、目立たず取り外しが可能です。以下のようなケースに特に適しています。

*軽度から中等度の歯列不正: 軽度から中等度の歯並びの乱れや隙間に適しています。特に前歯の軽度な不正咬合の改善に効果的です。複雑なケースでも治療可能ですが、症例によっては効果が限定的な場合もあります。

*見た目を気にする方: アライナーが透明で目立たないため、矯正中であることを他人に気づかれたくない方に最適です。特に職業柄、見た目を気にする必要がある方には理想的な選択です。

*取り外しの利便性を重視する方: 食事や歯磨きの際に取り外せるため、口腔ケアがしやすく、食事制限もほとんどありません。日常生活において柔軟に対応できる点が大きなメリットです。

*アライナー交換に柔軟に対応できる方: アライナーは12022時間の装着が推奨されており、2週間ごとに新しいものに交換するため、スケジュール管理が重要です。自己管理がしっかりできる方に向いています。

 

裏側矯正が適しているケース

裏側矯正はブラケットを歯の裏側に装着する方法で、見た目に影響を与えません。以下のようなケースに特に適しています。

*中度から重度の歯列不正: 中度から重度の歯並びの乱れや咬み合わせの問題に効果的です。複雑なケースや広範囲の移動が必要な場合でも適応できます。歯全体の大幅な移動が必要な症例にも対応可能です。

*見た目を気にする方: ブラケットが歯の裏側にあるため、矯正器具が外から見えないことが大きなメリットです。特に社交的な場面が多い方には適しています。人前で話す機会が多い方や、職業柄見た目を気にする必要がある方に最適です。

*固定された矯正器具が適している方: ブラケットが固定されているため、取り外しの手間がなく、常に矯正力がかかっている状態を維持できます。取り外しが苦手な方や忘れがちな方には適しています。

*細かな調整が必要な方: 歯の細かな位置調整が可能で、精密な歯列矯正が求められるケースに向いています。治療中の微調整が多い場合や、特に難易度の高い症例に効果的です。

 

10.銀座矯正歯科での無料相談のご案内

初診カウンセリングの流れと予約方法

銀座矯正歯科では、患者様に安心して矯正治療を受けていただけるよう、無料相談を実施しております。初診カウンセリングの流れと予約方法について詳しくご案内いたします。

①予約の取得

*電話またはウェブサイトから簡単に予約が可能です。忙しい日々の中でも、手軽にご予約いただけます。

②受付

*クリニックにお越しいただき、受付にてお名前とご予約内容をお伝えください。スムーズな対応を心がけております。

③初診カウンセリング

*専門の矯正医がカウンセリングルームにて、患者様の歯並びや噛み合わせの状態を丁寧にチェックし、現在のお悩みやご希望を詳しくお伺いします。

④治療方針のご提案

*検査結果に基づき、最適な治療方法(裏側矯正またはインビザライン)をご提案します。それぞれのメリットやデメリット、治療期間、費用について詳しくご説明いたします。

⑤ご質問とご相談

*治療に関する疑問や不安点について、納得がいくまでご相談ください。矯正治療に関するあらゆるご質問にお答えします。

 

無料相談での相談内容

無料相談では、以下のような内容について詳しくお話しさせていただきます。

・矯正治療の概要

*裏側矯正とインビザラインの違い、治療の流れや期間についての説明。

・個別の治療プラン

*患者様の歯並びや噛み合わせの状態に応じた、最適な治療プランをご提案。

・費用の詳細

*矯正治療にかかる費用の内訳や支払い方法についての説明。

・治療のメリット・デメリット

*裏側矯正とインビザラインのそれぞれのメリット・デメリットについて具体的にご説明。

・治療のスケジュール

*治療の開始から完了までのスケジュールを確認し、無理のない治療計画を立てます。

 

お問い合わせ方法とアクセス情報

銀座矯正歯科へのお問い合わせ方法とアクセス情報は以下の通りです。

・お問い合わせ方法

*電話:お電話でのご予約・お問い合わせは、診療時間内におかけください。専門スタッフが丁寧に対応いたします。

*ウェブサイト:ウェブサイトの予約フォームから24時間いつでもご予約が可能です。必要事項を記入し送信いただくだけで簡単に予約が完了します。

・アクセス情報

*住所:東京都中央区銀座3-3-14 銀座グランディアⅡ 6F

*最寄り駅:地下鉄銀座線 銀座駅(C8出口) JR有楽町駅

 

銀座矯正歯科の特徴

銀座矯正歯科では、最新の技術と設備を導入し、患者様に最高の治療を提供しています。私たちのクリニックが選ばれる理由をご紹介します。

・最新の技術と設備

*最先端の矯正技術と設備を完備し、精密な診断と効果的な治療を行います。

・専門性の高いスタッフ

*経験豊富な矯正医と専門スタッフが、患者様一人ひとりに合わせた最適な治療を提供します。

・患者様第一のケア

*患者様の声を大切にし、安心して治療を受けていただけるよう、丁寧なカウンセリングとサポートを行っています。

・透明性のある説明

*治療内容や費用について、わかりやすく丁寧にご説明し、患者様にご納得いただいた上で治療を進めます。

 

インビザラインと裏側矯正のどちらも、患者様のライフスタイルに合わせた選択が可能です。インビザラインは取り外しができるため、柔軟な生活を送りたい方に適しています。一方、裏側矯正は見た目に配慮しつつ確実な矯正効果を求める方に最適です。どちらの方法が適しているかは、患者様の生活スタイルや治療ニーズに基づいて判断することが重要です。銀座矯正歯科では、無料相談を実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

銀座矯正歯科では、患者様一人ひとりのニーズに応じた最適な治療法を提供するために、無料相談を実施しています。初診カウンセリングでは、専門の医師が患者様の歯の状態を詳しく診断し、最適な治療計画を提案いたします。予約方法や詳細な相談内容については、当院のホームページをご覧いただくか、お電話にてお問い合わせください。私たちは、患者様の笑顔と健康を第一に考えた治療を提供しておりますので、安心してご相談いただけます。

 

————————–
東京都銀座駅の矯正歯科
銀座矯正歯科
〒104-0061
東京都中央区銀座3-3-14
銀座グランディアビルⅡ 6F
☎︎03-3567-5454
————————–

すべての診療は予約制となっております。

矯正歯科治療はただ歯をきれいに並べることではなく、顔貌のバランスも考慮しながら正しい咬み合わせを作る歯科治療です。
患者さまの症状やご希望に合わせて様々な治療プランをご提案いたします。
まずはカウンセリングでご相談ください。

expand_less
TOP

03-3567-545403-3567-5454

初診専用24時間WEB予約24時間WEB予約

LINE相談/資料請求